スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Podcast紹介】 BS@もてもてラジ袋 2014. 11. 3. 前半

私の独断と偏見で紹介するPodcastのエピソード紹介コーナー。

第20回は 【ネットラジオ BS@もてもてラジ袋】

誰も語らない幼年漫画の宿命とディズニーの闇~ダッフィーおじの恐怖~

です。
今回紹介するネットラジオは 【ネットラジオ BS@もてもてラジ袋】
番組タイトルに【もてもて】と入っているからといって、聴けば異性からモテモテになる!って訳では無いと思います。
ただ、特定のジャンルやテーマに対して、かなり深い突っ込んだ話をされることが有る為、聴き続けることで特定の層にはモテるかもしれません。

今回紹介するエピソードは、アニメ・漫画・雑誌・関連商品のマルチメディア展開についてのお話です。
マンガやアニメの内容というよりも、業界の話となっている為、『オタクっぽい話はちょっと…』と敬遠される方も楽しめる内容となっています。

マルチメディアという言葉を御存知でない方の為に簡単に説明をすると、アニメ・漫画・小説等、様々な媒体で同じタイトルを展開し、同じ時期にキャラクター商品等も発売し、一つのタイトルで収益を最大化しようとする戦略です。
様々な媒体で展開することにより、アニメで作品を知った人が漫画を買ったり、漫画を買った人がアニメを観たり小説を買ったり、またフィギア等を購入したりと、単純な足し算ではなく、相乗効果によってそれ以上売れる可能性を見いだせる方法です。
今では普通となった戦略ですが、この放送では、アニメ創世記から歴史を振り返る感じで説明されている為、大変勉強になりました。

マルチメディア展開から始まる放送ですが、話はそこから発展し、漫画を読む層がどのように変化。
その変化に合わせて出版社がどの様に雑誌を生み出していったか、また、漫画がその流れによってどのように影響を受けたのかということについて語られています。
雑誌の変化や消費者の動向の部分については、若干推測も入っているとは思いますが、個人的には興味を持って聴けたと同時に、納得出来ました。


この放送を聞いて思ったのは、漫画で名作が生まれるのって、奇跡的なんだなと。

というのも、映画にしてもアニメにしても、脚本が予め決まっていて、その流れに沿って作品を作っていくイメージが強いです。
何故なら、映画は基本的に2時間で終わりますし、アニメは手間がかかりすぎて、客の反応を見ながら創るというのが難しい。
しかし漫画は、週刊誌であれば一週間ごとに少しづつ話が展開していき、また、アニメに比べると、かかる労力も少ない為、掲載時期と作品を考える時期が比較的近い。
その為、作者や編集が読者の意見を聞く機会が増え、ストーリー自体がその影響を受けてしまう。

例を挙げて説明すると、雑誌は読者アンケートによって掲載漫画のランキングを付け、下位の作品を打ち切りにして新作と入れ替える傾向にあります。
また、漫画の中でもアンケートを取り、登場キャラクターのランキングを作ったりもします。
こういう状況下で作品をつくろうとすると、どうしても人気キャラクターの出番を増やさざるを得なくなります。
その結果、キン肉マンであれば、悪魔超人として登場して人気が出た超人は、登場機会を増やす為に正義超人チームに入ることになりますし、これが男塾で、死んでしまったキャラクターの人気が上がったりすると、王大人が死亡確認したにも関わらず、実は死んでいなかったとして再登場するわけです。

つまり、ストーリー製作に関わる人が作者1人や制作チームのみであれば、その人物なりチームが優れていれば、一定レベルの品質を保った作品が完成することは想像できます。
しかし漫画の場合は、ストーリーが現在進行形で続いている最中に、ファンの意見が介在し、その意見を踏まえての雑誌編集部の思惑が絡んでくると、品質自体が想像できなくなるわけです。
そして難しいのが、このファンや利害関係者による外圧が、必ずしもマイナスのみに働かないということです。
作者の表現したいこと・編集のビジネス目線・ファン期待、それぞれの想いが相乗効果を産む事で、結果として、作者自体も想像できなかった結末になり、結果として名作になることも有るわけです。
これって、かなりの偶然性を含んだ、奇跡的な事だと思います。

アニメ・小説・映画・絵画・彫刻、殆どのジャンルの表現手段の大部分は、作者の表現したいことが全面に出ている事が想像できますが、漫画においては、その他の要因が占める割合が結構多いと思います。
そういった意味では、漫画は皆で創るものという、他とは少し違ったメディアなのではないかと思いました。

関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/431-506e383e













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。