スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【株式】テーパリング開始による円安株高に、空売り対抗してみた

久しぶりに株の話です。
今朝、(2013/12/19)アメリカのFOMCで、以前から噂されていたテーパリングが行われました。
MBSの購入を月間400億ドルから350億ドルに縮小、長期国債購入を月間450億ドルから400億ドルに縮小という事で、合計で100億ドルの縮小のようです。
事前予想では、テーパリング開始と見送りが半々との報道が多かったですが、ラジオNIKKEIや日経CNBCでは、どちらかと言うと見送りのバイアスが掛かった報道の仕方だったので、今回の発表は少しサプライズだったのかもしれないですね。
この知らせを受けて、円は円安に触れて104円台に下落し、アメリカ株は上昇。
その市場環境を受けて、本日の株価は上昇したわけですが…

今日の値動きを診るに、株が弱い感じを受けました。
日経平均の株価自体は大幅上昇し、終値での年初来高値を更新したのですが、内容がいまいち良くないんですよね。
というのも、日経平均への株価寄与度が高く値動きが軽い銘柄のみに買いが集中する様な取引で、円安にもかかわらず、自動車などは弱い。
具体的には、ファーストリテイリングが1750円高、しかし、時価総額が高く値動きが重いトヨタは変わらず。
今回、株価が300円に迫る上昇を見せたのに見かかわらず、半数の株は下落。
5月に高値をつけた時にも似たような現象が起こり、株価は勢い良く上昇する一方で、値下がり銘柄が値上がり銘柄を上回る日が連続していました。
前回は、銘柄間の上昇率に差はあったものの、そこまで差が開いていませんでしたが、今回は株価が完全に2極化し、上昇していない銘柄は、5月高値を大きく下回る水準で停滞気味。
その為、日経平均は終値で高値更新ですが、TOPIXではその域には達していない。
TOPIXが高値を超えてくると少し景色も変わってくるとは思うのですが、5月高値を前に、上昇スピードは鈍化気味。
5月高値で値をおさえられると、ダブルトップの形になって、長期で見てもかなり嫌な感じになるんですよね。

そして、株価の値動き以上に気持ちが悪いのが、現在ニュースとして、マイナス材料が出ていない点。
僕の少ない株式経験上、良いニュースしか出ていないのに上値が重い状態というのは、結構危ない。
というのも、良いニュースと展望しか無いのに株価が上がらない原因は、株価に対して上昇すると見ている人達が既に株を購入し終えていて、追加資金が流入しない場合に多い。
この状態だと、何らかのサプライズニュースが出た場合、株を持っている人達が一気に手仕舞いして下落するケースが稀にある。
そうはいっても、株価が下落しても企業業績が良ければ、下げは一時的では?と思われる方も居らっしゃると思いますが、世界経済の現状はそこまで楽観できるような経済状態でも有りません。
アメリカの失業率改善は、働く意欲をなくした人が就職活動を辞めた為に、数値的に改善されている様です。
またイギリスでも、【ゼロ時間契約】という名の雇用形態が生まれ、これによって失業率自体が実態よりも少ない数字で出ているようです。
【ゼロ時間契約】という言葉を初めて聞いた方の為に簡単に説明すると、企業が人員を基本給ゼロで雇い、仕事をしてもらった時間のみ時給を支払うシステム。
一見するとパートタイム労働者の用に感じますが、実際には違います。
というのも、企業は仕事を振り分けなければ賃金を支払う必要はなく、またゼロ時間契約で雇った社員は、副業をすることすら禁じられているようです。
つまり、企業側にとって非常に便利なシステムというわけです。
このゼロ時間契約の導入により、実際には仕事をしていない人も労働者としてカウントされている為、失業率が低く出ているようです。

つまり、現在の実体経済は手放しで喜べるほど回復しているわけではないということです。

そんなわけで、私は一昨日に持ち株を全て売却し、本日、わずかでは有りますが、野村證券を空売りしてみました。
野村證券は25日線が抵抗ラインに成る様な値動きなので、ここをバックにして攻めてみようと思います。
自信満々のポジションというわけではないので、くれぐれもマネをしないようにお願いします。

