FC2ブログ

相互依存 -7つの習慣 5

7つの習慣
mokuteki


今までの日記では、自立に向けての習慣を書いてきましたが

今回からは次のステップ【相互依存】に進みます。

7つの習慣というのは、大きく分けると1~3の自立に向けた習慣と4~6の相互依存状態に成る為の習慣の2つに分かれており

相互依存状態に入る前提として、お互いが自立しあっていることが前提です。


相互依存状態に入る為に最も重要なことは、信頼関係である。

【信頼が無ければ、友情は無い。 誠実さが無ければ、信頼は無い。】

小手先だけのテクニックを使用して、表面的に仲良くなったり理解しあったような関係になったとしても

そこに信頼が無ければ、相手は自分に対し二面性を感じ取り、相互依存状態に成ることは絶対にない。


では、信頼関係を築く為にはどうすればよいのか?


人は、銀行預金の通帳と同じように、人に対して信頼度を出し入れする為の通帳を持っている。

信頼残高が高くなれば、多くの言葉を使わなくても、相手は自分の言葉を理解しようと耳を傾けてくれるだろうし

僅かなミスであれば許してくれるだろう。

信頼残高が少ない、もしくはマイナスの場合、自分がどれだけ相手のことを考えて行動を起こしたり言葉を発しても、

相手は、自分が相手のことを思って起こした行動を理解しようともせず

また、些細なミスでも人間関係に亀裂が入るだろう。


信頼残高を増やすのに最も重要なことは、継続的な預け入れをし続けることだ。

近道は無い。

信頼残高を増やす為には、6つの要素が必要だ。

・相手を理解する。

信頼残高の預け入れと引き出しの判断は、自分がすることではなく相手がすることだ。

自分が相手のために成ると思って起こした行動でも、相手にとっては不愉快に思うことがあり、残高の【引き出し】になるケースがある。

何が預け入れになり、何が引き出しに成るのかを知るためにも、相手を理解することが必要だ。

・小さなことを大切にする

小さな礼儀や親切は大きな預け入れになり、小さな無礼や無神経は、大きな引き出しになる。

・約束を守る

約束を破ることは、大きな引き出しになる。

人は、約束をした時点で、その事柄に関して期待することになる。

約束を破るという行為は、その期待を裏切る行為となる。

次からは、信用されなくなり、次第に自分に対して期待もされなくなる。


約束をする際には、不確定要素も考慮して守れることを確認してからしなければならない。

守れない約束や破ってもいいと思っている約束は、そもそもするべきではない。


もし、どうしても約束が実行できない状態に陥ったときには、相手に丁寧に説明し、相手の同意を得ることが不可欠だ。

・期待を明確にする

自分の期待を明確にしなければ

相手は自分に対してどういう行動が預け入れになるのか分からず、相手が信頼関係を深めようと頑張っても、回り道することになる。

相手が自分の為にして行動でも、自分にとっては期待はずれの行動で、人間関係に亀裂が入ってしまうこともある。

・誠実さを示す

上記の要素を全て実行したとしても、心に二面性を秘めていれば、僅かな切欠で全てを失うことになる。

誠実さは正直という要素を含んでいるが、意味は若干異なる。

正直さは、起こった行動をありのまま言葉にすることだが

誠実さは、自分の行動を言葉に合わせることだ。

Aさんがいる時にはAさんに愛想を振りまき、Aさんが居なくなると同時に悪口を言うような、心に二面性を秘めている人を信用できるだろうか?

・引き出しをしてしまったときは、誠意を持って謝る

相手の悪い点を探し、責任転換をして攻めるのではなく、自分に非があるときはそれを認め、誠意を持って謝ることが重要だ。


信頼残高を増やし、真の人間関係を築き上げることは、公的成功の領域に入る為の絶対条件であり。

それを可能にする自身の【自立】なくして信頼残高を増やすことは出来ないだろう。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/82-8bea81c4