FC2ブログ

保険には入らなければならないのか?

僕は、生命保険会社に信用を無くすような行動を度々取られたので(誤解のないように書いておきますが、全ての保険会社や営業マンが、嘘を付いたりするわけではないです。お客さんの事を本気で考えてくれる人もたくさんいるとは思います。ただ、僕の接した人に嘘を付く人が多かっただけです。)軽くではありますが、生命保険について勉強しました。
そのことについて書いていこうと思います。

結論から書きますと、保険会社が作ったセットプランに入るのは、かなり非合理的。
大手生命保険会社が提案するプランは、○○歳に結婚し、○○歳で子どもが手を離れ、60以降になるとそんなにお金も要らなくなるし…
といった感じで、勝手に人生プランを作られ、その通りに人生を歩んだ場合に効率が良いとされるプランが組まれている。
効率が良いと言っても、保険会社が提案する通りの人生を歩んだから特をするということはないですが。

ここで何が問題なのかというと、人の人生は保険会社が設計したとおりには進まないということ。
例えば保険会社のプランでは20代半ばぐらいから、死亡保障が一気に増える。
何故増えるのかというと、保険会社のプランでは20代半ばで結婚し、子どもがいるケースを想定している。
しかし晩婚化が進み、20代半ば人で伴侶と子どもがいないケースもある。
その場合、死亡保障が多すぎることになり、無駄に保険料が高くなるケースがある。
また、子どもが一人のケースと二人のケースで必要な保証は変わってくる。
二人生まれる前提で死亡保障が付いている場合、保証が無駄に多くなってる場合がある。

次に入院給付
これも、子供や伴侶などの妻がいて、なおかつ貯金がないケースで計算されている場合、入院給付額も多すぎる場合が多い。
貯金がない状態で長期入院をし、家族の生活と医療費を両方払わなければならない人は、多くの保証がいるでしょう。
しかし、家族もなく一人ぐらしで、そこそこ貯金がある場合は、多くの保証はいらない。
というか…
入院給付については、ある程度の貯金が有ると入らなくても良い。
というのも、日本には高額療養費というものがあり、ひと月の医療費が一定額を上回れば、その部分は払わなくても良い。
以前は、一度病院に対して請求された金額を全額払い、その後控除手続きをして変身してもらうシステムだったが、システムが変更になり、最初から払わなくても良くなった。
支払い額の計算方法をWIKIから抜粋する
1 70歳未満
 (1)-1 
上位所得者(被保険者の標準報酬月額が53万円以上) : (10割相当医療費-500,000円)×1%+150,000円
一般(被保険者の標準報酬月額が53万円未満) : (10割相当医療費-267,000円)×1%+80,100円
低所得者(市区町村民税の非課税者等) : 35,400円

月額53万円の給与というのは、ボーナス無しで年間所得636万の人で、それ以外の人は【一般】扱いということになる。
この計算式を元に計算すると、一般の人がひと月に100万円の医療費がかかった場合
(100万-267千)×1%+80,100=87,430円
つまり、100万円を請求されても支払額は87,430円。
これプラス、入院に個室を指定すれば差額ベッド代や、保険適用外の治療を受ければその分の治療代が加算された分が支払額となる。
差額ベッド代は、治療に必要な場合や大部屋が満員で入れなく、仕方なく開いている個室を利用した場合には請求されない。
請求された場合は病院側のミスか、患者側が知らないことを前提にしてボッタクっているので、訴えれば良い。
つまり、自分で個室を指定しない限りは掛からない。
差額ベッド代についてはここが詳しいかも。

つまり、普通に働いていている人の場合、不慮の事故が起こった場合でも、数十万の貯金があれば保険には入らなくても良い。
以上のことを踏まえて、次回から保険について考えていこうと思います。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/206-a636a6c3