スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【漫画紹介】テルマエ・ロマエ

映画化やアニメ化、ネットの宣伝などで随分前から話題になっていた【テルマエ・ロマエ】を、今さらながら読みました。

簡単なあらすじ

古代ローマ時代に生きる浴場設計士であるルシウスは、悩みを抱えていた。
彼の生きている時代では、新たなデザインがもてはやされ、昔ながらの在り来りの浴場を設計していたのでは見向きもされない時代。
そんな時代に彼は、古き良き文化を残すべきだという持論を展開するが、設計事務所の上司からは理解されず、解雇されてしまう。
職を失い落ち込んでいる彼に対し、友人の彫刻家マルクスは気分転換の為に公衆浴場へと誘う。

シリウスはずっと落ち込んでいても仕方が無いとマルクスの誘いに乗り、公衆浴場でくつろいでいると、彼はその公衆浴場で不思議な排水口を発見する。
浴場設計士である彼はその奇妙な排水口に興味を示し、調べようと近づいたところ、余りの吸引力に排水口に吸い込まれることになる。
溺れ死ぬ前に必死に水面に出ようと足掻き、やっと水面に出る事が出来たルシウスが見た光景は、見知らぬ銭湯で入浴をしている平たい顔をした人間だった。

ルシウスが飛ばされた場所は、1970年代の日本の銭湯だった。
だが、何が起こったのかが解らないルシウスは、先程見つけた穴が、奴隷用の別の浴場に繋がっていたのだと解釈した。
しかし、浴室の内装や、置かれている小物、初めて見る扇風機やドライヤーなどの機械を見て、かなりの衝撃を受けるルシウス。
ルシウスは、かなりの文明の高さを見せつけられるも、自分が時空を超えて2000年後の極東の島国【日本】まで来ているとは夢にも思わず、ローマ人としてのプライドを傷つけられて思い悩む。

思い悩んでいるルシウスを見た平たい顔族(日本人)の一人が、『これでも飲んで元気を出せ』とルシウスにフルーツ牛乳を渡し、彼がそれを飲んで感動した直後、ルシウスの意識は遠くなり…
再び彼が目覚めた時には、元いた古代ローマの浴場に戻っていた。
ルシウスは、湯でのぼせて夢でも見ていたのかとも思ったが、ふと自分の手元に目をやると、そこにはフルーツ牛乳の空き瓶が転がっていた。。
その後ルシウスは、先程、平たい顔族の浴場で見たアイデアを古代ローマ風呂に取り入れ、今までローマにない斬新な風呂作りを行う。

建設された浴場は、大ヒット。
その浴場がローマ人の間で話題となり、次々とルシウスへ建設依頼が来ることとなる。
しかし建設依頼に来る客は、ルシウスに今までにない浴場の建設を求め、その度にルシウスは思い悩む。
そして思い悩む度に、何らかの形で風呂に突き落とされる事故に会い、その事故を切欠にして日本の風呂限定でタイムスリップすることとなる。


以上、あらすじ

感想としては、一言でいうと非常に面白い。
ジャンル的にはギャグマンガとなるのだが、主人公のルシウスは、至って真面目で几帳面な性格をしており、くだらないギャグを連発して笑いを取るタイプの漫画でない。
主人公の【ルシウス】が、2000年後の日本の技術を見て衝撃を受ける、感動する様が面白い。

また作品から、著者の古代ローマに対する熱い思いが伝わってくる。
作品自体は、2000年後の日本の技術を見て、技術力の差にルシウスが落ち込むシーンが多々登場するが、日本の技術を持ち上げると言うよりも、日本人に親しみがある日本の浴場と古代ローマをリンクさせることで、日本の読者に古代ローマに対する興味を抱かせる作りとなっている。
僕は歴史には余り興味がないのだが、この作品を読んだことで、古代ローマに対する興味が出てきたほどだ。
歴史に興味のある方、興味のない方に幅広くオススメできる漫画です。

   



関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/278-e8057924













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。