FC2ブログ

【木屋町】アンティシェンエ マリブ マッシュルーム bar SAND【下鴨】

僕の中では恒例になりつつある週末日記。
今回で6回目となりました。

一軒目
下鴨 アンティシェンエ
久しぶり顔を出しました。
昔は、日曜の夕方に毎週のように通っていたのですが、日曜日にもやることが出来たりして、最近では中々顔を出すことが出来ていませんでした。
季節的にもビールが合う季節ということで、いつもの様にビールを注文。
このお店は、やはり安定して面白いです。
いろんな話を聞いたり話したりしているうちに、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
また顔を出したいと思います。

二軒目
木屋町 マリブ
このお店もひと月ぶりぐらいに顔を出しました。
まだ3回しか通っていませんが、顔を覚えてもらっていた様で嬉しかったです。
この日はボックス席にかなりの人が入っていた為、お店的には物凄く忙しかったようですが、カウンターは空いていたので良い感じで接客してもらいました。
また、顔を覚えてもらっているうちに顔を出したいと思います。

三軒目
木屋町 マッシュルーム
先週行ったpolkadotの店主が、ここの店主と仲が良いというので行ってみました。
場所は少し分かりにくいですが、FLATの向のビルの2階にあります。
ビルを注意深く見ると、キノコのキャラクターが描かれているので、そのキャラクターを目印にすると分かりやすいかも?
お店の内装は…
なんと書けば良いのでしょうか…全てがオモチャといった感じの女の子ウケしそうな内装?
店自体がレゴブロックで出来ているようなイメージのお店。
至る所にニコチャンマークが有り、可愛らしい感じ。
店主も気さくでガンガン話しかけてもらえたので、ひとりで行ったけれども退屈することはありませんでした。
値段設定は、チャージ無しでビール500円と結構安め。

四軒目
木屋町 13番路地 bar SAND
デリ トンボと同じ系列の3号店のようです。
デリトンボがワインを全面に出しているのに対し、こちらはウィスキーを全面に出している感じ。
女性一人で営業していると店で、内装的にも女性らしさが感じられます。
バーテンダーさんは、昔ホテルで働いていたこともあるらしく、接客はしっかりとした感じ。
お店としては、騒がしい感じではなく静かで落ち着いた感じなので、静かに飲みたい人にはお薦めです。
値段設定は、チャージ500円 ビール700円 ウィスキー1000円~

この日は1時台には店を出て、家についた時間はは2時過ということもあって、翌日がかなり楽でした。
いつもなら、ゴルフレッスンの11時でもまだアルコールが残っている感じなのですが、この日は10時に目が覚めて、11時にはアルコールも抜けている感じだったのでいい感じ!
先週もそうでしたが、やっぱり、2時前後で切り上げて買えるのがベストなのかも?

そういえば、三軒目に行ったお店マッシュルームで、ガールズ居酒屋『ふじこちゃん』に行くべきとやたらと推された。
行っても面白くはないそうだが、一気コールが存在する『ふじこちゃん』は近いうちに確実に潰れるため、ネタの為に行っておくべき!という事らしい。。
って事で、ガールズ居酒屋に一緒に行ってくれる人募集ww


【木屋町】FLAT high style クレメンティア

最近、物凄い暑いですね。。
京都は湿度が高いせいか、夜になっても暑いから困りますよね。
こんなにも暑いのに、何故か週末の木屋町は物凄い人でした。。
気温が高くなると、人の活動って活発になるんですかね。

って事で、恒例?の週末呑み歩き日記です。
先週は新規開拓無しということで、更新に意味があるのかどうかはわかりませんが、とりあえず更新です。

一軒目
木屋町 FLAT
早い時間帯は空いていることが多いので、久しぶりに顔を出してみました。
店の付近には物凄い人が居たので、もしかしたらイッパイ?と思いながら恐る恐るドアを開けると、外に人が溢れている割には空いていたので良かったです。
気温も暑いということで、注文はビール。
まぁ僕の場合は、暑かろうが寒かろうがビールなんですが。
この日は、隣で呑んでいた常連の方がいろんなコトを話してくれて、結構楽しめました。

