FC2ブログ

主体性を発揮する -7つの習慣 2

前回の続きです。


7つの習慣



まず、第一の習慣
【主体性を発揮する】


syutaiseiwo.jpg


まず最初に、成功には2つの成功がある。

一つは【私的成功】で、もう一つは【公的成功】だ。

この2つの成功は、どちらの成功が重要かと言う事ではなく、公的成功を手に入れるためには私的に成功する必要がある。

その【私的成功】を手に入れる為にしなければ成らない事の一つが、この【主体性を発揮する】という習慣です。


人の人生とは、外からの刺激を受け、その刺激に対して反応することの繰り返しだ。

この刺激に対する反応の際、ほとんどの人が、感情や自分の性格といった自分の物差しで外からの刺激を理解し、反射的にリアクションを取っている。

しかし、この【反射的に反応する】という事が結構重要な問題なのだ。


反射という物は、ある一定の法則によって反射する方向が変わる。

鏡に光を反射する場合を考えると、光が鏡のどの方向から当たるかによって、当たった光の反射方向は決定される。

何かしらの物体にボールが当たったときも、物理の一定の法則によってボールの方向は変わる。


これを人間の行動に当てはめると、反射的に行動するということは、物事がどういう方向に進むのかということが外からの刺激に完全に依存していることになる。


結果として、反射的な反応を繰り返している人間は、物事がうまくいかなかった場合に

『あの人が、あんな行動を取ったから悪い事態に陥った。』

『こんな環境では、失敗しても仕方が無い』

といった言い訳しか出てこない。


だが、少し考えればこの言い訳がおかしい事に気が付く。

何故なら

人は物体ではなく、自由な意思を持っている。

外から来た刺激を受け止め、自分の意思で思い通りの方向に出力することが出来るはずだ。

外からどんな刺激が来ても、どのような反応を返すのかは自分の自由なのだ。

例えるなら

サッカーで、ゴール前でパスを受けた選手が自分の意思でボールを蹴りだすように。


【責任】という言葉がある。

これは英語では【responsibility】で、この言葉は【response】(反応)と【ability】(能力)を合わせた言葉。

つまり、責任とは反応する能力

反射的な人間から責任ある人間になる為に必要な習慣こそ、この第一の習慣である。



人には、2つの輪がある。

一つは、自分が興味を持っている事柄と興味が無い事柄の境界線に有る輪。

【関心の輪】

もう一つは、自分自身の行動や影響力によって、その事柄に影響を与えられる事と、影響を与えられない事の境界線に有る輪。

【影響の輪】である。

syutaiteki.jpg


多くの人は【関心の輪】に目が行きがちだが、第一の習慣では【影響の輪】に集中して生きるようにする。

考えても見てください。

自分の影響の輪の範囲外で起こっている事柄に対して、どれだけ興味を持ったり感情を揺らしたりしたところで、自分の力ではどうにも成らない。

関心の輪の内側にあり、影響の輪の外側にある事柄に対していくら関心を持っても、出来ることは自分にとって優位な状態になるように祈ることぐらいしか出来ない。

そんなことに時間を使ったり、精神をすり減らしたりすることに、一体どれほどの価値があるだろうか?

それなら、その時間と精神力を、影響の輪の事柄に集中した方が効率がよくなる。

また、影響の輪に集中し、問題を解決していくということを継続していくと、自分自身に知恵や経験や信用が身に付き、影響の輪が外側にグングンと広がっていく。

syutaiteki.jpg


この状態こそが【私的成功】の第一歩である。


問題が起こったときに、状況が改善することを祈るのではなく、自分に何が出来るようになるのかを考えて実行するのだ。

人のせいにするのではなく、自分の行動に責任をもつのだ。


では、反射的ではなく主体的に行動する為には、何を基準に行動を取れば良いのか。

それは、次回の【第二の習慣】でb





ランキングに参加してます

良ければポチッとb


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/76-ae539331