FC2ブログ

行動経済学 その1

数年前から話題になっている【行動経済学】のお話です。


行動経済学の説明の前に、経済学の話をチョコッと

経済学っていうのはまず最初に前提条件みたいのがあって、その条件の中だけでワークするんですよ


その前提条件ってのは
『人間は選択肢を選ぶとき、自分の一番利益になる答えを選ぶ』

というもの。

書くと一行なんですが、問題はこの条件を満たしてる人間がこの世にいないこと


???

と思ってる人もいると思うんですが

『自分の一番利益になる答え』を選ぶとは

今現在の自分の状態と周りの状態、そこら中に飛び交ってる情報をを完全に把握して、極近い未来からかなり遠い未来において一番いい状態を維持できる選択肢を選ぶ。


そんなことができる人間がいると思います?

みなさんは何か決断するとき、数ある選択肢を選んだ後の状態をすべてシュミレーションして、一番いい答えを選んでますか?


そうしてる人もいるでしょうし理想としてはそうしないと駄目なんでしょうが、殆どの人が目先のトラブルを乗り切るための選択肢しか選べてないと思います。

よく考えてる人でも、一歩先とか二歩先ぐらいしか先を読めてないと思います。。。


解りやすくする為に、下の問題について考えてみてください。


①あなたはあるゲームで80%の確立で100万円もらえる状況になりました。

でも、このゲームを降りることもできます。

降りた場合は、70万円が100%の確立で貰えます。

あなたはゲームに挑戦します? 降ります??

②あなたは、①の状況と逆の立場に立つことになりました。

しかし今回、プレイヤーにゲームをさすか降ろすかの選択権はあなたにあります。

降ろした場合は、100%70万円を払わなくてはなりません。

ゲームを挑戦させた場合、80%の確立で支払い。
つまり、20%の確立でお金は払わなくてもOKです。



あなたは、ゲームをさせますか? 降ろしますか?


③あなたは芝居の前売り券を3000円で買いました。

当日、あなたは芝居を観に会場まで行きましたが、その時に芝居のチケットを無くしてしまってる事に気が付きました。

あなたは、さらにお金を出して当日券を買い芝居を見ます?  それとも観ません??


続きと怪盗はまた次回に。


ランキングに参加してます

良ければポチッとb





 

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/90-766bd97b