二軒目
木屋町 hith style
ここも久しぶり顔を出してみました。
いつもは結構遅がけに顔を出すのですが、今回は時間帯を変えての入店。
普段はあまり人に合わないお店なのですが、時間帯も早かったということで他のお客さんも居り、いつもとは違った雰囲気で楽しめました。

三軒目
木屋町 13番路地 クレメンティア
ここもまた、久しぶりに顔を出してみました。
店に入ると、いつもの店主とは違い、数カ月前にイタリア留学に行ったスタッフが立っていました。
懐かしさもあって結構長い間話をし、気がついたら2時間ぐらい立っていました。


そして、この日の会話の流れで英語を習う事になりました…
といっても、僕も酔っているということで『本気で勉強するつもりなら、明日以降にメールを送ってください。』と言われてメールアドレスを渡されました。
翌日、メールを贈ろうと書いてもらった紙をみて確認すると…
後半部分の文字が微妙に分からない。
@の次が、どう読んでも【aotmail.com】となっている。
アルファベットの【h】を【a】と読み間違えることは無いと思うので、念の為に【aotmail.com】で調べると…
その用な感じのアドレスが確かにある。
しかし、【aotmail.com】で検索すると日本語ページはなく、広告も怪しげな広告が多い。。。
もし【aotmail.com】で送って、スパムメールとか来るのも嫌なので、とりあえず捨てアドで送ってみたら普通に送れたのだが…
【aotmail.com】でグーグルで検索すると、『もしかしてhotmail?』と書いてあるので、試しにhotmailで送ったら送れてしまった。。。

どっちがあっているのかわからず、【a】と【h】を読み間違えるということは、【m】と【w】も読み間違っているかもしれないし…
と頭の中で不安がよぎり、知ってそうな人にメールでアドレスを聞いてみたら、【hotmail】だった ○rz
でも、ネットで検索すると【hotmail.com】って、メールが届かない事で有名らしい?
返信がないので分からないが、届いているかが不安だったり。

まぁ、そんな感じの週末でした。
メールが届いていれば、今後、英語を勉強することになると思いますb



第4回 こころいきフェスタ

先週末に、京都の木屋町で【第四回 こころいきフェスタ】が開催されました。
僕は今回で3回目の参加となりました。
【こころいきフェスタ】を知らない人の為にイベントを簡単に説明をしますと、前売り券3000円・当日券3500円の5枚綴りのチケットを購入してイベント参加店舗に行くと、ドリンク1杯とフード1皿を出してもらえるというイベント。
チャージがある店でもチケット一枚で飲食出来る為、色んな店を訪れる際にはお得なイベントとなります。
今回は【木屋町ポテトサラダグランプリ】も同時開催されました。

僕は前回までの2回は、訪れたことのない店を中心に訪問していたのですが、今回は【ポテサラグランプリ】も開催されるということで、訪問する予定の店全てでポテサラを注文しようと思い、知っている店を中心に訪問してみました。

一軒目 FLAT0214
ジャズが流れる落ち着いたバーです。
そこで出されたシンプルなポテトサラダ。

写真 12-04-21 22 18 56

二軒目 酒厨
木屋町と先斗町の間にある細い路地の奥に有る、隠れ家的なダイニングバー。
この店は、こころいきフェスタの為に赤字覚悟のフードを沢山用意していたのにもかかわらず、ポテサラをオーダー。

写真 12-04-21 23 08 46

三軒目 アーリオ
立誠小学校の向かいにあるビルの5回にあるお店。
お洒落で落ち着いた感じの内装で、イケメンスタッフが多数居らっしゃるお店。
夜景の見えるカップル席もあるので、女子会やカップルにお薦めのお店。
そんなアーリオに、男一人で行って来ました。

