FC2ブログ

2011年 祇園祭

先週末は、祇園祭の宵山、宵々山だったので、京都市内には物凄い人が訪れていました。
そうそう、よく祇園祭を【宵山、宵々山、宵々々山と山鉾巡行】の事だと勘違いしている人も居らしゃるようですが
祇園祭は7月丸々1ヶ月間が祇園祭ですので、誤解の無いようにしてくださいね。
こんなことを書いている僕も、細かい行事などは覚えてはいませんけれどもね。
細かい事はwikiでも見てください。

土曜日が宵山。折角のお祭りに家でゴロゴロするのもなんなんで、お祭り気分を満喫しに外出してみました。
週末だから多いだろうとは予測していましたが、予想外の人でちょっとびっくりしてしまいました。

このお祭り。四条通りや烏丸通りなどの大通りを見物している人も多いでしょうが、個人的には大通りを外した路地が面白いです。
というのも、大通りは人が物凄い上に、何か物足りない印象を受けてしまう。
露天2

確かに有名で派手な鉾などは四条通などに多いのですが、人が流れるプールのように一定スピードで流れているため、自分のペースで見れないし、休憩もできないので正直疲れる。
通りを挟んで立っている建物も、繁華街ということもあってビルなどの大型建築ばかり。
京都のお祭りの雰囲気を味わいづらい印象です。

その点、烏丸よりも西側にある南北に伸びる路地に入ると、一気に京都のお祭りの雰囲気になる。
祇園3

ぎおん4

祇園1

祇園2

普通の民家が町家だったり、昔からある家が屏風等を展示したりしているので、見るべきところは四条などの大通りよりも多く、道も狭く立っている建物も民家が多いので、京都っぽさを感じられる。
祇園5

お店も、烏丸通りが普通の【唐揚げ】【かき氷】などの定番の露天に対して、路地にあるお店は、普段夕方まで営業しているお店が夜遅くまで開けているので、またまた京都の雰囲気を味わえる。
露天1

中には呉服店や京小物のお店が、ガレージなどを借りて店舗にしているところなどもあって結構楽しめたりします。
人の量も四条通程は多くないので、好きなときに立ち止まって写真をとったり休憩できるのも、路地ならでは。
祇園祭に来たことがない人は、路地探索は結構おすすめです。

来年こそは、彼女と行きたいお祭りです。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/214-731a3ec6