FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私とソーシャルゲーム 前編

実は私は今まで、ソーシャルゲームというもので遊んでいました。
しかし、つい先日、ソーシャルゲームから距離を置く事にしました。
その結果として、何故ソーシャルゲームにハマったのか。そして、辞めてしまったのかが、客観的に見れるようになってきました。
ということで今回は、このことについて書いていこうと思います。
まず、ソーシャルゲームの説明から。ここでいうソーシャルゲーム。ソシャゲと呼ぶものは、携帯電話で行なうゲームの事です。
blogで書くぐらいだから、かなりのゲームをやっていたんだろうと思われる方も居らっしゃるかもしれませんが、実はそうでは無く、そこそこの時間を費やしたのは4つぐらいのゲームです。
4つというのは、【ギャングロード】【パズドラ】【クッキーラン】【モンスト】のことなんですけどね。
カードバトル。パズル。横スクロールアクション。引っ張りハンティング? と、それぞれのジャンルを1つづつといった感じでしょうか。

ソーシャルゲームは、基本的にゲーム開始時は無料で出来るものが多く、ゲームを有利に進めようと思うと、課金してアイテムを買う必要が有る物が多いです。
先程挙げた4つのゲームもこのタイプに当てはまりますね。
これらのゲームに共通している点は、スタミナと呼ばれるシステムが有る事と、ガチャと呼ばれるくじ引きで、運が良ければ強いキャラクターを手に入れられるところです。
主なお金の使い道、つまり課金アイテムは、スタミナを回復させるものとガチャを行う権利。
その為、時間と労力を使うことで、無課金でも課金者と肩を並べる事は可能だったりします。
といっても、課金者も僅かな金額の人から、かなりの金額をつぎ込む重課金と呼ばれる人まで様々で、重課金の方と同じようにゲームを進める事は、ほぼ不可能なんですけどね。


次に、ソーシャルゲームに夢中になっていった切欠ですが、携帯電話をスマートフォンに切り替えた事が大きかったですね。
その以前から携帯ゲームはやっていましたが、そこまで夢中になっていたわけではありませんでした。
しかしスマートフォンに切り替え、携帯ゲームがスマフォアプリになり、ゲームのクオリティーが上がった事で、今まで以上にゲームに割く時間は増えました。

ガラケー時代からスマフォアプリに変わって、何が大きく変わったのか。
大きく変わった点は、思いつく限りでは主に3つです。

一つ目は画面の大きさ。グラフィック等の表現方法。
スマートフォンになり、打ち込む為のキーが必要無くなり、全体としての大きさは同じ様な大きさにもかかわらず、電話機全体をディスプレイにする事で、画面の大きさが3~4倍程になった点は、ゲームにとっては大きなプラスでしょう。
また、単純に大きくなっただけでなく、製品の性能が大きく上昇した為、表現出来るレベルが格段に上昇しました。
例えるなら、スーパーファミコンからPS2ぐらいにグレードアップした感じですかね。

次にゲームの操作性。
今までの携帯ゲームは、十字キーと決定ボタンのみで操作するゲームが殆どで、ゲームの操作自体がストレスに感じるものも多かった記憶があります。
しかし、スマフォアプリになってからは、タッチパネル操作という今までに無い操作方法で、より直感的に、快適に操作出来た点は、単純に凄いと感じました。
暇潰しの為の遊びでストレスを貯めるという行為は、本末転倒ですからね。

3つ目は、導入部分の簡略化。
ガラケー時代のゲームは、GREE・Mobage・mixi等のサイトでゲームを提供していて、そのプラットフォームを通じてしかゲームが出来ない状況でした。
この事により、同じタイトルのゲームをしているにも関わらず、プラットフォームが違うからという理由で若干サービスが変わったり、ユーザー同士が繋がる事が出来ないといったことも有りました。
しかしスマートフォンに変わり、ストアからゲームアプリを直接ダウンロードするという形式になり、ゲームを始めるまでの行動が軽減してスムーズになりました。
また、グーグルやAppleというosという大きなプラットフォームを通すだけゲームを流通できる様になり、ユーザー同士がより簡単に繋がることが出来る様にもなりました。
この点については、アプリ制作会社にとっても、ユーザーとの距離が近くなるという点では良かったのではないでしょうか。
その一方で、GREE等のプラットフォームを提供していた会社は御役御免となった為、散々だったようですが。

簡単にまとめると、画面が大きく画像も綺麗になり、操作性がやゲームの質そのものが上昇し、ゲームを始めるまでのプロセスも簡単になったわけです。


…と、ソーシャルゲームについて書いただけで結構な長さになってしまったので、今回はここまで。
次回は、ゲームにハマり込んでいった過程と、止めてしまった理由を中心に書いていきます。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/427-b3ae8b4a













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。