FC2ブログ

保険のあれこれ

今回は、僕が経験した保険に関する話です。

僕は学校を卒業すると直ぐに就職して働きましたが、社会人になったことを機に、保険に入ることを進められました。
進められた理由としては、イザという時の保証と、節税対策でした。
僕が身内から進められた保険は郵便局の簡易保険で、入院給付が殆ど無く、手術が必要な際に20万ほどが支給されるタイプの保険でした。
この保険は、掛け金は年間10万円ほどなのですが、10年後に100万円戻ってくるという貯蓄性の高い保険。
10年間、金利こそ受け取れないが、保証と節税ができるということで保険に入ることにしました。

その後1年ほど経過し、僕は転職を致しました。
実家が自営業をやっているので、それを継ぐ予定で家の仕事をするようになりました。
それから直ぐ、仕事場に出入りしていた生保レディに保険を勧められました。
営業文句は
『このタイプの保険は、手術の時しか出ずに入院給付が出ないので、保険として意味が無い。
保険として考えるよりは貯蓄として考え、ちゃんとした保険に加入したほうが良い。』というものでした。
その生保レディは祖父の保険の相談にも乗っていたということもあり、保険の事もほぼ知らなかった僕は、進められるがままに保険に加入。
年間で12万ほど支払うこととなりました。。

この時に入った保険は、入院給付 一日5000円・死亡保証 3200万円・60歳以降は死亡保障100万円 といったもの。
実話なので保険会社名を書いても良いのですが、企業にとってマイナスイメージの記事になるので、後でややこしくなることを避けるため、名前は伏せることにします。
外資系ではなく、日本の大手生命保険会社です。
契約後、生保レディは『これで何があっても安心ですね!』といって笑顔で去って行きました。
この契約後、叔母に『軽々しく保険なんかに入るもんじゃない!』と叱られたのですが、この当時の僕は何故叱られたのかが意味がわかりませんでした。

それから8年ほどが立ち、保険に加入するきっかけになった生保レディは会社を退社し、新たな営業の方が挨拶に来られました。
そして
『この保険は後2年で契約が切れて、同じタイプの保険に入ると保険金額が跳ね上がりますので、保険を切り替えてください。』といわれました。
入っていた保険は60歳までのプランが書かれていた保険で、終身保険なので契約更新や金額変更はないと思っていたのですが、生保レディの話では契約はきれるとのことでした。
何も知らなかった僕は、支払い金額が上昇するのが嫌だったので、新しい【一年毎に保証を見直せるタイプ】の保険に加入。
保険料の支払いを減らしたかった僕は、この契約を機に
『結婚していない現在で死亡保障3200万円は多すぎるので、死亡保障を無しにして保険料を下げたい』と相談。
この時は既に貯蓄もあったので、今直ぐ死んだとしても葬式代ぐらいの蓄えはあったので、死亡保障はいらないと判断して相談したのですが、生保レディの回答は
『新規契約の際は契約内容は変えられない。しかも2年間はこの契約でやってもらう。』
といったものでした。

【毎年契約内容を変更できるタイプ】の保険で、何故契約が2年間固定されるのかが全く理解できなかったのですが、気が弱かった僕はそのことを追求することが出来ず、この内容で契約することにしました。
それから1年半程が過ぎた頃。
新たな営業を連れて営業部長が挨拶に来られました。
以前不審に思っていた【毎年契約内容を保証できるはずなのに、何故2年間契約内容を固定しなければならないのか?】という疑問をぶつけた所。
『そんなハズはない。 いつでも契約は変更可能だし、新規加入で契約内容が固定されていることもない。』といた衝撃的な事実を聞かされました。

そうです。
生保レディが、契約金額を減額されない為に、客に対して【嘘の情報】を伝えていたのです!
ちょっとイラッとしながらも
『契約が変更できるのなら、次回から契約を変更したい。 
死亡保障を減らした見積もりを持ってきて欲しい。』といったところ、営業は笑顔で承諾し、その日は帰って行きました。

それから3ヶ月ほど待たされ、営業が持ってきた見積を見たところ、大きな問題が。
死亡保障はたしかに減額されていたのですが、頼んでもいない入院給付の上積みやがん保険の追加で、支払い保険料が大幅に増額されていました。

支払額を減らしたいために見積もりを出してもらったのに、増額された見積もりを持ってこられても意味が無い。
ってことで、再度『支払い負担を減らしたいから、そのことを考慮して見積もりを出して!』と伝えて、再度見積もりを請求したところ、また数ヶ月待たされました。
次に見積が来たときは、確かに支払額は減額されていたのですが、営業に『年払で契約してもらっているので、今年の更新変更は出来ない。来年にしてくれ。』と言われました。
営業が来たのが僕の仕事時間中ということもあり、その時は『じゃぁ、来年からでもいいか』と思って了解して営業に帰ってもらったのですが…
家に帰って契約書を見ると、その日でも契約更新は出来てた。

そんな出来事が続き、なにもかも面倒くさくなった僕は、少しだけ保険の勉強をしてから、この大手生命保険会社との契約を全て解除いたしました。
このカテゴリーでは、その勉強した部分について書いていこうと思います。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/205-5641e33a