FC2ブログ

初心者の経済入門 ~リスクとリターン

今回はリスクの意味について書いてみようと思います。

リスクは、一般的には【危険】という意味と同じだと思ってらっしゃる方もいるでしょうが、経済関係の話題で【リスク】という言葉が出てきた場合、【危険】という意味ではありません。
経済系の話で【リスク】という言葉が出てきた場合の意味は【不確実性】です。

【不確実性】と聞いてピンと来ないかも知れないですが、簡単に説明すると
確実に起こる・またはかなりの確率で決まった結果になる場合は、リスクが低い。
その一方で、どのような結果になるかが解らない状態のときは、リスクが高い状態といえます。

具体的に例を出しましょう。
高さ100メートルの高さから落下した場合、飛び降りる事で確実に死ぬわけだから、リスクはゼロになります。
夜景1

では、2メートルの高さから落下した場合はどうなるでしょう?
階段

2メートルの高さだと、落ち方によって結果が変わりますよね。
足から落下した場合は死ぬ確立は少ないですが、後頭部を打ち付けてしまうような落ち方だと死ぬ可能性もあります。
つまり、2メートルの高さからの落下はリスクが高い事になります。

リスクの意味は解ってもらえたと思うので、今度はリスクに関する言葉の意味を考えてみようと思います。


資産運用に関する説明で、【ハイリスク・ハイリターン】【ローリスク・ローリターン】という言葉を聞いたことはありませんか?
ここで、リスクに対して使われている【リターン】についても説明しようと思います。

リターンとは、利益のことではなく【収益率】のことです。
収益率の中には、利益と損失が含まれているので、ハイリターンということは大きな収益を受け取れるか大きく損をするという意味です。
つまり、損失と収益の幅が大きい事がハイリスクであり、損失・収益がそれぞれ小さな幅で限定されていればローリスクという事になります。


【ハイリスク・ハイリターン】【ローリスク・ローリターン】この二つの言葉の意味を簡単に説明すると
不確実性が高ければ高いほど、損失・利益の幅が大きくなる。その一方で、確実性が高い場合は収益・損失は一定幅で限定されるという意味です。

この言葉の意味を理解すれば、【ハイリスク・ハイリターン】【ローリスク・ローリターン】という二つの言葉は、投資対象ごとに当てはめるのではなく、一つの物事について同時に存在する事がわかります。
同じ事をする場合でも、取り組む際のアプローチの仕方によって【ハイリスク・ハイリターン】【ローリスク・ローリターン】にもなるということです。

具体的に例を挙げて考えて見ましょう。

あなたが飲食店を開店しようと思ったとする。
店舗

飲食店経営に何の知識も無い場合、無茶な経営計画を立てれる。
席が30席だったとした場合、30席が絶えず埋まって、しかも1時間で完全に入れ替えが起こった場合、人一人あたりが5000円ぐらい使ってくれれば・・・
なんて事も想像できる。
その一方で、開店したのは良いが、客が連日全く入らなかった場合、店の維持費を考えるとかなりの赤字が出るといったマイナスの資産も出来る。

この場合、店の経営に何の知識も無いので不確実性はかなり高いので、【ハイリスク】となり、店の収益の幅もかなり広くなるので【ハイリターン】となる。

しかし、同じ系統の飲食店で働いてその業界のことを知り、自分のターゲットとなる見込み客が一定割合で存在する場所を探して開店する等のリサーチをする事で、店を開店したときの期待収益を計算する事が出来る。
その予測は完全には当たらないかもしれないが、赤字額と黒字額の幅は縮まる事となり、不確実性も何の知識も無い時と比べて減少することとなるので、【ローリスク・ローリターン】となる。

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/125-8eca89b2