写真 12-04-22 0 19 14

四軒目 cafe bar シャンブレ
僕自身はかなりご無沙汰な感じの訪問。
内装は白を基調とした内装に、木目を生かした家具などが置かれた、おしゃれな感じのcafe bar
こんな内装なのに、何故か鍋イベントなどを行う良く分からないお店。

写真 12-04-22 1 03 46

五軒目 ポルカドット
ここも半年以上ぶりの訪問。
女性一人で経営されているbarなので、女性でも安心していけるbarです。

写真 12-04-22 2 38 46

僕の今回のイベントはこれにて終了。
5食食べたポテサラの感想としては、多くの店舗が『他の店は意外性のあるポテトサラダを作っているだろう!』という予測のもとに、敢えてシンプルなポテトサラダを作っていた感じでした。
といっても、僕が入った店のみがそうだったという可能性もありますが。
個人的な好みとしては、アーリオで頂いたポテサラが濃い味付けだった為、お酒を呑みながら食べると丁度よい感じで美味しく感じました。

アンティの15周年記念に参加してきました

先週土曜日は、京都下鴨にあるアンティシェンエというパブの15周年ということで、久しぶりに行って来ました。
普通のお店の周年イベントだと、絶好の稼ぎ時とばかりに頑張ってい営業されるんでしょうが、この日参加させてもらった周年イベントは、今までとはちょっと違った感じのイベント。

まず、会費は3,000円飲み放題で、料理はお客さん自身が一人一品持ち寄ったもの。
皆さん、手作りで作ったものや、お気に入りの一品を持ち寄って来られてました。
僕はというと、何を持っていけば良いのか散々迷った挙句、定番の鶏モモの唐揚げを買って行きました。

持ち寄り

オーナーは、かなりの方に声をかけて居られたようで、集まったお客さんの人数が明らかにお店のキャパを超えていたので、席は基本的に相席。
最終的には立ち飲みみたいになってました。

集まったお客さん達は
・見たことない人
・見たことはあるけど話したことはない人達
・何度かあって話したことがある人
等様々でしたが、この日は皆が前から知ってる友達の様に盛り上がりました。
あんなに楽しんだのは、かなり久しぶりだったかも。

僕は6時に入店したのですが、ふと時計を見ると12時を回ってました。
最後にはお土産まで頂いてしまいました。

15周年

お店側は、ほとんど利益のない、下手をすれば赤字のイベントだったとは思いますが、参加させてもらった側は、大変満足できたイベントでした。
ぜひ毎年やっていただきたい!と思ったり。

第5回 木屋町こころいきフェスタ に参加しました。

先週末は、京都木屋町で行われた木屋町 こころいきフェスタに参加してきました。
今回で5回目の開催となるこのイベントの説明を簡単にしますと

前売り3000円、当日3500円で5枚綴りのチケットが販売され、そのチケットをフェスタ参加店舗で使用すると、チケット1枚につきフード1品とドリンク1杯が頂けるというイベント。
普段行かないようなお店を開拓するには、持って来いのイベントです。

詳しくはこちら

今回は…… 今回も? 
一緒に行く人が居なかったので、一人で参加。

一軒目
BAR SPACE FLAT 0214

ジャズが流れる落ち着いた雰囲気のお店。

こころいきチケット

チケットがなかったので、とりあえずFLATでチケット購入してその場で一枚使用。
ビールとラムレーズンバター。
ラムレーズンバターは、ラムの香りがかなり強くて大人のおつまみ!!って感じで美味しく頂きました。
因みにこのお店は、前回行われたポテサラグランプリ優勝店だったようです。

