FC2ブログ

デフレを解消して景気を回復させる方法

景気を簡単に良くするには、個人個人の考え方を変える必要がある。
今デフレになっている大きな原因は、不景気でもデフレスパイラルでもない。
ただ単純に、消費をしている個人が、物の価値を見ずに、価格を見て購入しているからだ。

サービスを提供するものは、自分達の売りたいものだけを売っているわけではない。
売りたい物だけを売ろうとしたところで、消費者が購入しなければ商売として成り立たない。
その為、サービス提供者は、【顧客が求めている物】を販売する。

つまり、今デフレになっている根本原因は、熟練した職人の技術などが必要なく、消費者が機械による大量生産のものを欲しているからデフレになっている。
外食産業でも、全国展開していて集客力の店というのは、職人がこだわりを持って料理を作っている店ではなく、バイトが本社から運ばれてきた食材に少し手を加えて出すタイプの店だ。

食だけではなく、服飾関係でもそうだ。
今、勢力を伸ばしている店舗は、安くてそれなりに見える店。
ユニクロなどがそうだ。
物の価値を見ようとせず、安い金額で1シーズン着れれば良いという考えで買う人が多い。

服飾関係の場合は、一流ブランドを買うという例外もあるが、一流ブランド店で扱っている服に、どれほどの価値があるのかを考えて購入している人は少ないだろう。
物の価値を見ずに勝っているという点では同じだ。
デニム生地やビニール素材に、ブランドのロゴが入っているだけで20万円するバッグは買うが、上質の革を使って手作業で作られたバッグでも、無名ブランドが発売すれば4万でも売れない。

消費者側が物の価値に関心を持たず、その製品やサービスを提供する人間の技術や経験を軽視しているのだから、全体として給料が上がらないのも当然だ。
上でも書いたが、メーカーは消費者が求めている物を売るのが商売だ。
高い人件費を払っても、その人間の労働に対して消費者が無関心であるのなら、機械による大量生産のものを提供するだろう。

製造を外部委託し、生産拠点を集約することでコストダウンを図る。
結果として安い値段で物は提供されるので、デフレが進む構造となる。

テレビ報道などでは、安いものを買う人間を【賢い消費者】と呼ぶが、実際には賢くはない。
物の価値を素人せず、自分で自分たちの首を閉めているだけの人間だ。
なぜ自分で首を締める形になるのかというと、消費者というのは立場が変われば提供者だかだ。

ほとんどの消費者が、その消費するためのお金は仕事をすることで得ている。
つまり、普通に生活している人間の殆どは、消費者でありながら提供者である。
そんな人間が、消費するときに【人の手が必要ない、機械で自動生産されたモノ】を好んで買うと、自分たちの仕事が減る結果となり、自分たちの仕事も結果的に機械による自動生産に置き換わる。

デフレを食い止めて給料を上げたいと思うのであれば、消費者は消費するときに、できるだけ人の手がかかっているものを買う必要がある。
その人も、誰でも簡単にできる技術に対してお金を払うのではなく、熟練した技術が使われている商品を選んで買うようにすべきだろう。
こういう製品を求める人が多くなってくると、企業の考え方も変わるだろう。

なぜなら、消費者に売れる製品を作るためには、熟練した職人の技術が必要となる。
熟練した職人の技術は、長年の経験によって培われるものなので、会社に長期間いてもらわなければならない。
当然、職人に対する接し方も変わるし、利益の分配金も、人件費に多く振り分けられるようになるのではないだろうか。

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/168-2ee389de