スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオカミ少女はいなかった

最近読んだ本について書いていこうかなと

今回取り上げる本は、『オオカミ少女はいなかった』です


簡単な本の説明をしますと

一般の人の中には科学的根拠があるような紹介のされ方をされてはいるが

実際には科学的根拠があいまい、もしくは完全なでっち上げのトンデモ科学を紹介する本です^^

この本が問題点としてあげているのは

特に根拠も無いのに真実のようにして語り継がれてきているもの

本の中では『神話』と呼ばれていますが、それが今でも事実として教科書に載っていたり、教育現場で教えられている点を問題視しています。


そして、疑うことの重要性についても書かれています。


『疑う』という言葉はマイナスイメージがあり、『信じる』というのはプラスイメージがあるため

何でも疑ってかかることに対して抵抗を持つ人も多いと思いますが、そういう人は読んでみるといいかも?


ってことで、具体的な内容。

取り上げられてるテーマを箇条書きにすると


・オオカミ少女はいなかった

・まぼろしののサブリミナル

・3色の虹?

・バートのデータ捏造事件

・なぜ母親は赤ん坊を左胸で抱くのか

・実験者が結果を作り出す

・ぷらなりあの学習実験

・ワトソンとアルバート坊や   
 
                など


今回は、題名にもなってるオオカミ少女はいなかったについて。

最初に言っておきますが、本を読んだのは一回なので、内容はうろ覚えだったりしますw


オオカミ少女の存在が心理学などで重要視されているのは、置かれる環境によって人はどのように変わるのか?ということで

人間として生まれた子供がオオカミに育てられたことで、オオカミと同じような行動をとってしまったという出来事は

環境によって、人の人格形成に大きな影響を与えると主張している学者にとっては、かなり重要な出来事だったわけです。


この『オオカミ少女』の存在を言い出した人は、観察日記という形で写真つきで記録をとっていました。

ここまでは、ありそうな話。

お金に困った人やスポットライト症候群の人が、突拍子も無いことをでっち上げて世間に出てくるケース。

この『オオカミ少女』の観察日記が何故ここまで有名になったかというと、2人の学者がお墨付きを与えちゃったことが原因らしいです。


世間の人にとって『学者』というタイトルは絶対のようで

『学者』のお墨付きを得れば、どんなことでもまるで真実のように扱われます。


じゃぁ何故、ありもしないことに学者がお墨付きを与えたかというと、その学者の持論『環境優位説』が大きく影響している。

『環境優位説』というのは、人として生まれても人として扱われないような環境で暮らすと人として成長できないというもので、『オオカミ少女』の出来事はまさにこの理論を証明するような出来事だったのです。

人はある立場に立つと見えている情報でも見えないもので・・・


例を挙げると、自分の応援している野球チームがあって、その試合を見に行った場合。

応援しているチームのいい所ばかりを探して、逆に敵チームの悪いところばかりを探し、精神を落ち着かせたりテンションをあげたりすることってないです?


基本的にはそれと同じようなものだと思うんです。

自分の持論を証明するような出来事が起こった為、『それが本当であって欲しい!!』という目で観察記録を読んだ為、お墨付きを与えるような結果になったのでしょう。


具体的に『オオカミ少女』の話が嘘の可能性があることを箇条書きしますね

・そもそもオオカミの乳を分解する能力が人には無いので、オオカミに育てられることは不可能

・観察日記の写真は数週間や数カ月おきに撮られているが、写真のレイアウトが全て全く一緒。

 同じところで撮ったのでは?と思う人がいると思うけど、後ろに移っているテーブルクロスのしわまで同じ形で、構図も寸分変わらない。

 本当に時間を空けて撮ろうと思った場合は、数ヶ月にわたって三脚でカメラを固定する必要がある。
 
 もちろん、テーブルクロスに手も触れてはいけない。

 普通に考えると、同じ日に数枚とって日にちを変えたと考えるのが適当。

・オオカミ少女が走るときは、手を地面について4足歩行の動物のように走り、その速度は大人が本気で走っても追いつけないほどとの記録があったが
 
 人の骨格は二足歩行用に出来てる為、4足歩行でそんなスピードが出るはずがない。

 (もし出るならオリンピックの陸上競技は、みな4足歩行のはず)

・夜になるとオオカミ少女の目は、野生動物と同じように青白く光ったとあるが、人の目はそんな構造をしていない。

・オオカミ少女は、スルスルと木に登ったとの記録があるが

 そもそもオオカミは木に登らない。

 (インドにはオオカミが気を登るという言い伝えがある。だが、実際には登ることはない。)

