FC2ブログ

分散投資と集中投資 ③

前回までは、購入する【投資商品】の分散・集中について書いてみましたが、今回は別の視点から見た分散と集中について書いていこうと思います。

別の視点とは何なのか?

結論から書くと、タイミング。
つまり時間ですね。

購入する投資商品を限定したとしても、時間分散によってある程度のリスクを管理する事が出来ます。
また、商品を分散投資する場合でも、時間分散を組み入れることによってより安定的な運用が可能となります。

具体的なことについて書いていきましょう。

ある投資商品を購入する際に、一度で全財産をその商品につぎ込んでしまった場合、かなりリスクが増加します。
投資タイミングが上手い具合に底値で有れば、大儲けする事も可能なのですが、値動きの天井付近で購入した場合には大損する可能性があります。

では、投資タイミングを分散してみてはどうでしょう?
投資予定金額の半額を使って投資商品を購入した場合、その投資商品が上昇した場合には儲かる額は半分になってしまいますが、損する場合も半額で済みます。
投資金額を3分の一・4分の一にする事で、更にリスクは低くなっていきます。

分散して一部分だけを投資した場合、投資商品が上昇した場合に【更に買い増しする】か【利益を確定する】かを選択することが出来ます。
これらの選択肢は、一度で全財産をつぎ込んだ場合には存在しない物です。
どの選択肢を選ぶかという事が、投資戦略となってきます。

買ったものが上がるか下がるか!といったギャンブルと投資との差は、ここに存在します。
逆にいうとギャンブルも、儲かる確立を計算し、損を減らして儲けを増やすような戦略を立てられr人にとっては、ただの博打ではなくビジネスといえるかもしれません。

ギャンブルの話が出たので、昔からあるギャンブルの投資法を1つ紹介してみようと思います。
【マーチンゲール法】
簡単に書くと、2倍以上の倍率が付いているものに賭け、外れたら倍賭します。

ルーレットの赤・黒で例えますと
1枚張って負けたら2枚張り、負けたら4枚・8枚16枚と倍賭けします。
4回負けて5回目に当たった場合、5回のトータルの掛け金は1+2+4+8+16=31となり、最後の16枚が倍の配当で32枚になって返ってくるので、収支は1枚プラスとなります。

このマーチンゲール法の一番重要な点は、何回まで連続で負けることを想定するかという事に尽きます。
5回負けを想定した場合、6回目を外すと全財産が無くなります。
では、負け回数の想定を多くすればいいのかといえば、賭ける回数を分散すればするほど、儲けは少なくなります。

マーチンゲール投資法の場合、最初の掛け金が倍になって戻ってくるだけなので、多くの回数に分散した場合は最初の1回目の掛け金が物凄く少なくなることになります。

資産運用についても同じ事がいえます。
分散しすぎた場合、儲けるチャンスを逃す事になり、集中しすぎると、一度の失敗で市場から退場を余儀なくされます。

どの割合でどのタイミングで投資すれば良いのかは、投資商品それぞれで変わるので
一番良いのは、自分と一番波長が合う商品や投資法を選ぶのが良いと思います。




投資は自己責任でお願いいたします。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/142-81aad185