投資は自己責任で。

【株式】FF指数

3連休明けの日経平均は、やはり重たい感じでしたね。
NYダウが16,000ドルを超えて安定して推移し、ドル円相場も104円以上で安定推移している市場環境で迎えた日本市場でしたが、日経平均こそプラスで終わり、一時6年ぶりに16,000円を突破したのは良いですが、強いのが日経平均のみで他が弱すぎます。

TOPIXは日経平均に対して終始弱い値動きで、結局5月高値を抜けること無くマイナス引け。
二部や新興株指数も弱く、早々にマイナスに転じていましたし、日経平均が120円を超える上昇を見せていた局面でさえ、東証一部は値下がり銘柄の方が上回っていました。
日経平均とTOPIXを比べるNT倍率は高値を示し、日経採用銘柄の一部のみが買われている状態です。
この様な状況は今までも短期的にはあったのですが、今年はこの状態が長期間続いている為か、日経平均の事をFF指数と呼ぶ人達まで現れ始めたほど酷い状態です。

FF指数という言葉を聞いたことがない方の為に簡単に説明すると、ファーストリテイリングとファナックという、値嵩株2銘柄のみで日経平均が上下している事を表した言葉です。
何故この2銘柄のみで株価が上下するのか。それには、日経平均株価の算出方法が関係していきます。
日経平均株価というのは、一見すると難しそう計算をして算出されているように誤解されている方も居らっしゃるとは思いますが、実はそんなことは有りません。
日経平均株価は、日本経済新聞社が選んだ225銘柄の単純平均で算出されている、単純な指数です。
単純平均で算出されているということは、単純に値段が高ければ高いほど、指数に与える影響は大きくなります。
具体的に本日の終値で説明すると、ファーストリテイリングの株価42,350円で、日立製作所は765円です。
765円の日立製作所の株が10%の大幅高して76円上っても、42,350円のファーストリテイリングが1%下げて420円下げれば、日経平均は下がります。

何故このようなことが起こるのか。
日経平均は日経ダウとも呼ばれ、指数の算出方法はアメリカのNYダウ平均と同じ算出方法です。
アメリカでこの指数が使われだした当初は、株がある一定レベルまで上昇した場合、会社は株を買いやすくする為に株式分割をし、株価の絶対値を引き下げます。
例を出すと、1000ドルで販売されていた株を1株を2株に分けることで、1株500ドルに引き下げるわけです。
株価が引き下がると、単純平均で算出されているダウ指数にも影響が出るため、ダウ指数は除数を変更することで帳尻を合わせます。
つまり、ダウの場合は30銘柄の単純平均なので、本来であれば、採用銘柄をすべて足して30で割れば指数が算出されるのですが、株式分割をして株価が変更された場合、この30という数字を変更して、最終株価を合わせるわけです。
日経平均の場合も同じで、株式分割をする度に除数を変更し、今は25.480です。
ということは、日経平均採用銘柄をすべて足して、25.480で割ったものが日経平均株価です。

この様に、ダウ指数や日経平均というものは、企業が株の購買者のことを考えて、株の絶対額を引き下げる為の株式分割を行なうことで、ある程度の市場平均が算出でき、正常に機能するわけです。
しかし、ファーストリテイリングやファナック等はその様な株式分割を最近行っていないため、この2銘柄が日経平均採用銘柄の中でもかなりの値嵩株になってしまい、その為に指数に与えるインパクトが大きくなってしまっているわけです。
極端にいえば、日経平均採用銘柄の225銘柄の内223銘柄が下がったとしても、この2銘柄がストップ高をすれば日経平均は上昇する可能性すら有ります。
それぐらい、今の日経平均は異常な状態です。
この事を少し皮肉った言い方をしたものが、FF指数といったところでしょうか。

ニュースなどでは、この日経平均のみが大々的に取り上げられ、さも日本の代表し数のように取り扱われていますが、実際には結構むちゃくちゃな指数だったりします。
そして、今現在は、この指数のみが高値を更新している状態です。
日経だけを見ていると、状況を正しく認識できないと思われます。


