スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税増税は必要性

先日、小沢氏に無罪判決が出たことで、地上波ニュースは消費税引き上げ問題取り上げられましたね。
ということで今回は、消費税について考えてみようと思います。
消費税反対派の人達の意見として多いのが
・まず無駄な経費を削減する事が重要だ。
・景気が悪い時に増税なんてありえない、景気が良くなってからでもいいじゃなか。
・景気が良くなれば税収が増えるので、消費税を引き上げる必要はない。
といった感じでしょうか。

まず最初の【無駄な経費】についてですが、どの部分が無駄なのかを考えなければなりませんよね。
例えば公共事業。
公共事業の場合は、国が工事を発注することで仕事が発生するので、景気に対してはプラス影響となります。
昔の経済学者には、【景気が悪いのなら公共工事で、穴をほって穴を埋めれば良い】と主張する人もいるぐらいですしね。
日本に仕事が有り余っている状態で、尚且つ使わない設備を作り、景気に対しても何の影響もないのであれば、公共事業は必要無いですし、無条件で辞めるべきでしょう。
しかし実際には、公共事業で何とか食いつないで入る業者もいますし、その人達が何とか書くを維持することにより所得税も発生、また消費活動も行われる事で経済が回る事を考慮すると、『ただたんに辞めれば良い』と簡単に考えるのは良くないでしょう。

公務員の給与や人数に関しては、改革も必要でしょう。
民間に任せられる部分を敢えて公がやる必要もありませんし、民間に業務を任せることでサービスが向上することもありえるでしょう。
国の支出を減らす一番の方法は政府の役割を小さくすることですしね。
しかし、公の役割を小さくした場合、サービスを受ける側の市民の負担が増える場合も出てくるでしょう。
その為、この問題に関しては議論が必要なのでしょう。
しかし、今の日本の借金の額と新規借入の量は、国がリストラをすればなんとかなるレベルを超えているような気がします。
消費税増税と政府のリストラを同時進行で行う事を考える必要もあるのではないでしょうか。


次に、【増税は景気が良くなってから】という意見。
景気の善し悪しは、どの時期と比べるのでしょうか。
バブルの絶頂期や行動成長期と同様の景気までの回復を待つ場合、永遠に増税は出来ずに財政再建も出来ないでしょう。
毎年○%成長という基準で増税するのであれば、日本の経済が落ちる所まで落ちた後には一定率での成長は見込めるでしょう。
しかし、底まで落ちて3年ほど3%成長した状態というのは、今の経済状態と比べて強い状態だとは言い切れないでしょう。
となると、【増税は後継機の時だけ】と決めた場合、どの経済状態で増税すべきかが曖昧になる気もします。
また【景気】を判断基準にした場合、例え継続的に成長していても、『ここで増税すれば経済成長に悪影響を及ぼす』という理由で先延ばしされ続けるでしょう。

次に、【景気が良くなれば増税しなくても大丈夫】という理屈。
今は予算の半分以上を借金で賄っている状態なので、景気回復によって税収を2倍以上にする場合、物凄く単純に考えるとGDPが2倍以上にならないと駄目だということになります。
日本が発展途上国なのであれば、GDPが2倍になる可能性もあるのでしょうが、成熟国である日本が2倍のGDPになるというのは難しいでしょう。
可能性がるとすれば、日本の通貨の価値が半分になれば額面でのGDPは2倍になる事もあるでしょう。
しかし、通貨価値が半分になるということは、国が抱えている借金は実質半分になりますが、国民が所有する預貯金等の現金資産の価値も半分になります。
また、通貨価値が半分になるということは、国の支出の額も2倍になるます。
もし国の支出を現状で維持し続ける場合は、実質社会保障費を半額にするというのと代わりがありません。
つまり、2倍のインフレになることで膨大な借金を抱えている国は助かることになりますが、財産を所有する国民に全てのしわ寄せが来ることとなります。
インフレになれば全てが解決するなんて言うのは幻想でしかありませんね。

これらのことを考慮して、僕が考える結論を書きますと、今の社会保障と公共サービスを維持しつつ、尚且つ国民の財産の価値を守りながら財政再建をしようと思う場合、日本は増税する以外の選択肢はないと思います。
増税の方法は色いろあるのでしょうが、一番公平なのは消費税でしょう。
法人税や所得税での増税の場合、税負担が現役世代に偏ることになります。
ただでさえ、今の現役世代は年金が支給されないともいわれている状態ですし、今後このまま少子化が進んだ場合に現役世代の負担が更に増加することを考えると、消費税での徴収が良いのではないでしょうか。
消費税増税を一年遅らせると、引き上げなければならない税率が1%増えるという資産もありますし、日本が本気で財政再建を考えるのであれば、一刻も早く消費税増税を行うべきではないでしょうか。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/293-6484c264


まとめtyaiました【消費税増税は必要性】

先日、小沢氏に無罪判決が出たことで、地上波ニュースは消費税引き上げ問題取り上げられましたね。ということで今回は、消費税について考えてみようと思います。消費税反対派の人達の意見として多いのが・まず無駄な経費を削減する事が重要だ。・景気が悪い時に増税なんて...
[2012/05/10 13:23] URL まとめwoネタ速neo











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。