・一番最初にオオカミ少女が村人に発見されたときの地元新聞の記事では、何もいないトラの穴で少女が発見されたと書かれている。

・オオカミ少女はその後、観察日記を書いた著者に引き取られるが、引き取られた後は彼が営む孤児院以外の人は彼女たちを見ていない。


など。

詳しい内容は、本を読んでお確かめください




スポンサーサイト

まぼろしのサブリミナル

『まぼろしのサブリミナル』

サブリミナル効果は結構有名ですが、一応説明を。

TVや映画で、人が認識できないぐらいの短い時間にメッセージを挟むと、人はその通りの行動をとってしまうというもの。

具体的にいうと

TV放送の時に、何十分aの一秒という短い時間に『コーラを飲め!』と文字を書くと、コーラが飲みたくなるという感じ。


今回のテーマは、サブリミナルの前に『まぼろしの』と付いてるところから想像できるように

サブリミナル効果というものは存在しませんよというものです。



そもそも科学的な理論というものは、その筋の専門家が論文を書き、学会で発表するなどして表に出てくるわけですが・・・


このサブリミナル効果というものを最初に言い出した人は

科学者ではなく、学生でも無く・・・


広告代理店の営業マンが言い出したものなのです。


当初この営業マンは

『3000分の1秒という瞬間にCMを流せば、その効果は絶大だ!

 試しに映画館でコーラとポップコーンの3000分の一秒のCMを流す実験を半年にわたってやったところ、その前の半年に比べて売り上げが伸びた!』

と言ったらしいです。


しかし、ここで2つの疑問。

普通に放映されている映画に、3000分の一秒のCMを挟むというのは、今現在の技術でもかなり難しいらしく、この時代に果たしてそんな機材があったのか

次に

半年前と比べてと言っているが、どの半年と比べたのか。

例えば

最初の半年を10月~3月とし、サブリミナル実験を行ったのが4月から9月とした場合どうだろうか。

最初の半年は大雑把に言うと冬。

実験期間は初夏から盛夏。

CMなんか流さなくても、黙っていても夏の方がコーラの売り上げは伸びるし、コーラを買ったらアテのポップコーンの売り上げも伸びるだろう。


この広告代理店の営業マンは、論文なんて書いてないので実験の詳細は書いていない。


世が普通の時代なら、こんな話はでっち上げとして葬られていたかもしれないが

何故ここまで有名になってしまったかというと

このサブリミナル効果が発表された時期が悪かったようです。


この発表の少し前に、ナチスドイツのヒトラーが物凄いカリスマ性を持ち、様々な行動を起こしていたんですね。

で、何故ヒットラーにそこまでの求心力があったのか?という研究がされていたらしいのです。

理性を持って考えれば無茶な行動なのに、何故ヒトラーに民衆はついていったのか。。。


ここで、『潜在意識に働きかけるような何らかの方法をヒトラーは知っていて、それを使用したのではないか?』

という考え方が出てきたんです。

ってかたぶん、どう考えても納得のいく答えが出なかったので、未知の知識や技術が有ったのでは?と考えるしかなかったのかもしれないです。


そこに登場したのがサブリミナル。


もしサブリミナル効果が実在するなら、民衆を思い通りに動かすことも可能!!

独裁者は、この方法で民衆を洗脳したのかも!!

