FC2ブログ

ハイパワー・マーケティング



ハイパワー・マーケティング
著 ジェイ・エイブラハム

この本は、題名の通りマーケティングの方法をまとめた者です。
アメリカで万単位の顧客を持ち、一回のセミナーで100万円を超えるというマーケティング界のカリスマが書いた本という事で、アマゾンレビューでも高評価が高かったので買ってみました。

読んだ感想としては、社会人であれば読んでおくべき本と行っても良いほどの良書でした。

本の内容的には、僕が過去に紹介してきた良書である【7つの習慣】や【マネジメント】同じような事も書かれているのだが
【7つの習慣】と【マネジメント】が『企業は利益だけを追い求めてはいけない』と事業を通して社会貢献しなければならないという主張なのに対し、【ハイパワー・マーケティング】では『どうすれば儲けられるのか』『ライバルに差をつけて業界でリーダー的な立場になるためにはどうすべきか』という事を前面に押し出して書いてある。

社会貢献・お金だけを求めてはいけない。という主張にアレルギーのある方は、ハイパワー・マーケティングを読むことをお勧めします。
頻繁に『儲ける為には』という言葉が出てくる為、読む意欲を継続できると思います。

上でも書いていますが、書いてある内容としては『お金が手に入ればそれで良い。どうすれば客からボッたくれるか』という事を考えている人は、結果的に儲ける事が出来ないと書いてあります。
その上で儲けようとするのならば、仕事に対する考え方を改めなければならないと主張されています。

この本に書かれていることを、例としてあげてみようと思います。

自社のサービス・商品を購入してくれる人を、【顧客】と考えるのではなく【クライアント】と考える。
この2つの言葉の違いは、【顧客】が自社の製品・サービスを購入する人なのに対し
【クライアント】は、自社が保護すべき対象である。
だから、クライアントとは利益に直接関係無くても友人の用に気にかけなければならないし、クライアントが自社が提供するものに対して不安を抱えているのであれば、その不安を取り除く行動を取らなければならない。

また、クライアントが間違った道に進もうとしている場合は、助言する事で正しい道に導かなければならない。
クライアントの相談を受けた結果、クライアントが本当に欲しいと思っているものが安価なものであるのならば、クライアントが高価なものが欲しいと口で言っていても、アドバイスをした上で安価なものを進める必要がある。
もしクライアントが本当に欲しているものが自分の取扱商品で無いとわかったのなら、ライバル会社に紹介するといった事まで考えなければならない。


この様な考えを持った上で、自分達が提供するサービスや商品を見直し、同業他社と比べて勝っているところを見つけ、その部分を多くの人に知ってもらう方法が書いてある。
自分が提供するサービス内容ぐらい知ってるよ!と思われる方もいらっしゃるでしょうが、本の途中で出てくる自分の仕事についての50の質問というのが有るのですが、その問いに即答できる人は少ないと思います。
その質問に応えるだけで、やらなければならないことが何個か思いつくことでしょう。

ここに書かれていることは、基本的にはコストが余りかからない方法が紹介されているので、この本を読んだ人は直ぐにでも何らかの行動を取れると思う。
それは、自分の仕事に対する意識改革かもしれないし、営業活動かもしれない。

本の中では、過去に担当したクライアントの事例を挙げて様々な職業について出来る事が書かれている。
その為、書かれていることをそのまま実行する事も出来るし、書いてあることを自分の業界に当てはめて改良する事もし易い感じになってます。


読むことで、確実に業績が上がる事は保障できませんが、現状を変える為の何らかのアイデアは浮と思います。
そして、より具体的な目標を持ち、その目標に向かって前進する事が出来るでしょう。

まだ読んでいない方は、是非読んでみてください。

最後に
個人的には、最後の【監訳者からのメッセージ】の部分は読むことをお勧めしません。






関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/126-f414f76a