FLATラム

二軒目
BAR tsubomi

第三回こころいきフェスタ ぐらいから気にはなっていたけど、実際には行けていなかったお店。
河原町三条の二筋北の道を東に入ったエリゼビル4F
場所自体は結構わかりにくく、一軒目のFALTで大体の場所を聞いていたのにもかかわらず、若干迷ってしまいました。。
お店の雰囲気は落ち着いた感じで、内装もスタイリッシュで良い感じ。
女性と二人で行くと良い感じかも。
一人で行っても、バーテンダーさんが気さくに話しかけてくれるので、時間を持て余すことはなく楽しめる感じのよいお店です。
お店自体は高級感がある感じの雰囲気ですが、チャージが300円(だったと思う)で、ドリンクの料金も木屋町のショットバーと変わらない値段設定なので、個人的にはオススメのお店。
こころいきフェスタ抜きでも、もう一度行ってみたいお店です。

tsubomiポテト

ここでは、ビールを注文。
フードは、リベンジポテトサラダでした。
バーテンダーさん曰く、『工夫してアレンジを加えて行ったら、ポテトサラダじゃなくてアボカドディップの様になってしまった』というポテトサラダですが、美味しく頂きました。

三軒目
木屋町VIERGE

2011年11月にオープンした、女性が店長のダイニングバーの様です。
日本の地ビールと世界のビールが120種類、世界のワインが100種類有るらしく、個人的にビールが好きなので伺ってみました。
僕がこのお店に到着したのは、たぶん11時ぐらいだったと思いますが、僕で訪問者123人目とのことでした。
凄いお祭り効果ですね。
スタッフの方に聞いた話だと、お店は17時開店だったようですが、開店前に既に行列ができていたようです。
このこころいきフェスタは、チケット1枚でフードとドリンクが頂けるので、客からすればフードを頑張って赤字覚悟で出しているお店に行く方が得ということになります。
このお店はカレーなどを提供されてたようなので、客されすれば1件目でお腹を膨らませるにはもってこいだったのかもしれませんね。

木屋町VIERGE

ここでは、カレー(ほかは売り切れていた)とビールを注文。
ビールは1000円以下のメニューから色々と選べるようだったので、取り敢えず知っている銘柄のよなよなエールを注文。
2杯目は、シメイというビールを注文し、後から来られた常連さんと少し話してから、お店を後にしました。

四軒目
Bar DD

BAR DD

このお店は、なんとなく写真を見て決めたお店。
ここも、若干分かりにくい場所にありました。
まぁ、初めて行く場合は路面店以外は分かりにくいですよね。
場所は、河原町通三条上ル一筋目東入ル北側 エアポートビル3Fです。
このお店は、内装が若干変わった感じのお店。
どう変わっているのかというと、空間が立体的っていうのでしょうか。。
入口入って直ぐに階段で、その階段を上がって初めてカウンターに辿り着ける。
ボックス席なども、中二階の様な場所にあり、結構面白い作りでした。
このお店では、普段から落花生が食べ放題らしく、食べた後の落花生の殻は直接地面に捨てるスタイルのお店。
常連さん同士が仲の良い感じのお店だったので、通い続ければ面白くなる感じのお店なのかも?

五軒目
Cafe Bar Chambre

パキスタンカレー

このお店は初めて行くお店ではないのですが、ちょっと行かなければならない理由があったので来ました。
ここのメニューは、元々はティラミスにする予定で進んでいたのですが、この店のオーナーが知り合いにティラミスの発注をしている時に、僕がたまたま同席していまして…
『ティラミスなんてインパクトが無さ過ぎる! お祭りなんだから、どうせなら客が興味を引くようなメニューにした方が良い! パキスタンカレーとかにしたら?』
と口を挟み、ティラミスを発注された方も若干作るのが面倒臭かったのか、その後二人でカレーの良さを説きまくり、かなりゴリ押し気味にパキスタンカレーに変更させてしまったという経緯から、行かざるをえないという事で伺いました。
行ってみると、パキスタンカレーは完売で、明日の分を作っている最中という状態で、持ち込み企画?は一応の成功を収めた様で一安心。
でも、僕が発案したのに食べられないというのも何だか納得がいかなかったので、明日の文が完成するまで待ってから食べさせて頂きました。

この日は、夜9時に家を出て、帰宅は3時と6時間ほどの呑み歩き。
なんだかんだで楽しめた一日でした。