スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【漫画紹介】 未来日記

       

あらすじ

【天野雪輝】。彼は、周囲と一定の距離を置き、常に周りで起こっている事を携帯に書き込み続ける少年。
そんな彼には友人と呼べるような者は居らず、唯一の楽しみは、彼が空想の中に創りだした【時空王デウス】と、その使い魔【ムルムル】と会話することだけだった。
そんなある日
彼は、空想の中に存在すると思い込んでいたデウスに、特殊な力を授けらる事となる。
その能力は、自分の携帯電話に、自分がこれから先に体験をして書くはずの日記が表示されるという能力【未来日記】。

彼は有頂天になり、未来日記を駆使して未来を予測して上手く立ちまわり、人生の勝ち組と喜んでいたのだが、同じクラスの我妻由乃から、『未来日記の使いすぎ』について注意される事となる。
未来予知の能力は自分だけの特殊能力だと思い込んでいた天野輝彦が我妻由乃の忠告に対し混乱していると、我妻由乃は自分も未来日記の所有者であること、そして自分の日記は、天野輝彦の行動を常に監視し記録している雪輝日記で有る事を打ち明ける。
未来日記が自分だけの特殊能力ではない事と、クラスで人気者の我妻由乃が自分のストーカーだった事がわかり、更に混乱する雪輝。

そんな彼の前に、同じように未来日記を持つ一人の殺人鬼が現れることとなる。
殺人鬼、火山高夫の出現と同時に、天野輝彦の未来日記には【DEAD END】が出現し、自分に回避不可能の【死】が迫っていることを知る天野輝彦。

事態がうまく飲み込めずに狼狽している天野輝彦だが、我妻由乃の手を借りる事で火山高夫を殺し返し、なんとかDEAD ENDを回避する。
その後、ゼウスの下に事情を聞きに行く雪輝だが、そこで彼は、驚くべき真実を聞くこととなる。

その真実とは、この世の神であるゼウスに死が迫り、デウスが自分の後継者を探していること。
そして、後継者を選び出す手段は、雪輝と同じように【未来日記】を持つ人間同士が殺しあい、最後に生き残った人間を後継者とすること。
こうして、神の座をかけたサバイバルゲームが始まる。


みどころ

この漫画では、ゲーム参加者全員が未来予知が出来るのですが、未来予測が出来る範囲が、キャラクターごとに違います。
理由としては、未来予測の手段が自分の書いている日記なので、雪輝のストーカーでありヒロインである我妻由乃が使用する日記は、雪輝の行動のみを記録した雪輝日記なので、雪輝の行動しか予測できません。
一方雪輝は、自分の周りのこと全てを記録し続ける【無差別日記】で、自分の周囲のことは未来予測できますが、自分の事と自分の行動範囲外の事は予測できません。
ゲーム参加者は、これらの【特定の未来予測】を利用して殺し合いをするのですが、殺し合いといっても単なるバトルではなく、【どの未来を変えてどの未来を変えないか】といった戦略を中心としたバトルなので、単なるパワー比べの殺し合いではない点がみどころでしょう。

また、物語の初めでは各キャラクターの素性が全く分かりませんが、キャラクター同士が物語の中で絡み合うことで、それぞれのキャラの過去・考え方等が解明されていき、大変面白いです。
特に物語終盤での盛り上がりは見ものです。
人気が出ると物語が必要以上に伸びまくり、巻数が伸びていく事が多い今の時代に、12巻で終わらせている点も高ポイントです。

       

【漫画紹介】 霊能力者 小田霧響子の嘘

        


あらすじ
依頼主の悩みや問題を、霊視によって見抜き解決に導く、霊能力者 小田霧響子が主人公の物語。
彼女の的中率は凄く、ほぼ確実に問題点を見つけ出し、悩みや問題を解決に導く。
彼女は自身の優しい性格もあり、絶大な人気を得ていた。

そんな彼女の大ファンである谷口一郎。
彼は、就職活動中に偶然、小田霧響子を見かける。
興味本位で彼女を追いかける谷口だったが、その後、痴漢事件の解決を依頼されていた小田霧響子に容疑者と間違えられて捕まえられてしまう。

