スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローン

先日ニュースで気になる記事があったので、そのことについて。

どんなニュースだったかというと

『住宅ローンの新規貸し出しの約半分が変動金利に。』という記事。

変動金利を銀行自体が推奨している事もあり、長く続いた低金利では変動金利がいいと考える人も多いことでしょう。

そのニュースの何が気になるって、変動金利を選んだ人に『何故、変動金利を選んだんですか?』と質問され

その人の答えが

『自分の仕事は景気に左右されるので、景気が良くなって金利が上がったとしても、その時は自分の収入も上がってるはずだから返せるはず』

といった答え。


一見すると合理的な答えに見えるが、僕の個人的な考えでは、この考えはおかしい。


何がって

不景気=低金利 好景気=高金利 という図式がおかしい。

そもそも、長期貸し出し金利は長期国債価格に連動してるわけで、景気に連動してるわけではない。

じゃぁ何故、上記のような図式で金利が決まってると思われてるかというと、単に資金の移動が上記の図式とリンクしてただけなんですよ。

具体的には、経済成長率の伸びが高い好景気のときには、企業業績が伸びるので

利息収入しか手に入らない国債を売り、企業の成長と配当金を両方取れる株式が買われる。

国債が売られるということ=金利上昇 (100万が10年後に200万になる債権を100万で買えば、年利10% 150万で買えば年利3.3%)

となってたわけです。

不景気のときはこの逆が起こるんですね。


じゃぁ、上記の図式通りなんだから問題ないのでは?と思われるでしょうが

そうじゃない。


というのも、国債価格というのは、景気の良し悪しだけで価格が決まるわけではなく、『国の信用力』も関係してくるわけですよ。

国債=国の借金ですしね。

借金である以上、返済される事が当然なわけです。

つまり

返済されないんじゃない?と思われだしたら、国債の買い手が居なくなる=国債価格の下落。

国債も金融『商品』の一つである以上、需要と供給によって価格が決まります。

買い手が少なくなれば価格が下がるのは当然=金利上昇。


で、今の日本の状況を見てみよう。

国と地方の借金をあわせると1000兆円を超える借金。

国有資産があるじゃないかといわれるが、資産と負債を差し引きしても500兆ほどの債務超過。


さらに、収入である税収が減る一方で、支出は増えているので毎年のように赤字が出ている状態。

もし企業だったらとっくに倒産状態ですよ。


話が脱線し始めたので、最初の住宅ローンの話に戻りますと

不景気=低金利という図式は、『国の信用悪化』によって簡単に崩れるということです。

どう崩れるかというと、不景気且つ高金利になる可能性がある。

ここでもう一つ。

固定金利と変動金利の金利差が何故生まれるかについて簡単に書くと

違いは、ローン契約者か銀行かどちらが金利変動リスクを取るかということです。

いま、変動と固定の金利差は1%ほどらしいですが、その1%は何かといえば

金利変動リスクの保険料だということです。


で、今。

銀行の行動はというと、最初にも書きましたが、銀行は新規ローン契約は変動を推奨している。

国債市場に誰よりも深くかかわっていて、尚且つ自分たちの利益を誰よりも追求する銀行が変動金利を進めるということは・・・


これは、僕の妄想ですが

普通に考えて、ローン契約者に変動リスクを避けるための保険料%を支払ってでも(実際には、貸付金利から1%割り引く)変動リスクを借り手に押し付けた方が有利だと考えてるからでは?ww


こ・れ・は、あくまで妄想ですけどねwww


新規でローンを組む人は、よく考えた方が良いですよっと^^

あと、もう一個。

膨大に膨れ上がった日本の借金は、普通に返済することはもはや不可能な状態。

つまり、借金を踏み倒すか無理やりインフレを起こして『日本円』を紙くずに換えて無価値にして返済するぐらいしか無理w

どのみち将来、日本国債の信用力が低下するんだよね。。。

まぁ、経済って何が起こるか分からないし

案外100年後も膨大な借金をしつつ馬鹿みたいな赤字を垂れ流して且つ、低金利なんてこともありうるけどねw
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/5-d4e11a55













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。