スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の現状は、皆が考えてるほど悲観的なものでは無い

先日、ギリシャに関する記事を書いたのですが、日本やアメリカもギリシャ以上に危ないという話を稀にに耳にします。
本当にそうなのでしょうか。

前回も書いたのですが、ギリシャと日本・アメリカと決定的に違うのは、金融政策が自由に出来るかできないかです。
アメリカも少し前に【デフォルトの可能性がある】と騒がれていましたが、あれは本当に危機的な状況だったのではなく、ただ単に政治のパフォーマンスの為に、債務上限引き上げ法案が通るのが遅れただけであって、法案が通ればデフォルトは起こりません。
極端な話、アメリカは自国通貨建てで借金をしているので、最悪の場合はFRBが無制限にアメリカ国債を引き受けてしまえば、デフォルトはしません。
まぁ、そんなことをしてしまえば、ドルは信用を失ってトコトン売られるのでしょうが。。
日本の場合も同じで、借金は円建てで且つ、95%が日本国内で資金調達されています。
こちらも、最悪の場合に陥って債権の買い手がいなくなった場合は、日銀が直接引き受けをすればお金の借り換えは出来ることになるので、破綻はしません。

更に、日本の場合はギリシャやアメリカとは状況が違います。
ギリシャを始めとする南欧やアメリカと日本との違いは、経常収支です。
ギリシャやアメリカは経常赤字なのに対し、日本は経常黒字国なので状況が全然違います。
経常収支が赤字の国は、他国にお金がどんどん出ていく為に、経常赤字分だけ、絶えず自国通貨安の危険に晒されています。
貿易や雇用面でプラス影響が出る範囲での通貨安なのであれば問題はないのですが、通貨安は一定レベルを超えると食品やエネルギー価格の上昇によってコントロール不能のインフレをもたらす可能性があります。
一度通貨の信用力が無くなれば、インフレはドンドン加速し、国民が手にする所得の上昇率を遥かに超えて物価が上昇し続ける…なんて事も起こり得るでしょう。

日本の場合は経常黒字国なので、海外からお金が集まってくる方なので状況は違います。
破綻は、資金調達が無理になった時に起こるものですが、日本は外貨建ての借入が必要ない為、外貨が調達できなくなることによる破綻がありません。
また、仮に日本円が信用を失って、物凄い円安方向に進んだとしても、日本には1兆ドルの外貨準備が存在します。
円安が進むということは、相対的に海外資産の価値が上昇するということなので、当然日本が保有している外貨準備の価値も上昇します。
今後国の借金が1000兆円になったとしても、ドル円相場が1000円になれば、外貨準備で持っているドルの価値が上昇する為、日本はその外貨準備を売却することで大幅に利益を出すことが出来るので、その利益で借金を完済できます。

もう一つ問題視されている事に、日本の政府の借金額が国民の貯蓄額を超えたら、資金調達が出来なくなった大変なことになる!という意見がありますが、この件も心配する必要はないようです。
先日放送された【たかじんNOマネー】に出演して居られた経済学者の方がおっしゃっていたのですが(名前は忘れた)
政府が国債を売って借金をして金を使った場合、その金は消えてなくなるわけではない。
政府が使ったお金は、支払いを通して民間企業に流れ、従業員に配られる。
従業員に配られなかった部分は会社の内部留保で残る、もしくは借金を返すことで負債を圧縮するわけで、使ったお金は消えずに、そのまま日本国内で還流する。
つまり、政府が負債を追えば、その分がそのまま貯蓄額として増える為、国民資産と国の借金は吊り合うことになり、追いぬくことはない。
簡単に言うと、借金をして3000万円の試算を購入した場合、負債として3000万円分は増えるが、試算も3000万円分増えるので、借金が増えたからといって直接破綻につながるわけではない。ということの様だ。
なるのど、確かに、日本国内でお金がぐるぐる回っているだけなんだから、アングラマネーとしてどこかに消えない限りは大丈夫ということになる。
日本国内で投資をするのを辞めて、海外資産を買った場合も、資産の部に【海外資産】が計上されるわけだから問題はないわけだ。

結論として、日本経済についての悲観論が多く聞かれるが。
日本が置かれている状態を楽観視する必要はありませんし、上昇し続ける財政支出の改革もしなければならないでしょう。
しかし、悲観になりすぎることも無いのではないでしょうか。
関連記事

>>、政府が負債を追えば、その分がそのまま貯蓄額として増える為、国民資産と国の借金は吊り合うことになり、追いぬくことはない。お金は消えずに、そのまま日本国内で還流する。

釣り合わないですね。
生活保護家庭に生活保護を支給→輸入品の食料、燃料を買う。

>>日本国内で投資をするのを辞めて、海外資産を買った場合も、資産の部に【海外資産】が計上
海外に投資して工場を買う→失業者増える→税収がなくなり、生活保護が増える。

政府が借金を増やしても国内で環流せずに消えてしまうことが問題になってる。
[ 2011/10/24 19:10 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

日本が常に経常赤字なのであれば、吊り合わないでしょうね。
でも、日本は経常黒字国です。
仮に、生活保護者の消費で経常赤字になることがあっても、その赤字分が円安圧力になるので、結果吊り合うでしょう。

海外資産が国内に還流してないのは、円高トレンドだからで、経常赤字になれば円安トレンドになって還流するでしょ。
[ 2011/10/27 12:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/243-a5fa4f3b













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。