FC2ブログ

相撲人気が下がっているようです

暴力団事件や八百長問題などで、相撲人気が衰退しているようですね。

人と接触するスポーツをやったことがある人は理解出来ると思うのですが、正直な話、15日間もガチンコ勝負をすることは、かなり危険でしょう。
ラグビーはオリンピック競技になってないようですが、オリンピック競技として採用されない理由は、今現在のルールを適用すると、オリンピック開催期間内でトーナメント戦やリーグ戦を組むと、確実に深刻な怪我をするものが出てくるからだそうです。

相手を倒すこと自体が目的ではないラグビーでも怪我をするのに、相手を倒すことを目的として行われる相撲で毎回全力でやっていたら、命が幾つあっても足りませんよね。
その辺りのことを分からない人たちが騒いだお陰で、かなり暗いイメージがついてしまいました。

また、運動したことがない人が良く言うのは
『プロなんだから、体のメンテナンスぐらいやれ』というもの。
【プロ】とつければ、なんでも出来るようなこの言い方は何なんでしょう。

では、高校卒業して料亭に就職した少年は、お金をもらった時点でプロなので、大根の桂剥き等も、手を切ることもなく出来るということなのでしょうか。

外交官は、お金をもらっているプロなので、交渉によって自国の利益になる事を確実に実現できるのでしょうか。

社会人であれば、何らかの形で社会に関わる事で報酬を得るわけですが、その人達は、自分の仕事に関しては一度もミスをしないのでしょうか。

プロでも出来る事と出来ない事は存在すると思うのは、僕だけなんでしょうかね。

話が少し脱線しましたが、個人的には15日間もぶっ続けで真剣勝負をするよりも、エンターテイメント路線に走ったほうが良いような気もする。

こんな漢字でプロモートし、こんな演出すれば、僕なら録画してでも相撲を見ようと思う。




関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/244-210522ca