FC2ブログ

理想体型に近づくための効果的な方法

ダイエットをするにおいて多くの人が達成目標として、体重何キロ減というのを掲げて実行しているのではないでしょうか。
この【体重何キロ減】という目標は、ハッキリ言うと余り意味が無い目標値です。
体重目標のみを目的にダイエットを行っても、効果は薄いと思われます。
次に意味が無いのは、目標値に【ウエスト-〇〇センチ】といったもの。
では何故意味が無いのか、その理由について書いていこうと思います。

体重減少・部位の数値を目標においている人は、ダイエットを始める動機をもう一度思い出してみてください。
ダイエットを行っている人は、何の為にダイエットをしているのでしょう?
ただ単純に、体重を減らすためだけにやっているわけではないはずです。
【好みの服を着たい】とか【人から注目されたい】【異性にモテたい】など、理由はいろいろあるでしょうが、【体重が〇〇㌔減った】と言いたい為にダイエットをしている人は少ないと思います。

体重減少やウエスト減少を目標にしてダイエットを行なっている人は、目標数値をどのようにして割り出してるのでしょうか?
殆どの人が、切りの良い数字
例えば【体重40㌔台】や、【ダイエット開始から10㌔減】【ウエスト5センチ減】などを目標にしているのではないでしょうか。
この目標設定は、全く意味がありません。
目標体重の数字自体に意味がなく、その目標を達成したからと言って、理想的な体を手に入れられるわけではありません。
何故ならその目標数値は、理想的な体型を最初に置き、そこから逆算してだした目標数値ではないからです。
ただ単純に、【キリの良い数字】というだけです。

ではどうすれば良いのか。
結論から言うと、目標を数字から体のイメージに変えるほうが良いです。
極端にいってしまえば、ダイエットをして体重が全く減らなかったとしても、【人から良く見られる】【好きな服が着れる】体型を手に入れられれば良いわけです。
なら、目標とする体型をイメージしてから目標体重を逆算して、その目標数値を目指すという周りくどいことをせずに、目標そのものを【体型】にしてしまえば良いわけです。

またこの方法であれば、間違ったダイエット方法を行うことも少なくなります。
間違ったダイエット方法とは、目標数値を掲げ、その数値に向かって突き進むダイエット方法です。
真面目な人であればあるほど、目標に向かって過剰なダイエットをしてしまい、体を壊しがちです。
目標値を体重にすることは、意味が無いだけでなく体を壊す原因になりかねません。

では、理想的な体を目標に設定する具体的な方法を紹介します。
最も簡単で有効なことは、理想とする体型を既に持っている人を、観察することでその人の体型を頭の中に入れてしまうことです。
簡単な方法としては、理想とするモデルなどの写真を観るといったことも効果的です。
毎日見続けることで、自分の体でどの部分が太く、どの部分が細いのかが分かってきます。

もうひとつの方法は、実際に近づきたい体を持っている人を見ることです。
写真ではなく実物の人を見ることで、よりリアルに理想体型を頭にインプットできます。

簡単な2つの方法をあげましたが、注意点があります。
それは、一人の人を見続けないほうが良いということです。
より多くの理想体型を観て、共通部分を見つけ、自分の体の場合どのようにすれば理想体型になるのかを考えるようにしましょう。
他人の体というのは、身長や肩幅などの骨格がそれぞれ違うので、一人の人を見続けたからと言ってその通りの体になるわけではありません。
より多くの人を見て、美しく見える体の共通点を見出し、自分の体のどの部分を改善すれば理想体型に近づけるかを考えることが近道です。

その結果として、絞らなければならない部分も出てくるでしょうが
逆に、肉を付けなければならない部分も出てくると思います。
筋肉をつけたほうがバランスが良くなるのであれば、体重が増えたとしても筋肉をつけるべきです。
このことによって、体重そのものは実際に減らなくても、バランスの良い理想体型に近づけます。

英語学習 一日目

突然ですが、英語を勉強することにしました。
英語を勉強するのに、僕がまず最初に考えたのは【駅前留学】
しかし、調べるとそれなりにコストが掛かるようです。
初心者クラスであれば、月4時間で1万円程度で習うことができるようなのですが、レベルが上がれば上がるほど価格は上昇していく傾向にあるようで、最終的には月2~3万円ぐらいかかってしまうようです。
他にもネットで調べたりして情報収集したのですが、どれが一番良いのかが分からずじまい。
その事を、たまに行っているBARで相談したところ、そこのバーテンさんが、1時間2500円で教えても良いと提案してくださったので、取り敢えずそれに乗っかってみて勉強してみることにしました。

そのバーテンさんはどんな人物かといいますと
バーテンを本業でしているのではなく、本業は京都大学大学院に通っている学生で、ドイツ文学を専攻していて、長期間ヨーロッパに留学していた経験もある人物。
人生の半分ほどを京大で過ごしていて、勉強自体もかなり好きなようなので、頼ってみることにしてみました。

