スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Podcast紹介】 ネットラジオ BS@もてもてラジ袋

私の独断と偏見で紹介するPodcastのエピソード紹介コーナー。

第46回は、【ネットラジオ BS@もてもてラジ袋 IT時代をサバイブする新型教養番組】

です。

今回紹介する【ネットラジオ BS@もてもてラジ袋 IT時代をサバイブする新型教養番組】は、放送開始から15年近く経つ老舗番組。
Podcast・ネットラジオを聞いている人にとっては、今回の紹介は今更感が強いかもしれませんね。

放送内容は、時事ネタやサブカルチャー中心の雑談系ラジオ。
独特の語り口調と、出演者の方々のネタのチョイス、物事に対する視点、主張等のレベルが高く、非常に優れたコンテンツ。
数多ある雑談系ラジオの中でも、かなりのクオリティーの高さだと思います。
そのクオリティーを保てる要因は、教養の高さなんでしょうね。

私自身は雑談系ラジオは好きな方なので、時間が許せる限り聴くという生活を送っています。
しかしそんな私でも一度聴いただけで、聴くのをやめてしまうコンテンツは数多く存在します。
その原因の多くは、出演者の教養の無さ。
教養が無いと何が問題なのかというと、番組内容そのものがスカスカになってしまうからです。

例えば、政治の話が話題に出たとしましょう。
この時に、政党や政治家・総理大臣の悪口だけを主張し、意見を言った気になっている番組って、結構あるんですね。
話しては、そういうことに対して問題意識を持っているよというアピールをしたいのかも知れませんが、私はそういう放送について、聴くこと自体に意味が無いと思ってしまいます。
何故かといえば、誰にでも言えるから。

私が聞きたいのは政治批判をする場合、どの部分に問題があり、どの様に是正すべきなのかという事。
その結果として人を変えるべきなのか、人は同じで良いから行動は変えるべきなのか。
政治家ではなく、システムに問題があるのか。
それとも国民全体の意識に問題があるのか。

答えが合っているとか間違っているとかはどうでもよく、話し手がどの部分を問題として取り上げているのか。
問題を解決する為に、どの様に考えて解に辿り着いたのかといった過程が聞きたいんです。
その結果が、私の考えるものと違ったとしても、自分と違った価値観や考え方を知ることができるので、その放送を聴くことに価値はある。


しかし、実際にそういう主張をしようと思うと、放送側のハードルが上がってしまうんですよね。
というのも、自分なりの答えを導こうとすると、現状認識をしっかりとしなくてはなりません。
情報不足の状態で性格な考えができる人間なんて存在しないわけですから。
でも、個人で調べられる情報は限られているので、どうしても情報に偏りが出てしまう。
その中で持論を展開すると、アンチの人から揚げ足を取られる。

つまり、労力がかかるのににリスクが高い。
そんな中でこの放送は、アンチを恐れず持論を展開してくれているところが凄いなと思いますね。

…と、ひとつの話だけで結構な長文になってしまいましたが、この放送では政治ネタは数ある話題の一部で、その他にも漫画・映画等の話も勉強になります。
漫画は私も読むのですが、今読んでいる漫画のストーリーが楽しめるかどうかという狭い視野でしか観ていませんでした。
しかしこの番組で、漫画の系譜といった流れの話を聴き、違った目線で漫画を楽しむことが出来るようになりました。

趣味の合う方にとっては、非常に楽しめるコンテンツだと思いますね。
また、ウェブラジオの多くが、主に音声で情報を伝えているのに対し、この放送ではブログにも力を入れておられるようで、ラジオで取り扱っているテーマをブログで読むことも出来ます。
ブログを読んで興味があるテーマが見つかった際は、聴いてみると良いと思います。
お勧めです。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/479-fa1a98a3













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。