FC2ブログ

win-winを考える -7つの習慣 6

7つの習慣
      mokuteki

第四の習慣

【Win-Winを考える】

Win-Winとは、お互いが勝つことを意味する。

相互依存状態に成る上では、自分だけではなくて相手のことも考えることが重要になる。

しかし実際には、その他に5つのパラダイムが存在し、パラダイムは6つ存在する。

・互いに勝つ

・相手を負かし、自分が勝つ

・自分が負け、相手が勝つ

・両方が負ける

・自分だけが勝つ

・合意することを諦める


この6つのパラダイムのうち、【互いに勝つ】だけが必要で他が不要だという事では無く

全てのパラダイムを使い分けることが必要だ。

しかし、優先するべきは【互いに勝つ】事であり、次に必要なのは【合意することを諦める】であり

最も避けなければならないのは【両方が負ける】ことだ。

では、何故こうなるのかを考えよう。


・【相手を負かし、自分が勝つ】場合は、負けた側の心理状態はどういう状態だろう?

相手は本当に自分が負けたことに対して納得しているのだろうか? 

納得していない場合、相手は自分に対して復習しようと考えるかもしれない

その状態は、長期的に見れば【両方が負ける】状態に繋がるものになりかねない


・【自分が負け、相手が勝つ】場合は、自分が譲ったことによって、一時的にはある程度の成果を得られるかもしれないが

不本意な形で相手に勝ちを譲ったと相手が分かっている場合、相手はどう思うだろうか?

相手が依存状態の人間なら満足するかもしれないが、相手が自立状態にあり、互いに信頼関係を築き上げていると思っていた場合

不本意な形で勝ちを譲るという行為は、相手に対して大きな信用の引き出しになり、長期的に見ると関係そのものが崩れかねない。


・【自分が勝つ】の場合はどうだろう。

この項目と【自分が勝ち、相手が負ける】の項目との違いを書いておくと、【自分がかつ】の項目は、相手の勝ち負けには興味が無い状態のことをいう。

自分の勝ち負けにしか興味が無く、相手がどういう状態になっても興味の範囲外ということだ。

この状態は、そもそも信頼関係事態が無いので、相互依存状態とはかけ離れた存在だ。


そして、【合意することを諦める】

上で、2番目に大切な行動と書いたが、その理由は

不本意な形でどちらかが負けるのであれば、その事柄に対して合意することを諦めて、別の道を探す事が重要だからだ。

合意することを諦めた場合、お互いに相手に対して過剰な期待感は抱かないし、信用の引き出しも行われない。

逆に、自分が勝てる状態であっても、その勝ちを放棄して別の道を探ることを提案することによって、お互いの信頼関係がより深まる場合もある

信頼関係さえ壊れなければ、また互いに協力できる状況も訪れるはずだ。


6つのパラダイムで【互いに勝つ】だけが相乗効果を生み、相互依存状態を作り出す。

どの道を探っても互いに勝つ方法が見つからなければ、【合意することを諦める】方がまだ良い。


そして、【互いに勝つ】方法を探る為には、成熟した人格が必要になる。

成熟した人格を持つ人は、【勇気と思いやりのバランス】が保たれており、【豊かさマインド】を持っている。

豊かさマインドとは、全ての人を満足させることが可能だと考えることである。

その反対側にあるのが【欠乏マインド】だ。

欠乏マインドの人は、成功という物を一つのパイに見たて、他の人が大きな成功を得ると、自分の取り分が減ると考える。

しかし、成功という物はゼロ・サムゲーム(全てを足すとゼロに成る為、誰かのプラスは誰かのマイナスと考える)ではない

【豊かさマインド】を持つ人間は、物事をゼロ・サムで考えず、相乗効果によって一人では到達できない場所に到達しようとする

名誉などの、【欠乏マインド】の人が独占しがちな物も分け与えることが出来る。


Win-Winを考え、豊かさマインドを身につけることは、公的成功の第一歩である。


ランキングに参加してます

良ければポチッとb






関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/83-fdb9a765