さて、そんな僕のポジションですが、今現在は野村證券の空売り継続中です。
順調に下がってきているので、売り乗せしてもよいのですが、25日が本年の最終売買日で、この日を起点に税金対策売が止まって、市場が買いに転じるという意見が根強く有ります。
年末年始の休みも挟むことですし、私としては大きなポジションは撮りたくない状況ということで、僅かな空売りポジションを維持した状態で静観じょうたい。
26日以降に流れが変わるかどうかが、年内の注目点という感じですかね。

【株式】まさかのTOPIX上昇でのNT倍率低下

今日は、今までの流れから打って変わって、今まで牽引していた指数インパクトの強いファーストリテイリングが弱い動きだったのにもかかわらず、その他の銘柄の値動きが良くなり、TOPIXが年初来高値を更新しましたね。
それに伴ってか、時価総額が大きく発行株式数が多いトヨタや野村等が大幅上昇。
流れが完全に変わった印象を受けました。

先日はアメリカ市場は休みで、アメリカ株関連の材料が一切ない中での上昇。
目立った材料は特に無く、強いていうなら、本日から受け渡しベースで来年の取引となる為、新規資金が入り易い状態となっているぐらい。
先日25日で利食い売りが止まり、26日から新規資金が入ってくるというのは前々から言われていたことでしたが、私個人としては、言われすぎていて既に織り込み済みと思っていたのですが、全く織り込んでませんでしたね。
大誤算です。
ということで、先日から持っていた野村證券の信用売を、午前の取引終了間際に損失覚悟で買い戻し、午後から思い切って途転買い。
809円で1000株の購入という、微妙なポジションが出来上がってしまいました。
本当は、一度ポジションを切ったら冷却期間を置いたほうが良いのですが、チャートの形的に思わず買ってしまいました。

野村證券の値動きは、日経平均とは連動しておらず、どちらかというとTOPIXに連動している感じ。
で、そのTOPIXですが、今までは日経平均に置いてけぼりをくらい、かなり出遅れていたんですよね。
その為、日経平均とTOPIXを比べたNT倍率(日経平均がTOPIXよりも割高になると上昇する指数)は上昇し、かなり高いところ、つまり日経平均とTOPIXの動きにかなり乖離が出ていました。
私の予想では、今の日経平均の実態を表しているのはTOPIXで、この値動きからすると、来期の企業業績の改善が思った程でも無い事を市場が織り込み、値動きの悪いTOPIXが足を引っ張り、日経平均がTOPIX以上に大幅に値が下がる事で、NT倍率が縮小すると予測していたのですが、今日の値動きはこの予測を完全に裏切り、TOPIXが日経平均を超える上昇幅に成ることで、NT倍率が縮小しました。

もしTOPIXではなく、日経平均が今の経済状態を正しく表しているのであれば、TOPIXは出遅れ分を取り戻す様な値動きが予測されますので、買いの方が面白いのかなと思ったわけです。
後はチャートの形ですね。

TOPIX 日足
topix.jpg

三角保ち合い上離れの様に見え、その上、5月高値で跳ね返されずに終値ベースで高値更新。
5月の時よりも出来高が少ないのが少し気になりますが、テクニカル的には過熱感が無い状況での上昇。
去年と同じような値動きをするのなら、4~5月頃まで上昇する可能性もありそう。

ということで、欲望に負けて買ってしまいました。
これを書いている現時点ではアメリカ株が上昇中ということで、このままアメリカ株が高値で引け、それを材料に明日の東京でTOPIXがザラ場高値を更新してくれれば、結構面白いことになりそうですね。

【株式】雇用者数の伸び悩みで大暴落

日本市場が三連休(私は2連休でしたが)だった間に、かなりの円高が進み、本日の日本株も大きく下落しました。
この動きの原因は、先週末発表された新規就業者数が7万人程度の増加にとどまったことの様です。
元々の予想が20万人近くの増加予想でしたので、大幅な下方修正となりますね。

【株式】雇用統計と中国PMIとアルゼンチン

このブログは投資を進めるものでは有りませんので、このブログを見て追った損失に対する責任は一切負いませんので、予めご了承下さい。

先週は日経が大きく崩れ、今週になってもその流れが継続している感じですね。
米国の雇用統計の悪さで上値を意識され、中国のPMIの発表で雰囲気が悪くなり、週末のアルゼンチンペソの暴落で拍車がかかり、それを受けての週末のアメリカ安で、今日ダメ押しをされている感じです。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。