必死に弁解する谷口だが、響子には一向に信じてもらえず、容疑が晴れるまで小田霧響子に同行することとなる。
そこで谷口が目撃した真実とは…

みどころ
この物語は、【霊能力者 小田霧響子の嘘】と、タイトルに霊能力者と付いていますが、主人公の【小田霧響子】は、霊能力者ではありません。
ではどの様に悩みや問題点を見付け出して解消するのかというと、徹底した事前の調査と本人のずば抜けた頭脳によるプロファイルと推理によって問題を解決していきます。
本来の漫画であれば、問題を起こした犯人を締め上げて終わるところなのですが、小田霧響子の場合は【霊能力で全てを解決した】という嘘をつき、問題を起こした犯人に恨みや非難がの矛先が向かないように【嘘】をつきます。
そして本人には、事件を起こした事を反省させる事で、反省・自首をさせること等で問題を解決します。
つまり、小田霧響子がつく嘘は『優しさ』から出たものであり、彼女が嘘を付くことで、事件は円満解決します。

世の中には、真実をそのまま告げる事が残酷で、嘘を付く行為が優しい行為ということもあります。
それを、漫画を通して伝えてくれる作品です。

       

【漫画紹介】日本人の知らない日本語

久しぶりの漫画紹介です。
本日紹介させていただく漫画は、日本人の知らない日本語3 祝! 卒業編です。


日本人の知らない日本語3 祝! 卒業編



この本と同時に4巻も購入したのですが、そちらの方は1~3巻と内容が少し異なりますので、4巻の紹介は日を改めてさせて頂きます。

日本人の知らない日本語 シリーズの内容を簡単に説明しますと、日本語学校の講師である海野凪子先生が、外国人の生徒の日本語の間違いや、文化の違いから来る質問などを受けて、日本語をわかりやすく説明するという内容です。
日本人でも偶に分からなくなる敬語の基本等も、パターン化した表を示してわかりやすく説明してくれていたり、単語に関しても語源から言葉が生まれた歴史的背景等から説明して頂いているので、普段何気なく使っていて分かっているつもりだった日本語の奥深さを知ることが出来ます。

登場するキャラクターも、極妻(映画)好き・アニメ好き・日本人より日本語が詳しいイギリス人とかなり個性的で、漫画としても結構楽しめますし、また、外国人目線から見た日本語の分かり辛い所や、それにまつわる失敗等も紹介され、その部分を面白おかしく漫画にされているので、かなり読みやすい漫画になっています。
絵的には可愛い感じなので、男女問わず読むことが出来ると思います。

この3巻は卒業編。
1~3巻では、日本語学校が舞台に繰り広げられる話で、そこに通う学生が主な登場人物だったのですが、そのパターンがこの3巻で終わるようです。
因みに4巻では、舞台が世界に変わります。

特にストーリーがあるわけでは有りませんが、1・2巻も合わせて読むと、面白いと思います。

        


【漫画紹介】日本人の知らない日本語 4 海外編

前回に引き続き今回も、漫画紹介です。
漫画といっても、3分の一程はエッセイも含まれていますので、純粋な漫画では有りませんが。
先日紹介させて頂いた日本人の知らない日本語3 祝! 卒業編の続刊です。


日本人の知らない日本語4 海外編


1~3巻までは、日本にある日本人学校に通う外国人の生徒達と、凪子先生の奮闘ぶりを描きつつ、日本語について解説する内容でした。
しかし今回は、凪子先生と漫画担当の蛇蔵さんが日本を飛び出して海外へ。
ヨーロッパ各国を回りながら、現地の大学で教えられている日本語学科の見学などをし、その後、生徒達と交流する流れで話が進んでいきます。
因みに、ストーリーに漫画担当の方が登場するのは、この間が初めてです。(たぶん。)

1~3巻では、舞台が日本名なので、外国人から見た日本語の難しいところや文化の違いなどを生徒が指摘したり間違えたりすることに対して、凪子先生が解説するという展開でしたが、今回は立場が逆になっている為、凪子先生たちが学んだり聴いたりしたことを作者目線で咀嚼し、漫画化するという展開になっています。
個人的な感想ですが、私はこの4巻が一番おもしろく、久しぶりに漫画を読んで笑い転げました。
単純に笑えるだけでなく、所々で海外の文化についての解説なども有りますので、勉強にもなります。

漫画にしては、料金設定が若干高い気もしますが、この巻はフルカラー印刷の為、この価格なのかもしれません。
個人的には買って満足できた作品です。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。