FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行動経済学 その2

前回書いた問題に対する回答です


この回答は、あくまで『経済学』が前提としている人がとる行動の事なので

なので、この回答と違った答えをしたから変わった人だというわけではありません。


まず①と②

これは、考え方的に同じなので説明も一緒にします。

問題は

①あなたはあるゲームで80%の確立で100万円もらえる状況になりました。

でも、このゲームを降りることもできます。

降りた場合は、70万円が100%の確立で貰えます。

あなたはゲームに挑戦します? 降ります??

②あなたは、①の状況と逆の立場に立つことになりました。

しかし今回、プレイヤーにゲームをさすか降ろすかの選択権はあなたにあります。

降ろした場合は、100%70万円を払わなくてはなりません。

ゲームを挑戦させた場合、80%の確立で支払い。

つまり、20%の確立でお金は払わなくてもOKです。

あなたは、ゲームをさせますか? 降ろしますか?

でしたね


経済学が前提としている【経済合理性のある人間の出す答え】は

①挑戦する ②降ろす

考え方としては、『期待値』というものを考えます。

このゲーム、①の場合は80%の確立で100万円もらえるので、ゲームを何回もやり続けた場合1回あたりの取得金額は80万円に近づいていきます。

なのでこのゲームは期待値で見た場合、80万円を貰うか70万円を貰うかという選択なんですね

期待値で見た場合、挑戦した方が10万円分取得金額が多いので、答えは『挑戦』ということになります。


②の問題はこれと立場が逆になっただけなので、『降ろす』を選んだ方が10万円分支払い金額が減りますよね?

この2つの問題は心理テストみたいなもので、選んだ答えによって性格のタイプが分かれるみたいですよ。w


1. ①挑戦する ②降ろすを選んだタイプ

合理的な考えができるタイプ

2. ①降りる ②降ろす を選んだタイプ

保守的なタイプ

3. ①挑戦する ②挑戦させるを選んだタイプ

ギャンブラータイプ

って感じみたいです

1の合理的な考えができるタイプは、そのままのペースで行けばいいみたいですよ

2のタイプも、特に問題ないみたいです

もうちょっとリスクを取ってみるのも悪くないかも??

3のタイプは、賭け事大好きタイプ

ギャンブルは遊びの範囲で楽しむといい感じですよ


で、最後

4. ①降りる ②挑戦させる を選んだタイプの方。。。


この選択肢を選んだタイプは、ちょっと用心した方がいいかも。。。

4の方の傾向として、利益は極わずかでも確保したがるが、損失を被った場合は適切な対処をせず、さらに傷口を広げる結果になるみたいです。。。

このタイプの方は投資や儲け話を持ちかけられても、断るのが良いかも知れません。。。




続いて③の問題

③あなたは芝居の前売り券を3000円で買いました。

当日、あなたは芝居を観に会場まで行きましたが、その時に芝居のチケットを無くしてしまってる事に気が付きました。

あなたは、さらにお金を出して当日券を買い芝居を見ます?  それとも観ません?


答えは

『観る』です


それでは解説

チケットをなくした時点で、観に行こうが観に行くまいが3000円という損失は確定なわけですよ。

つまり、無くす無くさないで答えが変わるのはおかしいと言うのが、経済学が前提においている合理的な行動なんですね

式でかくと

A=B が成立してるときに、左辺と右辺から同じ数字を引いても、『=』は変わらないということでう所

A-3000=B-3000

ということですね。

決して

A-3000>B-3000になったりしないんです。



でも実際に『人』にアンケートを取ると、変わらないはずの答えが変わるんですよね~

これは人が直前にとった、または今自分が置かれてる状況が、その後の行動にかなりの影響を受けるからです。


たとえば、①の問題。

桁を少し変えればどうでしょうか??

①あなたはあるゲームで80%の確立で100億円もらえる状況になりました。

でも、このゲームを降りることもできます。

降りた場合は、70億円が100%の確立で貰えます。

あなたはゲームに挑戦します? 降ります??


殆どの人がゲームを降りると思います。

70億有れば、一生豪遊できて生活には困らないですからね


では①の問題の前に、条件を付け足してみたら?

あなたは70万円の借金をしています。

返済期限は明日に迫ってます。

そんなあなたにチャンスが!!

あなたはあるゲームで80%の確立で100万円もらえる状況になりました。

でも、このゲームを降りることもできます。

降りた場合は、70万円が100%の確立で貰えます。

あなたはゲームに挑戦します? 降ります??


この場合も、降りる人が殆どなのでは?



つまり、人とは状況によって合理的な選択肢を選べないわけですよ。

とするなら、今までの経済学は机上の空論ってことになってしまいますよね。

だって、前提条件が狂ってしまってるわけですから。。。


それを、実践で使える状態にしよう!!

って事で作られたのが、『行動経済学』らしいです


なんとなく面白そうじゃないですか?



ランキングに参加してます

良ければポチッとb





 
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/91-a616ff1b













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。