FC2ブログ

刃を研ぐ -7つの習慣 9

7つの習慣

syutaiseiwo.jpg


とうとう最後の習慣です。

最後の習慣は、【刃を研ぐ】

自分自身にどれだけ目的を遂行する意思があっても、実行する【能力】が低ければ、結果が出るまでに時間がかかったり、結果が出なかったりする。

自分自身の能力を高める事によって、目的を達成する為の力を身につけることが出来る。


第7の習慣も、今までの習慣を身につけていなければ実行する事が難しい。

しかし、この習慣を見につけようとする事で、1~6までの習慣を身につけたり強化したりすることが出来る。

具体的に何をするのかというと、日々の生活で4つの事を心がけるようにする。

その4つの事とは

・肉体

主体性を発揮して肉体を鍛える事。

身体は人が生きていく上で重要なものであり、肉体を鍛える過程で、自制心と責任感

そして、環境に作用されるのではなく、環境に作用を及ぼす人間になれる。

・精神

多くの事に取りくみ、様々な情報を見聞きすると、自分が進むべき方向性を見失う事がある。

時間を作り、自分自身の本質を見直すことによって、精神は安定し、進むべき方向を見失うことなく進み続ける事が出来る。

・知識

知識は、正しい判断、そして新たな視点から物事を見る能力を見につけることが出来る。

知識を見につけるためには、【本を読む事】そして【自分自身の考えを記すこと】が大切だ。

本を読まないのは本を読めないのと変わりが無い。

そして、考えた事や学んだ事によって得た事は、書き記さなければ曖昧なままで明瞭性・正確性が培われない。

・社会・情緒 

この項目は社会と接点を持ち、人々とコミュニケイションを取る際に、これまでの習慣を意識するようにする。

社会で接する大部分の人々は、7つの習慣を実践しておらず、自立状態にすらない人達が多い。

その人達と接している中で、意見の相違が有った場合に、まず違った視点から物事を観ていることを伝え、次に相手の考えを感情移入しながら聞き、そして互いが納得できる結論を出す。

絶えずwin-winの結論が存在すると意識しながら問題に対して取り組む事で、自分ひとりでは導き出せなかった選択肢を見つけ出すようにする。

の4つだ。

肉体・精神・知識の強化は、1~3の自信が自立する為の習慣が必要になる。

社会・情緒では、4~6の習慣が必要になる。

これら4つの事を強化するように心がけ、毎日実行する為に時間を裂く事が【刃を研ぐ】行為だ。

この刃を研ぐという行為は、この行為自体が相乗効果を発揮する上を向いて進む螺旋のような構造になっている。

1つの事に取り組む事で、他の3つの事に取り組む能力が育つ。

成長の螺旋


9回に分けて書いた【7つの習慣】はこれが最終回です。

ここに書いた内容は、本に書かれている事のほんの一部です。

興味をもたれた方は、是非購入して読んでみてください。



ランキングに参加してます

良ければポチッとb







関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/88-dd8d8d37