その方(以下先生)が仰るには、英語を勉強するのに一番必要なものは、【動機】のようです。
これは、英語を勉強しようとネット検索で情報収集したときにも同じ意見を見かけたのですが、動機が有るのと無いのとではモチベーションがかなり変わってくるようです。
英語に限らず勉強は、どれだけ長時間、コツコツと積み重ねることが重要なので、モチベーションの維持こそが重要のようです。

僕の英語を勉強しようと思った動機ですが
最近は情報技術が進み、誰でも簡単に海外の情報を入手したり、海外の人と知り合える状況になってきました。
フェイスブックやゲーム機の通信機能を使えば、無料、もしくは低コストで情報収集や海外とのコンタクトも取れるため、大変便利にはなってきましたが、それらのインフラも英語が使えなければ価値は半減、いやそれ以上に下がってしまいます。
逆に、英語さえ使えれば、インターネット環境を日本語だけで使っていた時よりも10倍以上有意義に使えると思い、勉強してみようと思いました。
その為、まず必要なのは読み書きの能力で、もし可能なら話せればいいかなと思って勉強しています。

ということで
このカテゴリーでは、僕がやっている英語学習の事に関することを書いていくつもりです。
僕と同じ様に今から英語を勉強する方や、務めている会社の方針で英語を勉強しなければならない人たちの役に立てれば幸いです。

先生が仰るには、中三レベルの文法が完璧に出来れば日常会話程度なら話せるようになるらしいので、取り敢えずそのレベルまでには到達したいと思います。

英語学習 二日目

英語学習で、僕がまず最初にやったこと(やらされたこと)は、簡単な英文の和訳。
何故、和訳をやるように言われたかというと、教えて頂いている先生に、英語能力がどの程度かを見て貰う為。
教える側としても、どのレベルなのかが分からなければ、教え様もないということでしょう。
僕が英訳するように指示された文章は、【ラダーシリーズ】のLv1のもの。
レベルで言うと、英検4級 toeic 300点以上。



このシリーズは、中学レベル~中級者向けに、優しい単語で書かれている分で、単語の復習や文法の勉強に持ってこいらしいです。

ちなみに僕は、中学の時に英語の勉強を諦めてしまった為に、かなりボロボロでした…
ここで、改めて自分のレベルの低さを再確認できました。。
自分で独学で勉強をすると、最初に何をやるべきかのかが分からずに無駄に時間が過ぎていきがちですが、先生について貰うと何をすべきかを教えてくれるので、その点で、人に教えてもらうのは良い所ですね。

僕がまず最初に復習するように言われたのは、中学の時に最初にやった、主語とbe動詞の暗記。

単数の I You She He It
複数の We You They

と、それに対応するbe動詞

単数 am are is
複数 are are are

過去形単数 was were was
過去形複数 were were were

大卒の人から見れば常識レベルの事ですが、中学で英語の勉強を諦め、高校を卒業してから15年ほど経っている人間は、ここからやり直さなければならないようです。
一回2時間の授業したが、雑談などを混ぜつつ勉強していると、この辺りで2時間が経過。

課題として、主語・be動詞の丸暗記と、上で挙げたラダーシリーズの和訳の続きをしてくるように言われました。

今回の授業でわかったことは、単語力の無さと文法などの基本的な部分が理解できていないこと。
欠点がわかれば、やるべき事もそれなりに分かってくるわけでして、出された課題以外に自習という形で家で勉強を始めることにしました。
その事についてはまた次回に。

英語学習 三日目

前回は、be動詞や主語の基本的な部分を勉強しました。
授業は基本的には週一回のペースでお願いしている為、学習の大部分は家出の自習ということになります。

僕は社会人なので仕事をしているのですが、得意先の大半がお土産物関係の為、京都への観光客が少ない夏・冬は暇な事が多いので、この時間を英語学習に当てました。
最初は次週のやり方が分からなかった為、前回紹介したラダーシリーズの和訳を、出された課題以上に先まで進めるという事をやっていました。
英語の基本などがまだ分かっていなく、覚えている単語の量もかなり少ない為、頻繁に辞書を引きながらの和訳ということで、1ページを訳すだけで1時間ぐらいかかってしまいましたが、それを1週間で40ページ分程行いました。
ちなみにラダーシリーズでは、本の最後に作品中で使われている単語の意味が書かれている為、本来であれば辞書を引かなくても良いのですが、英語を教えていただいている先生が『辞書を引く習慣をつけたほうが良い』という指導方針だったので、辞書を引いて和訳していました。



和訳をやっていて実感したことは、文法などが曖昧であっても簡単な文ならそれなりには和訳出来るということですね。
そして一週間程英語に接していると、英語の文章に慣れてきた為か訳すスピードが早くなり、最後の方には1ページ30分程で訳すことが可能になっていました。
当然、基本的な部分を押さえていないので、訳が間違っている部分や、訳す過程で理解出来ない部分も多く出てきたのですが、それでも訳す時間は半分ほどに減っていました。
自分のレベル似合った、または自分のレベルよりも少し高めの難易度の英語で書かれた本を読むというのは、英語学習で結構効果的だと思いました。

