FC2ブログ

ドイツの漫画事情

2011年7月から、英語を勉強しております。
いつまで続くかはわかりませんが、理想としては英語で日常会話が出来るようになり、海外の方とコミュニケイションを取っていきたいと考えています。

このカテゴリーでは、日常で起こった海外の方とのコミュニケイションについて書いて行きます。

2011年8月29日。
以前からお誘いがあった、異文化交流に参加してきました。
この会は、僕が以前英語を教えてもらっていた先生の親戚にドイツ人の方がいらっしゃって、その親戚の方が日本に訪れるらしく、この機会に、英語勉強中の僕に会話の実戦経験を積んでみては?ということで開催して頂きました。
参加者は、先生と先生の妹・妹さんの旦那さんのドイツの方・ドイツの方の上司の娘さん16歳の4人と、マイミクの小坊主さん。
参加者全員が英語を話せるようです。 僕を除いてね。

使用したお店自体が、カウンターのみの横長のお店なので、横一列に着席。
先生・僕・16歳のドイツの方・先生妹・旦那さんの順。
『さぁ、なんか話してください』と言われるも、頭がテンパッて全く話せない僕。
背中を叩かれまくって後押しを受けるも、質問などが日本語でも出てこない程テンパッてしまいました。。

そんな中、旦那さんの方から、挨拶や『どんな仕事をしているのですか?』などの一般的な質問などをして頂き、日本語混じりで返すも頭はテンパったまま。
『晩ご飯は何を食べたのですか?』と質問された時、晩ご飯の内容すら出てこなかったときには、本気でへこんでしまいましたよ。
でも、徐々に慣れてきたのか、ビールで気持ちが大きくなってきたのか、徐々にコミュニケイションを取れるようになってきました。
といっても、文法はメチャクチャでしたし、ところどころ16歳の少女に『その場合はこういうのよ』とって感じでレクチャーされる状態でしたけどね。

話は変わりますが、外国の方って日本人よりもかなり大人っぽく見えるんですね!
イタリアの首相のベルルスコーニ氏が、未成年相手に買春した際の言い訳が『未成年には見えなかった!』でしたが、16歳のドイツ人を見てその説明に納得してしまいましたよ。
日本人だと16歳ってどう見ても子供なのに、ヨーロッパ系の人って大人びた外見なんですね!

話がそれましたね。
先程も書きましたが、お店自体がカウンター席のみだったので、どうしても話しかけるのは16歳の少女に対してばかり。
以下、話した内容を書いてみます。

僕『日本の長さ どれぐらい?』
少女『そういう時は、日本にどれぐらい滞在するのですか?って言うのよ。3週間ぐらいね。』
少女『何故英語を勉強してるの?』
僕『世界中の人 コミュニケイション インターネットで』
少女『OH! 私も日本語を勉強してるのよ  …以下聞き取れず』
僕『何故日本語を勉強?』
少女『日本の漫画が好きで、読みたいから。』
僕『どんなマンガが好きですか?』
少女『ナルト・ワンピース・ブリーチ・リボーン・フェアリーテイル・フルメタル アルケミスト。フルメタル アルケミストは、日本名で鋼の錬金術師っていうのよね。』
僕『そうそう』

といって、手合わせ錬成のジェスチャーをしたら、かなり喜んでくれた。
ここから後の話は、殆どが漫画の話。

僕『日本人漫画かドイツ人漫画、どっちすき?』
少女『意味が分からない』
僕『日本人が描いた漫画かドイツ人が描いた、どちらが好き?』
少女『日本の漫画! ドイツの漫画は…』以降聞き取れず
僕『フェアリーテイルはワンピースと似ている。 ナツ…』
少女『そうそう! ナツとルフィー ナミとルーシー キャラクターが似ている…』以降聞き取れず
僕『ワンピースのキャラクターだと、何が好き?』
少女『ニコ・ロビン!彼女はとてもとてもクール!!…』以降聞き取れず。。
少女『ワンピースに出てくるキャラクターは、全てクールよ!』
僕『全てのキャラ? フランキーも?』
少女『そう、フランキーも。ブルックも! HO- HO- HO-!!』

という感じの会話を2時間ほど続け、今回の会は終了致しました。
振り返ってみると、本当に何を話しているんだか。。
会話内容だけなら、小中学生が話すような会話内容なのに、単語も文法も出てこないという有様。
またコチラが聞く際も、何度も聞き直した上で聞き取れずという状況。。
自分の英語力の低さを、改めて実感致しました。

次回この様な機会があれば、もう少し自分の思っていることを伝え、相手が伝えようとしている事を分かれるようになりたいと思います。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/228-e32ebff0