スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Podcast紹介】 さばラジオ

私の独断と偏見で紹介するPodcastのエピソード紹介コーナー。

第37回は、タイトル紹介。【さばラジオ】

です。
このラジオは、送水ラジオのパーソナリティーの一人、坂口さんの知り合いである射導送水が出演されているラジオです。
どんな放送内容なのかを一言で表現するなら、雑談ラジオ。
日々の生活で起こったことや感じた事を面白おかしく話すラジオです。

雑談ラジオと聞くと、誰でも簡単にできそうな印象を受け流人も多いと思いますが、個人的には一番難しい分野だと思っています。
というのも、そもそも雑談というのは内輪で行なうもので、人に聞かせるものではない。
その為、仲間内で話して大爆笑を得ている人であっても、その内容を関係がない第三者が聴いた場合、大抵は面白くありません。
何故なら、共通の経験や知識を持つ目の前の友達と話すのと、会ったこともない不特定多数の人を想定して話し場合は、根本的な技術が違うからです。

多くの人がこのことに気が付かず、『自分達の会話は面白いはずなのに、人気が出ない』と内輪ノリを続けるわけですが、このラジオは違います。
聴く人を意識して話されている為、出演者の方の生活を全く知らない状態でも楽しんで聴くことが出来ます。
この面白さを維持できているのは、単純に話術のレベルが高いのと、話題選びが上手い事、幅広い知識を持っている事に尽きるのでしょう。
ただ、この3つを身につけるのが、コンテンツを生み出す上で一番難しかったりするんですよね。

話術については、練習をしたり原稿を書くなど、事前準備をすれば何とかなるかもしれません。
しかし、私も一応、ブログというコンテンツを更新しているので分かるのですが、話題選びというか…
話題そのものを見つけるのが、かなり難しい。


これも、テーマがある程度固まっていれば、まだ少しは楽です。
例えば、IT関連の話題を簡単に説明する・経済ニュースの解説・漫画・ゲーム等、コンテンツの方向性が決まっている場合。
方向性によってリスナー自体が振い落され、残っているリスナーが求めているものも限定されている為、決まった枠の中で探せば良いので、比較的話題を見つけやすい。
しかし、雑談となると、幅が広すぎますし、リスナーが何を求めているかが分かりにくいので、話題が見つからないんですよね。

また、無理やり見つけたとしても、それをネタにするのが大変です。
小さな話題しか見つからない場合は話題を膨らませなければならないですし、膨らまない話題であれば、他の小さな話題を寄せ集めて、一つのネタにする必要が出てきます。
そんな状況で、週1で2時間の放送を400回近く行なうというのは、かなり凄いことですよね。

それらを可能にしているのが、幅広い知識なんでしょう。
繰り返しになりますが、放送内容を限定すると、必要な知識も特定分野の専門知識で良い。
その為、自分の好きなモノを掘り下げていく事で知識が蓄積されるので、それなりの苦しみは有るものの、まだ楽です。
しかし、テーマのない雑談ラジオの場合、車・電子機器・ファッション・音楽・ゲーム・アニメ・漫画・ドラマ等、あらゆる分野についてのある程度の知識が必要になってきます。

時間が有り余っている学生ならともかく、アラフィフ世代の社会人の方が、これらの情報のアップデートを行っている事に驚くと同時に関心します。
IT関連のソフトやハードの話は、世代的にも私の方が詳しくないとダメだと思うのですが…
出演者の方々に完全に負けてしまってます。

私が同じ年代になった時に、同じ様に頭を柔軟にして色んな物を吸収できるのかといえば、今のままでは、かなり難しいでしょう。
しかし、このラジオを聴いてしまったからには、それを目指さなければならない。
そう思わせてくれるラジオです。
お勧めです。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/463-f73877d2













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。