FC2ブログ

リバウンドしないダイエット方法 その③

ついに最後の項目となりました。
最後は、【運動をする。】です。
単純に運動をすると行っても、いろいろな運動があります。
よくテレビ等で紹介されている、ダイエットに効果的な運動方法は【20分以上持続して行う有酸素運動】と言われています。
【ジョギング】や【ウォーキング】等が効果的と言われていますが、僕はこれらの運動はお勧めしません。
何故かというと、ダイエットの為に行う運動としては、非常に効率が悪いからです。
僕がオススメするのは、体に強い負荷をかけて行う【ウェイト・トレーニング】です。

この様なことを書くと、ほとんどの女性の方は
『私はムキムキになりたくないし…』
と理解不能なことを言うのですが、そういうことは実際に筋肉をつけてから行ってください。
カラダを鍛えることが仕事であるプロのボディービルダーが、計算された食事をとり、最適化されたトレーニングを行ったとしても、純粋な筋肉で1キロ増やすのに物凄い時間がかかります。
ただでさえ男性ホルモンの分泌量が少ない女性が、空き時間にちょっとトレーニングをしたぐらいではムキムキにはなりません。

では、【ジョギング】や【ウォーキング】等が非効率な理由を説明します。
20分以上継続して行える運動というのは、トレーニング強度はかなり低いです。
筋肉は高い負荷がかかって筋肉組織が壊れ、それを修復する過程で基準値を超えて回復する【超回復】によって成長しますが、20分以上継続できるようなトレーニングでは、筋肉組織を潰すほどの刺激を筋肉に与えることは出来ません。
今まで全く運動したことがない人であれば、ジョギング程度の運動でも最初の数週間は筋肉痛が起こるほどの刺激を与えることが出来ますが、直ぐに体が慣れてしまって効果は激減します。
わかり易い例を出すと、マラソンランナーの体型を思い浮かべて頂ければ解りやすいです。
マラソンランナーの方々は、常人では行えないほど過酷なトレーニングを毎日の様に行っていますが、筋肉は殆どありません。
頻繁に使う足の筋肉こそ常人と比べると優れてはいますが、上半身は常人と比べても、かなり細い部類に入るのでは無いでしょうか。
短距離選手の体格と比べると一目瞭然で、筋肉の量はかなり少ないです。
ダイエットで痩せたいと考えて居られる方の理想体型が、マラソンランナーの様な体なのであれば、毎日数十キロ走ることに反対はしませんが、そうでないのなら、毎日無理して走ることはありません。

何故この様な体になるのかといえば、マラソンなどの運動は心肺機能を向上させる為の運動であって、筋肉を鍛える為の運動ではないからです。
ジョギングで行う運動を、分解してみてみると解りやすいのですが、走るという運動は、自身の体重を基準とした片足の低空ジャンピングスクワットを、交互に連続して行っているに過ぎません。
これを何千回もやると、運動の総量としてはそれなりのものになるのですが、1回1回の運動で筋肉に掛かる負荷自体はかなり軽い為、運動に慣れてしまえば筋肉の発達は止まります。
自転車をこぐ動きにしても同じです。
この運動は、物凄く負荷の軽いレッグ・プレスを連続で行うだけの運動なので、筋肉に不可はかかりません。
ダイエットで食事制限などをしている時に筋肉に不可が掛からない場合、何が起こるのかというと、不必要な筋肉は脂肪よりも先に落ちていきます。
結果的に、基礎代謝が落ちてしまい、ジョギングでカロリーを消費したとしても、基礎代謝が落ちた分で相殺されてしまい、体重の減少は止まってしまいます。

この状態でダイエットを挫折してしまい、食事制限を解いてジョギングを辞めてしまうとどうなるのか?
基礎代謝が落ちているのに摂取カロリーが増え、その上運動まで辞めてしまうのだから、リバウンドしてしまうわけです。

つづきはまた次回に。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/237-d61897ac