FC2ブログ

量的金融緩和で日本は救われるのか?

最近、政治経済系の番組を観ていると、『日本が一番しなければならないのは、【デフレ克服】だ!』という主張をよく聞く。
その人達の主張では、日銀が仕事をしておらず、通貨を発行しない為にデフレが深刻化しているという。
その為、解決策は【日銀がお札を刷りまくって供給すれば、デフレは克服できる】という主張。
この主張は、最近テレビでよく見る、元官僚の岸 博幸氏等が頻繁に主張しているのだが、僕はこの意見には反対だ。

理由を書いて行きましょう。

まず、お札を大量にする【量的金融緩和】についてですが、この金融政策は過去に日銀が行った政策です。
その結果どうなったかというと、何も起こらなかったわけです。
日銀が通貨を発行しただけでは、市場に何の影響も与えないので、日銀は過去に量的金融緩和を取った際、銀行から債権を購入して銀行に現金をもたせました。
【買いオペ】と呼ばれる作業ですね。
銀行はその金を、本来であれば貸出に回して金利を得ることで、収益を上げるべきだったのですが、実際には資金を貸し出せる程健全な企業が無く、また、健全企業からの資金需要もなかった為銀行は手元資金でもう一度債権を購入するという行動に出ました。
その結果、債券価格は上昇して長期金利は下がったのですが、低金利状態でも経済は刺激されず、好景気になることもなく現状まで時間が経過しています。
日銀はそれでも量的金融緩和を続け、銀行から債権を購入し続けたのですが、その金はまた債権に還流し、還流しきれなかったお金は、日銀当座預金に溜まっただけでした。

つまり、日銀がお金を刷ってもデフレが克服できないのは既に確認済みなわけです。

前回の失敗を踏まえて、もう一度【量的金融緩和】を行なって成果をだそうとする場合、日銀は債権以外の資産を買い入れる必要があるでしょう。
つまり、株や債券の購入です。
この政策をすれば、上手く行けば資産インフレを起こすことは可能かもしれません。
しかし、資産インフレによって利益を得るのは、株や債券を所有している【富裕層】のみなので、格差は更に拡大するでしょう。
富裕層が儲けたお金を消費に回せば、景気回復に役立つかもしれませんが、消費に回らなければ日銀が刷ったお金が富裕層に渡るだけです。

また、資産インフレによって土地価格が上昇すれば、土地の賃貸料も上昇する可能性もあります。
この政策によって円安が進めば、輸入物価が高くなることで生活必需品の価格も上昇するでしょう。
上記で書いたように、富裕層が消費を拡大することで景気刺激効果が出て景気が回復した場合は良いですが、ただ資産インフレが起こっただけでは賃金の上昇はしません。
そうなると、貧困層は生活が苦しくなるだけです。


次の理由は、今起こっているデフレ現象の原因です。
量的金融緩和で全てが解決すると主張している人たちは、単純にデフレが悪で、デフレさえ解消すれば全ての問題が解消すると考えているように思えます。
その為、大量の紙幣を印刷することで紙幣の価値を下げてしまえばデフレは止まるので、全て解決すると主張しているのでしょうが、今起こっているデフレは、不景気が原因ではありません。

過去の記事でも散々主張してきましたが、今のデフレの最大の要因は主に2つ。
製造機械や情報技術の発達により、人を必要とせずに大量生産が可能になったという点。
もう一つは、輸送技術の発達によって、世界の賃金が均一化し始めている点。
この2つが、先進国で起こっているデフレの原因です。

前回の記事でも取り上げましたが、自動車のピストン部品の値段が、日本で生産した場合2万円かかるのに対し、タイで製造した場合には2千円で製造できるようです。
この10倍の価格差は、経団連が主張している【為替】【法人税】【電気料金】【関税】では説明できません。
この価格差は、もちろん製品の質も影響していますが、単純に【人件費】に差があることで成立しています。
つまり、経団連の主張を丸呑みした所で空洞化は止まりませんし、先進国のデフレも止まりません。

先進国のデフレが止まる為には、先進国のデフレが進んで賃金が低下する一方で後進国でインフレが進み、製品の送料や質を踏まえて、どちらで作っても金額に差がなくなる必要があります。
つまり、量的金融緩和では問題は解決しないし、お札を刷って問題を解決しようと考えた場合、通貨価値を物凄く低いレベルまで引き下げないと無理。
そんなことをすれば日本円の価値がなくなり、コントロール不能のハイパーインフレになる可能性もあります。

過去の記事でも書いてきましたが、デフレは、低所得でも生活を可能にしてくれるので、低所得世帯にとっては住みやすい経済状態です。
デフレで困るのは、返済不能の大量の借金を抱えている政府ぐらいです。

政府の借金の主な原因は、収入よりも多額の予算を組む為なので、収入の範囲内で住むような予算を組む為に、支出の削減をするのが良いのではないでしょうか。



関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/250-9eee1b2e