スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャ破綻後、ユーロはどうなる?

なんか、ギリシャが破綻しそうな雰囲気ですね。
あくまで雰囲気だけですけど。

ギリシャ債は、破綻リスクを織り込むように売られ
ノルウェーは、ギリシャに対する4200万ドルの助成金の支払いを停止
格付け機関フィッチは、ギリシャ長期格付けをBB+からB+に格下げ
バイトマン独連銀総裁が、ギリシャ国債が償還期限延長(リスケジュール。リスケ)されれば、ECB担保として受け入れない

各国の話を総合すると、いつ破綻してもおかしくない感じになってきてますね。
もともとギリシャは、国の財政状況を捏造してユーロを導入している裏口入学みたいなものなので、ユーロを脱退しても破綻しても不思議ではない感じもする。
破綻した場合は、債権を買っていた国や人たちは結構な損害を受けるんでしょうね。
ちなみにギリシャ債の発行総額は日本円換算で30兆ほど。
その為、破綻しても世界に与える経済の影響は大した事がないという意見もあるにはあるのだが…
逃げになってしまうかもしれないが、正直に言うと、ギリシャが破綻した場合の損失は破綻してみなければ分からない。

世界経済はどこかで繋がっているものなので、ギリシャの30兆円の負債だけで済まない可能性もあるということです。
イメージで言うと、ドミノ倒しのように次々と連鎖的に色んなことが起こる可能性がゼロではないということ。
LTCMショックも、最盛期で1000億ドル集めたヘッジ・ファンドがこけたことで大きな問題になったし、サブプライム問題も、最初はここまで大きなことに発展しないと思われていたように記憶している。

ギリシャ問題も、ギリシャの債務残高だけで見れば大した事がない数字なのかもしれないが、破綻後の経済の動きによっては、予想外のことが起こるのかも?
まぁ市場関係者の方々もサブプライム問題で学習していると思うので、事前に手を打つのかもしれないが…
皆が皆一斉に破綻を予測して動くと、その動きがトリガーになるってことも可能性としては有りますしね。

と、破綻よる影響を考えると、答えはなかなか出ないのですが
破綻した場合の通貨ユーロの動きは、2パターンしかないわけです。
上がるか下がるか。
意見としては上下両方の意見が出ています。
下がる場合は、ギリシャ破綻による混乱などでユーロの信用力が落ちてユーロ安に動く。
上がる意見としては、ギリシャなどの足を引っ張っていた国が抜けて健全な国だけが残るのだから、長期的に見れば上昇する。

個人的な意見としては、僕はユーロが上がる方を支持してます。
破綻した場合、破綻直後は色んな考えが交錯するだろうし、どちらに振れるかの予測なんて出来ませんが、長期的に観れば【健全な国だけが残るので上昇する】という方が理屈が通っている気がするので。

投資は自己責任で!!
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/178-5d410a5b













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。