FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Podcast紹介】桜川マキシム 第215・216回

私の独断と偏見で紹介するPodcastのエピソード紹介コーナー。
第5回は

【桜川マキシム】

第215回 平成22年5月24日 「S&Mスカイパーの二 ひまじんさんに師事の前半」

第216回 平成22年5月27日 「S&Mスカイパーの二 ひまじんさんに師事の後半」
です。
私が持つ【桜川マキシム】というラジオの印象は、主催のJUSさんが、自分というフィルターを通して観た社会を、論理的に語るという番組。
今回紹介するエピソードでは、ゲストを招いての放送となっています。

内容を、私が理解できている範囲で簡単に書いてみます。

前半のテーマは、神と貨幣の類似性について。

昔は街のいたるところに教会があって文化の中心的な役割を果たしていたが、今は街の様々な場所に銀行が有り、経済の中心的な役割を果たしている。
また、この世の殆どのものは減価するのに対し、通貨は減価せずに価値を維持、もしくは増大させる。
そして、通貨は所有して消費する事で、様々なものやサービスを手に入れることが出来るという万能性を持つ。
最後に最も根本的なことですが、神は信仰によって、通貨は信用によってのみ存在することが出来る。

こうして整理して考えると、金と神という違ったものにも共通部分がかなり多いですね。

そういえばキリスト教のカルヴァン派は、神の愛は生きている間に稼いだお金の量で量れるって感じで、お金を稼ぐ事が善で、死後に天国に行けるという教えで、資本主義に大きな影響を与えていると聴いたことが有ります。
そうして考えると金=神という考えも、しっくり来るのかな。


後半は、前半のテーマを踏まえての幻想文学。
主にミヒャエル・エンデ著のはてしない物語(映画ネバーエンディング・ストーリーの原作)の読み解き方を中心に話されています。

全て文字起こしするとネタバレになるので、興味の有る方は是非聴いてみてください。
考えさせられる、非常に興味深い内容となっています。
お勧めです!
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/410-c01e5db9













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。