スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長しない日本

休みの日にTVを見ていると

関西ローカルの番組【そこまで言って委員会】で

『経済成長しなくても良いと言っている人がいるが、あの人達は何を考えてるんだ?』

『社会保障などの財源も、インフレ前提で組まれているんだから、経済成長しないと破綻する』

という意見を聞きました。

一度見ただけなので細かい部分は間違っているかもしれないですが

大体このような主張だったと思います。

主張だけで、具体的な解決案などは発言されてませんでしたが。


個人的には、僕はこの意見がおかしいと思うのですが、皆さんはどうでしょう?


僕の考えとしては、【経済成長をしなくて良い】のでは無く、【先進国では経済成長することは難しい】

という事です。

発展途上国の場合は、とにかく物が無い。

物を生産する為の設備も無い。

設備を動かしたり物を流通させる為のインフラが無いと、無い物ばかりなので

必要な物を作るだけで経済成長が可能な状態。


その一方で先進国はどうでしょう?

世の中に物が溢れていて、贅沢しなければ普通の生活が出来る状態。

発売される物も、既存の商品のグレードアップなどで、生活を根本的に変えるようなものは頻繁に出てこない。


また、新商品が発売されて開発した企業が儲かったとしても

その一方で、その新商品により既存の産業が縮小してしまう。

具体的に書くと

プリンターの登場により、メーカーは儲かるが印刷業の受注は減少する。

インターネットの普及により、誰でも気軽に情報を手に入れることが出来るが

今まで情報を売っていたメディアはシェアを奪われる。

デジカメの登場により、写真を現像しなくても楽しむ事が出来るし

電子ブックの普及によって、本の印刷や製本、運送や販売に携わる人に影響が出るだろう。


既存産業の縮小により、その産業に携わっていた人達は余ってくるわけだから

失業率にも影響が出るだろう。

労働者が余るわけだから、当然、労働市場での需給関係で、給料は上がらない。


新商品が発売されるたびに、その商品の売り上げでGDPは押し上げられるだろうが

既存産業の規模縮小によってGDPは引き下げられるんだから

全体としてみれば成長はしないんじゃないかというのが僕の意見です。


今のデフレも、この流れで説明できるような気もします。

というのも、消費者が新製品に飛びつくには、何らかのインセンティブが必要になります。

例えば

初期投資はかかるが、一定期間使い続ける事で燃費の差で得をする!

今までと同じ値段だが、新製品の方が性能が凄い!

などなど。


消費者は、消費するときに何か得が無ければ既存製品やサービスを使い続けるわけだから

人口が増加しない限り経済規模は縮小していくんじゃ?と思うわけです。


だから、今必要なのは

『インフレ前提で社会保障費などが計算されているんだから、インフレにすべきだ!』

と主張する事ではなく

【成長しない事を前提とした計算式に変更すべき】なんではないでしょうか。

当然、増税という形で国民負担は増えるでしょうが

GDP増加を大義名分にして赤字を垂れ流して破綻するよりかはマシだとおもうんですが、どうでしょう?


ランキングに参加してます

良ければポチッとb






関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/53-823eb5e4













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。