FC2ブログ

ドルコスト平均法

時間分散投資法の一応の最後となります。

最後の方法は、ドルコスト平均法です。

この投資方法は、実は一番楽な投資法の一つです。
ちなみに、楽なのと儲かるのは全く別なので、混同しないようにお願いしますね。

ドルコスト平均法で一番楽な事は、時間分散のタイミングを計らなくても良いという事です。

今まで紹介したピラミッド投資法は、売買するタイミングを自分で見極める必要がありました。
良い所で購入できたとしても、売り時を間違えれば全てが無になりますし、買うタイミングを間違えば、即座に損失を確定するか買い増しするかを考えなくてはなりません。

何度も言いますが、タイミングを計らなくても儲かるという意味ではありません。
投資法の性質上、タイミングを計らなくても良いというだけです。

では、具体的に投資方法を書いて行こうと思います。

【方法は簡単で、一定期間ごとに同じ金額ずつ同じ投資商品を買い続けるだけです。】

ドルコスト平均法は、基本的にはどの資産に対しても行うことが出来ますが、投資対象によってはかなりの金額がかかってしまいます。
その為、ドルコスト平均法が一番簡単に出来る投資商品は、普通の人の場合【投資信託】等に限られます。

【投資信託】の詳しい説明はまた次の機会にしようと思いますが
簡単に説明すると、あるテーマや目標を設定し、投資のプロがその通りに運用するという物です。
投資のプロ!とかくと、素人が知らない色んな技術を使って高確率で儲けてくれると勘違いする人もいらっしゃいますが・・・
実際には運用を仕事としているだけで、儲かるか損するかは別問題です。

投資信託が何故、ドルコスト平均に向いているのかというと、投資信託は1口当たりの金額が非常に低いからです。
その為、1万円といった少額からでも、複数口買うことが可能となります。

投資信託でドルコスト平均法でやる場合は、毎月積み立てで、同じ額投資信託を購入する事で可能となります。
では、ドルコスト平均法を行うことで、どのような運用になるのかを考えて見ましょう。

ドルコスト平均法では、上でも書きましたが、【同じ金額を一定期間ごとに買い続け】ます。
1万円を毎月積み立てで買うことを前提で考えた場合、投資対象が高くなると、少ない口数を買い付けることになり、逆に投資対象が下落して安くなっていると、沢山の口数を買い付けることとなります。

上昇すれば少口買い足し、下降すれば大口投資を行うため、自分の平均コストは低くなる傾向になります。
何も考えずに投資しているだけで、購入単価が低く抑える事が出来る為、大変優秀な投資方法となります。

しかし、ドルコスト平均法にも弱点が存在します。
それは、投資対象が限定される事です。

上でも少し書きましたが、同じ金額を買い続けるという投資方法の為、例えば【不動産】などのような投資対象には行うことが出来ません。
また、1単位当たりの価格が高い物は、理屈上では実行可能ですが普通レベルの人には不可能となります。
例えば、最低単位の株式で30万円する株というのは結構多いですが、その資産を【同じ金額】だけ一定期間ごとに買おうとすると、かなりの金額を投資しなければなりませんよね?
だって、30万円で1株買った場合、27万円まで下落したときには同じ額を買うことが出来なくなるので、実際には10倍100倍という金額を最小ロットとしなくてはなりません。

大量のお金を持っている人なら、それなりに選択肢はありますが、そんなにお金がない人は投資信託か為替ぐらいに限られます。

以上の事からドルコスト平均法は、資産運用を、定期的に一定額だけやりたい。投資対象が限定されても大丈夫。
という人だけに向いている投資法ですね。

投資は自己責任でお願いします。
読者の方が投資で負った損失の責任は持てませんので。

投資信託 アクティブとパッシブ

今回は投資信託について。
投資信託とは、簡単に書くと、プロに運用を任せてしまうという投資方法です。

しかし、プロに任せる事で安心感を得られると思っている人は、考え方を改めた方が良いでしょう。
何故なら、投資のプロだから勝率が高い。パフォーマンスが高いという事ではないからです。