自習を終え迎えた次の授業は、訳の答え合わせと、間違った部分や僕が和訳をする際に理解が出来なかった部分を教えてもらうという作業をしました。
そして、この日の暗記項目は、主語の変化。
主格・所有格・目的格ってやつですね。

一人称I my me
二人称you your you
三人称he his him
she her her
it its it  などですね。
これと、前回やったbe動詞の一覧を復習し、この主語とbe動詞を対応させるという作業をしました。
先生が仰るには『理想としては表が完全に頭に入り、この主語は三人称単数だからこのbe動詞というのが、考えなくても出るぐらいになるのが理想』と仰ってました。

前にも書きましたが、中学で英語の勉強を諦めてしまった人間にとっては、これぐらいから入らないと駄目なんですよ。
大卒の人、バカにしないでくださいね。

この授業が終わった後ぐらいから、自分の単語力のなさを痛感。
授業後に、次の授業までにやっておくべき課題の他に、家出の自習で単語の暗記をすることをにしました。
単語の暗記については、また次回に書いていこうと思います。

リバウンドしないダイエット方法

ワイドショーなどで、毎週の様に紹介される最新のダイエット方法。
しかし、その殆どは効果が薄く、中にはデタラメなものも少なからず存在する。
では、本当に効果的なダイエット方法はどのようなものか。
実はダイエット方法には、昔から存在する王道があり、その方法は今でも変化していないようです。

そう感じた経緯について軽く説明しましょう。
僕はスポーツジムで運動を終えると、フロントに設置されているカウンターでプロテインを飲んでいるのですが、先日ジムに行った際、いつもの様にトレーニング後にカウンターに行くと、そこにダイエット方法を書いた記事がコピーされて置かれていました。
プロテインを作って頂いてから飲み干すまでの間に、そのコピーに目を通していたのですが…
読んでびっくり。
その内容は、僕がトレーニングを始めた13年ほど前に勉強したダイエット方法とほぼ同じでした。
何故そのコピーを読んで驚いたのかというと、そのコピーは、最新号のボディービル雑誌の販売促進用に、1ページだけコピーされてラウンジに置かれていたものだったからです。
つまり、今月号の雑誌で紹介されているダイエット方法と、僕が13年前に勉強したダイエット方法は同じということです。
この10年間だけでも、様々な技術が発達して新たな理論が出てきたとは思いますが、そんな理論や技術を跳ね除けて、ダイエットの王道は存在し続けてきたということになります。

因みにこのダイエット方法。
リバウンドが有りません。
このダイエット方法が気になる方も居らっしゃるでしょうから、この機会に紹介させて頂きます。
やるべき事は3つ。

・炭水化物の摂取を控えてタンパク質の割合を増やした食事を取る。
・飽和脂肪酸の摂取を出来るだけ控える。
・運動をする。

この3つだけです。
まず最初の項目から説明しましょう。
人のエネルギー源となるのは、炭水化物・タンパク質・脂肪です。
脂肪については次の項目で説明しますので、今回は炭水化物とタンパク質のみに絞って考えます。
炭水化物の役割ですが、エネルギー源として使われ、必要以上に摂取した場合は脂肪に変換されます。
次にタンパク質ですが、タンパク質は筋肉の材料として使われるだけでなく、エネルギーが足りない場合はエネルギー源としても使用されます。
タンパク質の場合も炭水化物と同様に、必要以上に摂取した分は脂肪に変換されます。

この2の栄養素を比べた場合
炭水化物はエネルギー源としてしか使用不可能
タンパク質は、エネルギー源としてだけでなく、筋肉の成長・維持にも使える。
という違いがあります。
炭水化物中心の食生活でダイエットした場合は、筋肉の材料となる栄養素が不足する為、筋肉の成長・維持は出来なくなり、ダイエット中に筋肉が縮小していきます。
筋肉は人の体の中でエネルギーを消費して力を出す役割を持つ機関で、車で例えるとエンジンと同じです。
エンジンが大きいとより大きい力が出せる一方でエネルギー消費は大きくなりますが、エンジンが小さいと、力がでない上に消費エネルギー量は減少します。
つまり、炭水化物中心の食事で食事制限をしてダイエットをした場合、筋肉が収縮することによって太りやすい体質になってしまいます。
その一方でタンパク質を中心とした食事で食事制限をしてダイエットをした場合は、適度な運動をすることで、筋肉は縮小せずに維持できるだけでなく、運動量を増やすことで筋肉を成長させることも出来ます。
筋肉が増えるということは、一日の基礎代謝が上昇することとなるので、同じカロリー量を摂取したとしても太りにくくなり、カロリー量を抑えた食事にした場合、体重は減少することになります。
つまり、太りにくく痩せ易い体質となります。

続きはまた次回に。