FC2ブログ

オオカミ少女はいなかった

最近読んだ本について書いていこうかなと

今回取り上げる本は、『オオカミ少女はいなかった』です


簡単な本の説明をしますと

一般の人の中には科学的根拠があるような紹介のされ方をされてはいるが

実際には科学的根拠があいまい、もしくは完全なでっち上げのトンデモ科学を紹介する本です^^

この本が問題点としてあげているのは

特に根拠も無いのに真実のようにして語り継がれてきているもの

本の中では『神話』と呼ばれていますが、それが今でも事実として教科書に載っていたり、教育現場で教えられている点を問題視しています。


そして、疑うことの重要性についても書かれています。


『疑う』という言葉はマイナスイメージがあり、『信じる』というのはプラスイメージがあるため

何でも疑ってかかることに対して抵抗を持つ人も多いと思いますが、そういう人は読んでみるといいかも?


ってことで、具体的な内容。

取り上げられてるテーマを箇条書きにすると


・オオカミ少女はいなかった

・まぼろしののサブリミナル

・3色の虹?

・バートのデータ捏造事件

・なぜ母親は赤ん坊を左胸で抱くのか

・実験者が結果を作り出す

・ぷらなりあの学習実験

・ワトソンとアルバート坊や   
 
                など


今回は、題名にもなってるオオカミ少女はいなかったについて。

最初に言っておきますが、本を読んだのは一回なので、内容はうろ覚えだったりしますw


オオカミ少女の存在が心理学などで重要視されているのは、置かれる環境によって人はどのように変わるのか?ということで

人間として生まれた子供がオオカミに育てられたことで、オオカミと同じような行動をとってしまったという出来事は

環境によって、人の人格形成に大きな影響を与えると主張している学者にとっては、かなり重要な出来事だったわけです。


この『オオカミ少女』の存在を言い出した人は、観察日記という形で写真つきで記録をとっていました。

ここまでは、ありそうな話。

お金に困った人やスポットライト症候群の人が、突拍子も無いことをでっち上げて世間に出てくるケース。

この『オオカミ少女』の観察日記が何故ここまで有名になったかというと、2人の学者がお墨付きを与えちゃったことが原因らしいです。


世間の人にとって『学者』というタイトルは絶対のようで

『学者』のお墨付きを得れば、どんなことでもまるで真実のように扱われます。


じゃぁ何故、ありもしないことに学者がお墨付きを与えたかというと、その学者の持論『環境優位説』が大きく影響している。

『環境優位説』というのは、人として生まれても人として扱われないような環境で暮らすと人として成長できないというもので、『オオカミ少女』の出来事はまさにこの理論を証明するような出来事だったのです。

人はある立場に立つと見えている情報でも見えないもので・・・


例を挙げると、自分の応援している野球チームがあって、その試合を見に行った場合。

応援しているチームのいい所ばかりを探して、逆に敵チームの悪いところばかりを探し、精神を落ち着かせたりテンションをあげたりすることってないです?


基本的にはそれと同じようなものだと思うんです。

自分の持論を証明するような出来事が起こった為、『それが本当であって欲しい!!』という目で観察記録を読んだ為、お墨付きを与えるような結果になったのでしょう。


具体的に『オオカミ少女』の話が嘘の可能性があることを箇条書きしますね

・そもそもオオカミの乳を分解する能力が人には無いので、オオカミに育てられることは不可能

・観察日記の写真は数週間や数カ月おきに撮られているが、写真のレイアウトが全て全く一緒。

 同じところで撮ったのでは?と思う人がいると思うけど、後ろに移っているテーブルクロスのしわまで同じ形で、構図も寸分変わらない。

 本当に時間を空けて撮ろうと思った場合は、数ヶ月にわたって三脚でカメラを固定する必要がある。
 
 もちろん、テーブルクロスに手も触れてはいけない。

 普通に考えると、同じ日に数枚とって日にちを変えたと考えるのが適当。

・オオカミ少女が走るときは、手を地面について4足歩行の動物のように走り、その速度は大人が本気で走っても追いつけないほどとの記録があったが
 
 人の骨格は二足歩行用に出来てる為、4足歩行でそんなスピードが出るはずがない。

 (もし出るならオリンピックの陸上競技は、みな4足歩行のはず)

・夜になるとオオカミ少女の目は、野生動物と同じように青白く光ったとあるが、人の目はそんな構造をしていない。

・オオカミ少女は、スルスルと木に登ったとの記録があるが

 そもそもオオカミは木に登らない。

 (インドにはオオカミが気を登るという言い伝えがある。だが、実際には登ることはない。)

・一番最初にオオカミ少女が村人に発見されたときの地元新聞の記事では、何もいないトラの穴で少女が発見されたと書かれている。

・オオカミ少女はその後、観察日記を書いた著者に引き取られるが、引き取られた後は彼が営む孤児院以外の人は彼女たちを見ていない。


など。

詳しい内容は、本を読んでお確かめください




関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/67-9df22732