FC2ブログ

分散投資と集中投資

前回、【集約・集中する事によるリスク】で、資産運用のことについて書いたので、今回はそのことを掘り下げてみようと思います。

資産運用に関する本を読んだ事がある方ならわかりますが、資産運用において【分散投資】が結構薦められていると思います。
本などで勉強をした多くの人は、分散投資が素晴らしい投資法の一つだと思い込んでる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にはそれは、考え方によって変わります。

考え方によって変わるとはどういうことなのか。
それは、【資産運用】に対する認識の差によって変わってきます。
【資産運用】を、お金を効率良く稼ぐ方法だと思い込んでいる人にとっては、分散投資は効率の悪い投資方法です。
【資産運用】を、自分の資産を守る為の方法だと思っている人にとっては、分散投資は有効な投資手法の一つとなります。

何故、考え方によって【分散投資】が効率が良くなったり悪くなったりするのか。
それは、分散すればするほど、【ローリスク・ローリターン】になるからです。

資産を分散した場合、一つの資産価値が上昇した場合、それと反対の位置にある資産の価値は減少します。
例を出しますと、基軸通貨のドルの価値が上昇した場合、ドル建てで売買される原油や金の価値は下がり、ドルの価値が下がると逆の減少が起こる傾向にあります。
分散すればするほど、それぞれの資産の上昇・下降が打ち消しあい、資産額の振れ幅は小さくなり、凪の状態に近づきます。

逆に、投資対象を絞れば、資産の振れ幅は大きくなるため、大儲け出来る可能性がありますが、大損する可能性もあります。

どちらが良いのかは、正直に言うと【人それぞれ】です。

多額の資産を既に所有し、その資産を守りたいと思っている人は、安定的な分散投資が良いでしょう。
逆に、元手が少なく、全て無くなったとしても問題が無い場合は、集中投資するのも良いでしょう。

資産の大きさだけでなく、投資する方の年齢も関係してきます。
定年間近・既に定年している人が、危険な投資をするのは出来るだけ避けたほうが良いと思いますが、年齢が20~30代と若く給料による安定収入がある人は、リスクを取って集中投資するのも良いでしょう。

【ハイリスク・ハイリターン】商品にどれほどの資産を割り当てれば良いかという目安ですが
一般的には100から自分の年齢を引いた割合を【ハイリスク商品】のみでしても良い割合と計算するのが良いようです。

例を出して書きますと
年齢が20歳の人が投資をする場合、8割の資産をハイリスク商品で運用しても大丈夫ですが、年齢が80歳の方は、ハイリスク商品は2割に抑えて、8割を安定資産や分散投資で運用するのが良いようです。

何故このようになるのかを簡単に書きますと、若くて仕事が出来るうちは、終了による安定収入があるので投資で少しぐらい失敗しても何とかなりますが
その一方で、年をとった場合は安定収入が年金ぐらいしか有りません。
投資で失敗した場合に取り返しがつかなくなる上、年を取って大金も持ったところで使い道もありません。
贅沢に使うといっても、良い老人ホームに入るぐらいです。

負けたときの危険性が高いにもかかわらず、儲けた時に使い道が限定されるので、年を取ってからハイリスク商品を買うよりも、若いうちに勉強がてらハイリスク投資をするほうがよいという事ですね。





関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/140-054c394d