FC2ブログ

【株式】日本独歩弱の株式相場

ここ最近、日本株の動きがかなり悪い。
私は以前、後進国通貨ショックが会った際。後進国が原因で下げているのではなく、アメリカ経済の先行き不安で下げている可能性のほうが高いので、アメリカにはもっとしっかりして欲しい。的な主張をしたのですが…
どうやらその主張は、間違っていたようです。
ここ数日、アメリカ株は堅調に推移し、後数%上昇するだけで、市場最高値を更新できる位置にまで戻ってきましたが、その動きを受けての日本株の動きが、かなり悪すぎます。
これは、日本独自要因で下がっていると考える方が良いかもしれないですね。
日本独自要因とは何なのか。
パッと思いつく要因は、消費税増税ぐらいしかありません。
去年までの好業績が、円安要因と消費税増税による駆け込み需要だとするならば、今年はその要因の2つが無くなり、また、消費税に関しては反動が予測されます。
今の株価は、これらの要因を計算した結果、来期減益になる可能性を折込にいっている可能性が高いですね。
消費税増税に関しては、政府は落ち込み分を想定して、経済刺激策を用意しているようなのですが、今の下げは、その効果を疑問視する感じになってきてますね。

ただ、毎年春は新規資金が入って来るようですし、決算が終了したら、自社株買いが入ってくる可能性もある。
株式関連のニュースでは割安感を指摘するものが多いので、ある程度下がるとNISA資金も入ってくるとは思うんですよね。
また、消費税増税に限らず、わかりやすい経済ニュースというのは、1年の間に何度も蒸し返されて織り込むので、今回の年初からの下げ1回で織り込むとは考えにくいので、来期減益だとしても、今回の下げで大底を付けに行くとは考えにくい。
ので、個人的には、ここから切り返し、春ぐらいまでは上昇し、そこから転落って流れになるんじゃないかなと。
実際にその様に予想している人も多いですし、形的にも綺麗かなと。
まぁ、個人的な予想というよりも、今持っているポジションを、上昇したところで取り敢えず解消したいという願望も入ってますけれども。

どちらにしても、年末の大方の予想である、今年2万円かそれに近いところまでの上昇というのは、無い気がします。


チャートの方を観てみますと…
日経平均
20140217.jpg

TOPIX
20140217.jpg

日経平均、TOPIXともに、左下から右上にかけてのラインで、今まで下値支持ラインとされていたラインが抵抗線になって跳ね返されているので、若干嫌な感じ。
ただ、抵抗ラインそのものが上昇しているので、時間をかければ上昇する可能性はあるのかなと。
といっても、5~6月頃に相場が崩れることが多いので、今年が強い相場でないのなら、5.6月のタイムリミットまでにどこまで戻せるかが勝負になるのかも。

どちらにしても、今年は去年のような相場にならないと考えていた方が、堅そうですね。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/372-07ccdc0e