FC2ブログ

好かれる技術―心理学が教える2分の法則

このブログを定期的に見てくださっている方が居らっしゃるかどうかは分かりませんが、ここ最近更新が止まっていて申し訳ございませんでした。
このブログは基本的に、昼休み中に書いているのですが…
去年の年末、本業の紙箱作りが異常なほど忙しく、昼休みは死んだように昼寝をしていた為、更新出来ませんでした。

ってことで、本年も、よろしくお願い致します。

今回の記事は、久しぶりに読んだ本の事について書いていきます。
今回読んだ本は【好かれる技術】です。

好かれる技術―心理学が教える2分の法則 (新潮文庫)


簡単な内容を紹介すると、人の印象というのは第一印象から2分間で決まるので、その2分間に【好かれる技術】を駆使して接すれば、人に好かれるというもの。
この【最初の2分間の印象】は、著者によると一生続くものなので、かなり重要なものだそうです。
最初の2分でつまずいてしまうと、その後挽回しようと頑張っても印象を好転することは難しく、逆に2分間で好印象を与えると、その後、人付き合いに置いて少々の失敗をしても許されるそうです。

具体例を出すと、最初に冷徹な人間だと思われてしまったら、その後いくら仕事や勉強で頑張って挽回しようと頑張っても、『冷徹で仕事や勉強にしか興味のない人間!』と余計に嫌われてしまう。
しかし、最初に温かい人間だという印象を与えておくと、勉強や仕事が多少出来なくても、『人間味がある温かい人』と美しい誤解をしてくれるそうです。

本の前半部分は、最初の2分間の重要性について繰り返し説明してあります。

では、実際に2分間の間に何をすれば良いのかという事に関しては、興味のある方は本を読んで頂いたほうが良いのですが、ここで簡単に説明しますと
【人に安心感を与えない】ということが重要になってくるようです。
例えば、第一印象で礼儀正しく物腰のやわらかな態度をとり、その後ずっとその態度で押し通した場合、相手は【礼儀正しくて優しい人】と安心してしまい、相手のことにさほど興味を持たないそうです。
そこで、第一印象でどんな人かが分からないような態度を取ることが重要だそうです。
簡単に具体例を出すと(この例は、作品中では別の例となってます)、満面の笑みで『帰れボケ!』といった場合、【満面の笑み】と【帰れボケ!】という相反する態度を同時に取られることで、相手はどちらの行動に真意が有るのかが分からなくなって、真意を確かめようとコチラに興味を示すようです。
この様な感じで、相手に安心感を与えずにコチラに興味をもつような態度を最初の2分間取り続けることで、相手は『この人にもう一度会いたい!』と思うようになるようです。

ココで出した例はあくまでも例なので、仕事の重要な商談やお見合いの席で、『帰れボケ!』とか言わないでくださいね。
もし発言されて破談になったとしても、僕は責任を取りませんので。

本の前半部分では、【2分間】の重要性について書かれているのですが、後半部分では若干変わってきます。
前半部分では【最初の2分の印象は、一生続いて帰ることができない】と書かれているのですが、後半部分では【人は状況や環境に慣れるものなので、継続的に人の注意を惹きつけようとするのなら、継続的な努力が必要】と書かれています。
前半部分と後半部分で、少し矛盾したことが書かれている様に思えました。

個人的な意見としては、長い間接している事で人の印象が変わるということが多々あるので、この意見自体は納得できるものだったのですが…
では、前半部分の【最初の2分の印象は、一生続いて帰ることができない】というのは一体何だったんだろうと思ってしまったり。
因みに後半部分では、長期的に人の心を惹きつける為に取るべき態度が書かれています。


本の感想としては、文章も、話口調で難しい言葉を使うこと無く、非常に読みやすく書かれていました。
340円という価格からも、読んでも損はない内容ではあったと思います。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/264-5f9d492e