FC2ブログ

今回の米中首脳会談を、解りやすく説明してみようと思う。

先日、米中首脳会談がありましたね。

マスコミ報道では、中国の存在感の大きさを前面に押し出して報道していましたが

僕はちょこっと違う印象を持ったので、そのことについて書いていこうと思います。

僕が持つ印象としては、アメリカの存在感が更に大きくなったように思えましたね。

何故そう思ったのか。

米中関係を解りやすく説明するために、米中関係を【飲食店オーナー】と【仕入れ業者兼客】に置き換えて書いてみようと思います。



仕入れ業者兼客は飲食店に毎日通い、毎日大量に飲み食いしてくれます。

客の金の使い方は物凄く、その飲食店の売り上げの何割かを担うほどの上客です。

当然、飲食店オーナーは店の売り上げに貢献してくれる上客には、今後も贔屓にしてもらいたいと思っているのですが・・・

ただ一つだけ問題があります。

その客は、飲食代を【ツケ】て帰ってしまうんです。

店としては、一刻も早くツケを支払って欲しいのですが、経済的に苦しい客は一向に払ってくれません。

そこで店側は、ツケたまま逃げられても困るので、客に『あなたのツケを借金に置き換えるから、借用書にサインして!』と頼みます。

客側は、支払う金は持ってないので、借用書にサインします。

普通ならこんな関係は長く続かないのですが、飲食店オーナー側には、この客に来続けてもらわなければならない理由があります。

何故なら、この客が使う金の額が非常に多く、売り上げ増にかなり貢献しているんです。

そのお陰で、店の売り上げは鰻上り!

その売り上げ増で、銀行や投資家からお金を集める事が出来、オーナーは事業規模を拡大する事が可能になっていたのです。

そして上客は、ツケでサービスを受けているとはいっても借用書にサインはしてくれているので、お店の経営的には黒字を保っているという状況。


この状態。

主導権を握っているのは、一見すると飲食店オーナーだと感じる人が多いのですが、実際にはどうでしょう?

飲食店側は、現金化出来るかどうかも解らない借用書を沢山持っており、店の資産のかなりの割合が客の借用書になっているので、客に向かって強気の態度を取る事が出来ません。

何故なら強い態度で返済を求めて自己破産なんてしてしまったら、自分もかなりの大ダメージを受けてしまうからです。

飲食店側は、店の売り上げが上昇している事を武器にして、銀行や投資家から金を集めて事業規模を拡大しているわけですが、持ってる資産のかなりの割合を占める【借用書】が価値の無い紙切れになったらどうでしょう?

店の経営が傾く事は目に見えているので、銀行も投資かも、一斉に資産を引き上げる事でしょう。


こういうことを勘案すると、実は店側は【借用書】という名の爆弾を持たされているのと同じ事であるわけで、とても強い立場とはいえないわけです。

つまり、主導権を握っているのは客側ということになります。

しかし客も、ここで大きな態度を取ってしまっては、ヤ○ザと同じですよね。

そこで、一番最初の客の設定を思い出していただきたいのですが、客は店に商品を納める業者兼客です。

この業者兼客が提案をするわけです。

『わたしも借用書を大量に渡している状態では辛いので、私のところの商品を大量に買ってもらえませんか? 代金は借用書の金額と相殺してくれれば良いから』

と提案。

店側は紙切れになる可能性がある借用書が増え続けるのも嫌なので、何処で買っても良い商品を客から買う事にしてしまった。。。



この例え話

飲食店オーナーを中国。

客をアメリカ。

ツケを、アメリカの対中貿易赤字。

借用書をアメリカの債権に置き換えると、今の米中関係と似たような状態になるのではないでしょうか。



・・・

やっぱ、この説明には無理があるかなw


ランキングに参加してます

良ければポチッとb


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/84-9b44cc20