FC2ブログ

まぼろしのサブリミナル

『まぼろしのサブリミナル』

サブリミナル効果は結構有名ですが、一応説明を。

TVや映画で、人が認識できないぐらいの短い時間にメッセージを挟むと、人はその通りの行動をとってしまうというもの。

具体的にいうと

TV放送の時に、何十分aの一秒という短い時間に『コーラを飲め!』と文字を書くと、コーラが飲みたくなるという感じ。


今回のテーマは、サブリミナルの前に『まぼろしの』と付いてるところから想像できるように

サブリミナル効果というものは存在しませんよというものです。



そもそも科学的な理論というものは、その筋の専門家が論文を書き、学会で発表するなどして表に出てくるわけですが・・・


このサブリミナル効果というものを最初に言い出した人は

科学者ではなく、学生でも無く・・・


広告代理店の営業マンが言い出したものなのです。


当初この営業マンは

『3000分の1秒という瞬間にCMを流せば、その効果は絶大だ!

 試しに映画館でコーラとポップコーンの3000分の一秒のCMを流す実験を半年にわたってやったところ、その前の半年に比べて売り上げが伸びた!』

と言ったらしいです。


しかし、ここで2つの疑問。

普通に放映されている映画に、3000分の一秒のCMを挟むというのは、今現在の技術でもかなり難しいらしく、この時代に果たしてそんな機材があったのか

次に

半年前と比べてと言っているが、どの半年と比べたのか。

例えば

最初の半年を10月~3月とし、サブリミナル実験を行ったのが4月から9月とした場合どうだろうか。

最初の半年は大雑把に言うと冬。

実験期間は初夏から盛夏。

CMなんか流さなくても、黙っていても夏の方がコーラの売り上げは伸びるし、コーラを買ったらアテのポップコーンの売り上げも伸びるだろう。


この広告代理店の営業マンは、論文なんて書いてないので実験の詳細は書いていない。


世が普通の時代なら、こんな話はでっち上げとして葬られていたかもしれないが

何故ここまで有名になってしまったかというと

このサブリミナル効果が発表された時期が悪かったようです。


この発表の少し前に、ナチスドイツのヒトラーが物凄いカリスマ性を持ち、様々な行動を起こしていたんですね。

で、何故ヒットラーにそこまでの求心力があったのか?という研究がされていたらしいのです。

理性を持って考えれば無茶な行動なのに、何故ヒトラーに民衆はついていったのか。。。


ここで、『潜在意識に働きかけるような何らかの方法をヒトラーは知っていて、それを使用したのではないか?』

という考え方が出てきたんです。

ってかたぶん、どう考えても納得のいく答えが出なかったので、未知の知識や技術が有ったのでは?と考えるしかなかったのかもしれないです。


そこに登場したのがサブリミナル。


もしサブリミナル効果が実在するなら、民衆を思い通りに動かすことも可能!!

独裁者は、この方法で民衆を洗脳したのかも!!

って感じで

ヒトラーの求心力についての解釈と、サブリミナルの効果が合致。


アメリカは急いで『サブリミナルの使用や研究の中止』というのを法律で決めちゃったんです。

アメリカ政府がサブリミナルの効果を信用した理由はもう一つあって、『閾下知覚』という研究です。

『閾下知覚』は、感覚としては感じないぐらいの弱い刺激が、人の無意識に働きかけて行動に影響を与えるというもの。

人間に感知できないぐらいの短いCMというのは『閾下知覚』とよく似ている。

そんなこともあって、国はサブリミナルを禁止に。


前回、人は学者というタイトルに弱いと書きましたが、同じように国ってタイトルにも弱いんですw


前回のインフルエンザ騒ぎを思い出してもらえれば分かると思いますが^^


国がそんなに急いでサブリミナルをタブーにするって事は、本当に効果があるに違いない!って人々は思っちゃったのですね。


広告代理店の営業マンからすれば、ここまで大事になるとは思ってなかったみたいで

事を治めようと

『あの実験は期間や対象人数の点からしても信憑性がないです!』

って言ったんだけど、後の祭り。


出来心で山に放火して山火事になった場合、一人で鎮火できないのと一緒で

一度広まった話は幾ら本人が『嘘だってば~』と言っても誰も見向きもしないんです。


じゃぁ、この広告代理店の営業マンは何がしたかったのかというと

後日、こんなことを本人が話してます。

『せっかく3000分の1秒でCMを挟める機械を作って、これからそれを売りさばいて儲けようと思ったのに。。』

営業マンは、効果があるかどうか分からないサブリミナル効果を商売にしようと思ってただけなんです。

3000分の1秒なんて目で確認できないんだから、適当なそれらしい機械を作って商品にすれば売れるだろうと。。


結果、本人が思ってたよりも大事になってしまい、商売どころではなくなってしまったって感じ。


本人が『サブリミナル効果に確実な効果は無い』と自白した以外に

上で挙げた閾下知覚の専門家も『サブリミナルなんて信じてる奴の方がどうかしてる』といっている。

閾下知覚の専門家の間では、すぐに嘘だとわかるでっち上げだったよう。

後日政府側が、広告代理店の営業マンを呼んで立会いの下にサブリミナルの実験をしたらしいです。

その時に用意されたのは、24分の1秒の『コーラ』のCMを挟むという手法。

上でも書いたけれども、3000分の1秒のCMを挟む機械は技術的に作れなかったみたいですw


で、実験結果。

実験に参加した一人は







『わしゃ ほっとドックが食いたくなったよ』といったそうです。

詳しい内容は、本を読んでお確かめください




関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/68-eb7e15d3