FC2ブログ

食料自給率の問題

最近のテレビは、尖閣諸島問題やTPPへの加入云々のニュースばかりですね。

今回は、TPP加入で打撃を受ける農業問題について、ネットで調べた範囲の事を書いていこうと思います。


農業問題と関連していわれるのが、日本の低自給率の問題。

40%を割り込んだとか回復したとかで大騒ぎしていますよね。

農水省のデータによると、他国に比べて低いようです。

食料自給率比較

wikiより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9F%E6%96%99%E8%87%AA%E7%B5%A6%E7%8E%87


大手マスコミも、何の疑問も持たずに、農水省が出した40%という数字を垂れ流しているわけですが

冷静に考えて、おかしくないですか?


スーパーなどに行くと、食材の大部分は日本産だったりします。

もちろん、輸入食品も売られてはいますが、購買意欲をそそる為か、日本産や○○県産と書かれた商品が、結構な割合で並んでいますよね。

食料自給率40%なら、普通に考えて、売られている商品の60%は輸入食品のはず

コメに関しては自給率が100%なので、他の商品の輸入割合はもっと高いはずなんですが

スーパーで売られている食品を見ると、とてもそんな印象は受けない。


何故なのか。

それは、日本の食料自給率の計算方法が、世界で稀に見る【カロリーベース】での計算だからです。

カロリーベースでも、上の表によると他国に負けてるんじゃ?

と思うかもしれませんが、カロリーベースで自給率を算出してる国は無いのです。

また、上の表での他国の自給率は、各国が計算して世界に発表している物ではなく、日本の農水省が勝手に計算した数値です。

その計算方法は、食料における安全保障上の機密という事で、公開されてません。


では具体的に、日本の自給率の計算方法を見てみます。

計算方法は簡単で

国内で賄われたカロリー÷国民に【供給】された全カロリー=カロリーベース自給率

です。

問題は、分母が国民が購入したカロリーではなく、消費されたカロリーでもなく

【供給】された全カロリーという点です。

つまり、海外から食料を輸入したけれども、国内で売れなかったので廃棄した食料

貿易上の付き合いで、必要ないけれども強制的に買わされている物も含まれます。

当然、スーパーやコンビニでの売れ残りや、飲食店での売れ残り。

本来廃棄されている部分の全てが計算に入っています。


漫画【もやしもん】の最新刊で、食料自給率の問題について取り上げてますが

その作者の調べによると

家庭や飲食店で廃棄されている食品の量は、1600万トン

飲食店と家庭で、どちらが廃棄量が多いのか。

イメージでは、仕事で大量に食物を仕入れる飲食店のほうが多そうだが、飲食店の廃棄量600万トンに対し

家庭で廃棄されている量は1000万トンらしい。

そのうち半分が料理した際に出た屑で、4割が食べ残し。。


日本は、1600万トンもの食べ物を捨てているが、海外から輸入している農作物の量は3000万トンらしい。

単純に、廃棄する量を減らすだけで食物の輸入量は減りますし、自給率も大幅に上がる計算になりますね。


ちなみに、カロリーベースではなく金額ベースでの自給率を計算した場合、食料自給率は70%前後で推移していたりします。

農水省より 食料



この日本独自の計算方法で算出された自給率。

まだまだおかしなところがあるのですが、それはまた次回に。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/41-807294fe