FC2ブログ

グローバリゼーション その2

先進国と後進国の支出の問題について

何がどう違うのかというと、簡単に言うと消費の勢いが違います。


前回の日記で

給料が上昇しない状態でゆとりある生活を仕様と思うと、無駄なものを省かなければならない

と書きましたが、これは言い変えれば省けるような無駄が生活の中にあるという事ですよね?


今日本で一人暮らしをしようと思えば、贅沢を言わなければ生活道具一式ぐらいは初任給で買えると思います。

レンタル市場や家具備え付きの部屋などもありますし、普通に暮らすのにそこまで困る事って無いですよね?


一方で後進国の方は、まず普通の暮らしを手に入れるところから始まるわけですよ。

省ける無駄なんてあるわけが無い。。


電化製品や自動車といった大型消費というのは3パターンぐらいしか無いらしいです。

新規に買う人・壊れた事によって買い変える人・新しいモデルがでた事で買い変える人

このうち、新規に買う人の消費エネルギーっていうのが物凄い。

何がって、テンション的に凄いでしょう。。


日本も昔はそうだったはず。

町内の金持ちの家に初めてTVがやってきたとき、『いずれ自分も買ってやる!!』というエネルギーは物凄かったはずです。


なので、後進国の人達は少しでも暮らしやすい環境を作るためにガンガン消費します。


国内の消費意欲が強いと、その国の経済も当然強くなるわけで

経済が強くなると国の税収も増えるわけで・・・


公共事業もガンガンやるわけですよ。

後進国の場合は、日本のようにやってもやらなくても良い公共事業ではなく

インフラ整備がかなり遅れているため、やらなくてはいけない事業がかなりありますしね


で、インフラ整備をするために大規模な公共事業をやると土木関係で雇用が増えるので、労働市場の需給が絞まって給料が上がると・・・


インフラがある程度整い国民の所得が上昇していき尚且つ財政的に問題が無ければ、その国の通貨自体が他国と比べて高くなっていく。

通貨が高くなると外国製品が安く輸入できるため、更に購買力が上がると。

輸入品が安く手に入るのにインフレになるの?って疑問に思うでしょうけど。

日本のケースを思い浮かべると分かりやすいと思います。

よく『○○年前の100万は今の○千万』とかいうのを聞いたことあるでしょ?

今の日本は昔に比べると確実にインフレは進んでますが、物を買う労力は減ってるでしょ?

それと同じ事が後進国で起こるのですよ。


こういった感じでお金がいい感じで循環しやすい状態になる可能性があるのですよ。

こういう循環が加速していくと、いずれバブルになるんですけどね。

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dorufurusu.blog33.fc2.com/tb.php/10-9031c915