FC2ブログ

マスコミが、貿易赤字で大騒ぎ

今日は朝から、日本の貿易赤字のニュースばかりですね。
相変わらず、マスコミの報道姿勢が理解できません。
起こった出来事を片っ端から取り上げて、不安を煽ることしかできないのでしょうか。。

僕の記憶では、つい先日までマスコミ各社は日本の円高に対して、【円高による輸出企業の業績不振】や、【円高による企業の海外流出】という一部のニュースだけを集中的に取り上げて、不景気を煽っていた記憶があります。
円高そのものは、輸出企業から見れば向かい風ですが、輸入企業から見れば追い風なので、このプラスマイナスを通算して考えないといけないのですが、マスコミは円高のマイナス面ばかりを伝えてきました。
この時点で中立な立場での報道ではないのですが、マスコミのスポンサーに輸出企業が大きのかもしれませんし、その程度の情報操作は仕方が無いのかなとも思っていたのですが…

ココに来て、貿易赤字を取り上げての大騒ぎ。
貿易赤字は、円高要因の一つになっていた為、貿易赤字になる事で、円高圧力は若干緩和されます。
また、マスコミはデフレデフレと大騒ぎしてますが、円安になれば輸入物価が上昇するので、デフレも若干解消される方向に向かうことが予想されます。
マスコミが大問題として掲げていた【円高】と【デフレ】が、若干ではあるが緩和されるニュースである【貿易赤字】に対して、なぜ悲観的な報道をするのか、理解に苦しみますね。。

まぁ、僕の個人的な意見としては、労働市場に人が溢れている状況では、どれだけインフレになっても人件費が上昇することはないと考えられるので、消費者目線で考えれば、デフレの方が暮らしやすいとは思いますけどね。

貿易赤字が大変なことなのかというと、個人的にはそうは思いません。
アメリカは消費大国で万年貿易赤字ですが、国は崩壊してません。
それに、貿易赤字も黒字も、単独で存在することはありえません。
日本が今まで貿易黒字を出しているということは、日本の貿易相手国では貿易赤字が出ていたということです。
この世界に存在する全ての国が、貿易黒字になることはありえません。
その説明すらせずに、ただ不安を煽るだけの報道は問題があるのではないでしょうか。。

因みに、日本は貿易赤字に転じましたが、だからといって日本からお金がドンドン流出していくわけではありません。
日本は世界でもトップクラスの債権国ですので、海外から多額の金利収入を受け取れます。
その他、貿易が絡まない勘定を含んだ経常収支では、日本はまだ黒字です。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/268-7da634c3