FC2ブログ

初心者の経済入門 ~金利

今回は、金利の話です。

身近にある金利といえば、銀行や郵便局などに預貯金をした時に貰える【受け取り金利】と

銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りたときに支払わなければならない【支払い金利】などがありますよね。

あの金利って、一体何を基準に決められているのでしょう?

今回は、そんな金利に関わるお話です。

金利には、長期金利と短期金利が存在します。

長期金利はそのままで、長期的にお金を借りたり預けたりした場合に適用される金利です。

短期金利はその逆で、短期的な資金の貸し借りに適用されます。


具体的に例を挙げると

借りる場合では、住宅ローンや企業が設備投資をするために長期的にお金を借りる時には長期金利

預ける場合では、10年定期の預貯金などがこれに当たります。


短期金利は

預ける場合では、いつでも引き出す事が可能な普通預金

借りる場合では、企業が運転資金や目先の決済の為に借りる金利のことです。


この2つの金利は、基本的には短期金利の方が低く、長期金利のほうが高いです。

金利は、貸し借りの期間が短くなれば短くなるほど低くなり、期間が長くなれば長くなるほど高くなる傾向になります。

銀行預金で例えると、1年定期よりも10年定期の方が利率は良いですよね。

この様な期間と金利の関係ををグラフにすると右肩上がりの曲線の様になる為、期間と金利との関係をイールドカーブ(利回り曲線)と呼ばれます。

イールドカーブ


何故この様な形になるのかといえば、目先の事は簡単に予測する事が出来ますが、長期的なことは予測する事が難しいですよね?

その【予測する事の難しさ】が、金利の上昇という形で現れているのです。

今の日本で例えると、日本の短期金利はほぼゼロです。

その短期金利と同じほぼゼロ%の金利で10年先までお金を貸す契約をしちゃった場合、もし10年後に景気が良くなってて全体的に金利が上昇していたら、損する事になりますよね。

その損失が出てしまう可能性(リスク)の分だけ、長期金利は高くなります。

普通の状態では基本的に右肩上がりの曲線なのですが、経済状態によっては期間と金利との関係も若干変わる事があります。

例を挙げると

イールドカーブの【フラット化】【逆イールドカーブ】【スティープ化】などですね。

イールド種類

画像借りました
http://www.nsspirit-cashf.com/yougo/yougo_yield_curve.html

【フラット化】は、その名の通り、短期金利と長期金利との金利差が縮まって、イールドカーブが水平に近いフラットな形になってる状態です。

【逆イールド】は、イールドカーブが逆方向になっている状態。

【スティープ化】は、長期金利の上昇の仕方が急激になっていて、カーブの角度が急になってる状態です。


専門用語やその意味を覚える形で勉強を進めるよりも、何故その様な形になるのかを考える方が経済を理解する近道だと思うので、上の3つの単語は無理して覚えなくて良いです。

後に、何故そのように成るのかを書いて行こうと思うので、そちらを参考にしてください。

それでは次回は、金利の決まり方について。



ランキングに参加してます

良ければポチッとb





関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/103-06f03f59