FC2ブログ

政治ってなんだっけ?

最近の政治がかなり問題がるような気がする。
もともと問題がなかったわけではないが、最近特に酷い気がするのは気のせいだろうか。

自民党は、菅さんが首相を続けている間は、法案を通さないような事をいっている。
個人的な意見だが、誰が首相であれ、出された法案に対して賛成か反対か、または改良点は無いのかを話すのが政治家であって、首相がこの人だから通したくないというのは意味が分からない。
予算案や赤字国債を発行するための法案も同じで、『この部分に問題があるから改善しろ!じゃないと賛成できない』という理由で反対するのなら個人的に文句はない。
しかし、菅首相だから反対で、他の人が出したら法案の内容が同じでも通すというのであれば、理屈が通らない。

また
『震災後の重要なときだからこそ、与野党協力して頑張っていかないと・・・』
『法案ごとに、協力できる部分は協力して・・・』
といった意見も意味が分からない。
震災の有無にかかわらず、与野党が建設的な議論をするのは政治家としての仕事であって、平和な時は好き勝手やっていれば良いということにはならないはず。

そもそも、政党政治や派閥なんていわれているが、代議士が従うべきは国民の意見のはず。
自分の意見や派閥の意見よりも、地元の民意が優先されるべきではないだろか。
重要な決断を迫られた場合には、派閥のTOPに意見を求めるのではなく、地元に戻って意見を聞くべきだろう。

また、最近目立つのが、横文字の専門用語をやたらと使いたがる政治家。
みんなの党の【アジェンダ】なんてのは典型的な例だが、政治家自身が問題を意図的に難しくして、国民の考える気持ちを削ごうとしているのが見え見えだ。
【アジェンダ】は、日本語に変換不可能な単語なのだろうか?
【アジェンダ】でなければ駄目なのだろうか?
日本人が日本の政治をするわけだから、日本に住んでいる人のために日本語で分かりやすく説明するのは当たり前の行動ではないだろうか。
話を意図的に分かりにくくして、危機感を煽って決断を迫るのは、悪徳商法で良く見られる手口。
同じ様な手口を使っている時点で、個人的には信用できない。

常時、非常時を問わず、政治的な戦略を考える暇があれば、日本がどの方向に進むべきなのかを真剣に考えて欲しい。
民主党政権が上手くいっていないのも、野党時代に日本のことを何も考えずに、どうすれば与党の足を引っ張れるかだけを考えてきた為だろう。
進むべき道を真剣に考えていれば、ここまで政策がブレることはないはず。

また国民も、政治家を見極める目を養わなければならないだろう。
政治腐敗といっても、その政治家を当選させているのは国民であるわけだから。

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/203-60ed89eb