FC2ブログ

トレーラーハウスから巨大企業の社長になった、幸運な私

torera.jpg


この本の著者について少し書きますと

著者デイビット・ノバックさんという人は

アメリカの投資会社、バークシャー・ハサウェイを運営する有名な投資家、ウォーレン・バフェット氏に

『もし経営者を指名するドラフト会議のようなものがあったら、彼を1位指名する』と言わせたほどの人です。


この本は

タイトルからも解る通り、トレーラーハウス出身の著者が、コネなし金なし学歴無しで巨大企業の社長になることになった経緯が書かれている自叙伝です。


日本では【トレーラーハウス】というの物は馴染みがないですが

簡単に書くとキャンピングカーのような物で、家を買うほどのお金がない人たちが、車を家代わりに使って生活することをトレーラーハウスと呼ぶようです。

名前だけ聞くと、極貧生活してた人が社長に??と勘違いする人もいらっしゃるでしょうが(僕ももその一人ですが)

著者は、ご両親が地図の製作会社に勤めており、緯度と経度を図る為に一定距離を移動し、移動先で数ヶ月滞在するといったライフスタイルだったようで

極貧生活といったわけではありませんでしたが、一般的とは言えない変わった幼少期を過ごしていた方です。

そして、本を読み進めていくと、この幼少期の生活がかなり大きな影響を与えていた事もわかって来ます。


そんな生い立ちの彼が、どのような会社の社長になったのかといいますと

ヤム!ブランズという外食チェンの会社です。

余り聞いたことが無いぞ?と仰る方に、ヤム!ブランズがどのような会社かを簡単に説明しますと

元々、飲料・外食チェーン大手の【ペプシコ】という会社が、飲料と外食の間にシナジー効果が感じられないという事で、二つの部門を切り離して2つの別会社にしました

それにより【ペプシコ】と【ヤム!ブランズ】という二つの会社が生まれました。

【ペプシコ】は、ペプシコーラで有名な会社

そして、【ヤム!ブランズ】は、参加に【ケンタッキーフライドチキン】【ピザハット】などを抱える、世界展開をしている外食大手です。


コネ無し カネ無し 学歴無し の著者が、どのようにして巨大会社の社長にまで駆け上がったのか

その行動や考え方などが、そのまま書かれています。

この本の素晴らしいところは、自分に都合の悪い事や間違った事を隠さずに書いてあるという事です。

ワンマン社長にありがちな、自慢げに成功体験を箇条書きしている作品ではなく


成長前の自分はこういう考えだったが、上司からは反対され、自分の意に反しながら上司の意見を聞き入れた

だが、物事が進んでいくと上司の主張が正しかった事が判明し、自分はそのことによって何を得てどう成長できたかなどが書かれています。


この本自体には、何か特別な事が書かれているわけではありません。

他のビジネス書や啓発本に書かれているような事が書かれています。


しかし、この本が他の本と決定的に違うのは、この本が自分の経験を通して書いてあるという点です。

自分がどう考え・行動し、何を吸収してどのように成長したのか。

全てが経験を通して書いてあるため、非常に説得力があります。


興味がある方は、是非読んでみる事をお勧めします。

次回は、本の内容について触れてみたいと思います。


ランキングに参加してます

良ければポチッとb





関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/98-6d6896d2