投資信託の運用方法は、主に2種類存在します。
一つは、パッシブ運用で、もう一つはアクティブ運用です。

2つの違いを簡単に説明すると
パッシブ運用は、プロの投資家が投資方針を決めるわけではなく、既にあるインデックスなどと同じ動きをするような運用を目指します。
例を出すと、日経平均株価ってありますよね。
あの日経平均株価は、東証1部に上場している中で、日本を代表する225銘柄を選び出し、その銘柄を1単元ずつ全て合計して平均値を出した物です。

225銘柄の平均値といっても、225銘柄を全て足して225で割ったら出てくるって物でもないんですけどね。
この辺りの説明は、また時間があったらやろうと思いますが、今回はとりあえず日経平均株価は225銘柄の合計値を基準にしているという事だけ覚えて置いてください。

日経平均株価に完全連動する投資商品を作るためには、単純に225銘柄を同じ単元ずつ購入すれば良い訳です。
これは、経験を積んだプロじゃなくても誰でも出来る投資方法。
この様な運用を、パッシブ運用といいます。

もう一つのアクティブ運用は、パッシブ運用を上回る様な運用を目指して、プロの投資家が投資方針を決めて運用する投資商品です。
ここで重要となってくるのが、アクティブ運用は、あくまでも【パッシブ運用を上回る事を目的とする投資商品】であって、絶対リターンを追及する投資商品ではないという事です。
つまり、日経平均が1年間で10%値下がりしたときに、アクティブ運用の投資商品が8%しか下落していなければ、投資は成功という事となります。
逆に、日経平均が1年で10%上昇した場合は、10%以上稼がないと、投資は失敗という事となります。

何を基準として、その基準をどの程度上回る事を目的としているのかという事は、投資商品の目論見書に書かれていますので、その辺りを参考にすればよいと思います。
ちなみにですが、【目論見書】とは、投資信託の説明書のことで、投資信託が基準と定めている物は【ベンチマーク】といいます。

ベンチマークは色々有り、日経平均を基準にしている物や、アメリカのダウを基準にするもの。S&P・国債・為替・商品市場など、色んなものが存在します。

次に手数料ですが、当然のことながら【アクディブ運用】の方が手数料は高めです。
理由は考えてもらえばすぐに分かりますが、パッシブ運用は指数の構成を見て、それを真似れば誰でも可能なのですが、指数を上回る運用をしようとおもうと、それなりに経験や知識が必要ですし、リサーチなどで人手もかかるわけです。


で、本題ですが。
僕自身が統計を取ったわけではないですが、結構なアクティブ運用がパッシブ運用に負けています。

・・・

高い手数料を取っているのに、アクティブ運用はパッシブ運用に勝ててない。
もちろん例外もあり、パッシブ運用を大幅に上回るパフォーマンスの投資信託も存在します。
が、主な理由は、政治や経済情勢などの特殊要因などで、一部の投資商品に特化した構成にしている投信が、単年度でパフォーマンスが高いケースが多いんですよね。
その為、数年単位で均してみると、実はそんなにパフォーマンスが高くないって事も有ったりします。

つまり、パフォーマンスが高い投資商品を見つけて投資するというのは、殆どが運という事となります。
これは個人的な意見ですが、国内株式投信の様に、地域を限定している投資商品を買うならパッシブ運用の方が良い気がします。

理由は、アクティブ運用は手数料が高い為、パッシブ運用よりも確実に高いパフォーマンスを出さない限り、手数料分だけパッシブ運用に負けることとなります。
その点パッシブ運用は、手数料が無料という物まであるほど手数料が低いので、長期で観ると手数料分だけ有利となります。


投資は自己責任でお願いします。
読者の方が負った損失の責任はとりませんので。

お金と金融について考えてみよう

ここ数回に分けて、資本主義の問題点について書いてきましたが、今回は、その元となる、お金について考えていこうと思います。