って感じで

ヒトラーの求心力についての解釈と、サブリミナルの効果が合致。


アメリカは急いで『サブリミナルの使用や研究の中止』というのを法律で決めちゃったんです。

アメリカ政府がサブリミナルの効果を信用した理由はもう一つあって、『閾下知覚』という研究です。

『閾下知覚』は、感覚としては感じないぐらいの弱い刺激が、人の無意識に働きかけて行動に影響を与えるというもの。

人間に感知できないぐらいの短いCMというのは『閾下知覚』とよく似ている。

そんなこともあって、国はサブリミナルを禁止に。


前回、人は学者というタイトルに弱いと書きましたが、同じように国ってタイトルにも弱いんですw


前回のインフルエンザ騒ぎを思い出してもらえれば分かると思いますが^^


国がそんなに急いでサブリミナルをタブーにするって事は、本当に効果があるに違いない!って人々は思っちゃったのですね。


広告代理店の営業マンからすれば、ここまで大事になるとは思ってなかったみたいで

事を治めようと

『あの実験は期間や対象人数の点からしても信憑性がないです!』

って言ったんだけど、後の祭り。


出来心で山に放火して山火事になった場合、一人で鎮火できないのと一緒で

一度広まった話は幾ら本人が『嘘だってば~』と言っても誰も見向きもしないんです。


じゃぁ、この広告代理店の営業マンは何がしたかったのかというと

後日、こんなことを本人が話してます。

『せっかく3000分の1秒でCMを挟める機械を作って、これからそれを売りさばいて儲けようと思ったのに。。』

営業マンは、効果があるかどうか分からないサブリミナル効果を商売にしようと思ってただけなんです。

3000分の1秒なんて目で確認できないんだから、適当なそれらしい機械を作って商品にすれば売れるだろうと。。


結果、本人が思ってたよりも大事になってしまい、商売どころではなくなってしまったって感じ。


本人が『サブリミナル効果に確実な効果は無い』と自白した以外に

上で挙げた閾下知覚の専門家も『サブリミナルなんて信じてる奴の方がどうかしてる』といっている。

閾下知覚の専門家の間では、すぐに嘘だとわかるでっち上げだったよう。

後日政府側が、広告代理店の営業マンを呼んで立会いの下にサブリミナルの実験をしたらしいです。

その時に用意されたのは、24分の1秒の『コーラ』のCMを挟むという手法。

上でも書いたけれども、3000分の1秒のCMを挟む機械は技術的に作れなかったみたいですw


で、実験結果。

実験に参加した一人は







『わしゃ ほっとドックが食いたくなったよ』といったそうです。

詳しい内容は、本を読んでお確かめください




三色の虹

『3色の虹?』

物凄く簡単に言うと

色を表す言葉が100語ある地域に住んでる人は、100種類の色が見えている。

逆に言うと

色を表す言葉が3つしかない地域に住んでる人は、3色しか見えてないの?

って事です。


作者は

『んなわけね~だろwwwww』

って事で反論してます。


この理論を突き詰めると、言葉がない・もしくはしゃべれない場合はどうなんだ?って事で

オラウータンに色の差をどの程度見分けられるかを実験。

大体オラウータンも、人と同じ色の見分けが出来た。

人の場合も、地域にかかわらず大体同じような見分けが出来ている。

具体的には、白・黒・灰色などの明暗を除くと、7±2の見分けができていたらしい。

つまり、5~9この色が区別できたって事です。

なんで7±2という書き方をしたかというと、7という数字が魔法の数字と呼ばれていて

人間がパッと見て認識できる物の数は7個ぐらいであるという理論があるらしい。

虹が7色といわれているのも、マジックナンバーが関係しているのかもしれない。


少し話題はずれるが、色を表す言語が3つしかなかった部族の言葉には、雪を表す単語が3つ(別の調査では7つ)あって、水を表す単語は2つ有ったらしい。

上の理論で行くと、この部族は降ってくる雪が2種類に分かれて見えるはずなんだけど、上の理論を唱えた人は、この時は別の解釈をしているみたいだった。


このほかにも、遠近法を勉強してないような知能が低い人は、遠近的錯覚は起きないとか云々・・・


要は

色の区別は色に対応する色の名前を知っていなければ認識できない。

遠近法も、どういうものかが教えられなければ、絵や写真を見てもどちらの物が前後にあるか認識できない。

時間を表す言葉がない人は、時間の流れを感じていない。

つまるところ

適切な教育を受けていない物は、見たり感じている世界も違うって事らしいのだけれども、本の著者はそれに反論。


遠近法を教えられなくても、遠近法をちゃんと使ってかかれた絵を見ればそのように見えるし

色も言葉が無いからといって、その色が認識できてないわけではない


よく考えれば当たり前なんだろうけど、何故こんな理論が出てきたのか。。

多分、人種差別をしやすくする為なんじゃないか?

詳しい内容は、本を読んでお確かめください




【ビジネス書】トレードオフ

この本で著者は

世の中に様々な物やサービスが生み出され消えていく現在において

生き残っている企業には共通する法則がある、それが【トレードオフ】だ!


【トレード オフ】とは

一方を追求しようとすれば、他方は犠牲にしなければならないという考え方。


では、何を追及し何を犠牲にするのか。

それは【上質】と【手軽さ】である。


上質と手軽さ。

多くの人が、【上質】と【手軽さ】の両方を実現する事で、より多くの人の関心を引くことが出来、成功できると思っているが

実際には間違っている。

上質と手軽さは相反する物で、両方を追い求めるのは幻影を求めている事と等しい。

幻影を追い求める行動は、結果的に【上質さ】も【手軽さ】も手に入れることが出来ず、【不毛地帯】に突入してしまう。

どちらか一方だけを追い求める事こそが重要だと主張しています。


そして、実際の物やサービスを例に挙げて、トレードオフの法則に基づいて、何故成功したのか、何故失敗したのかを検証していきます。

読んだ感想としては、納得できる部分もあり、考え方として知っていて損は無いと思わせるような内容ではありましたが

後半にかけて、理論そのものが曖昧になっていきます。


例を挙げてみましょう

納得できる部分

音楽業界が提供するサービスの【上質】と【手軽さ】を追求した商品とは

【上質】がライヴであり【手軽さ】MP3だ。

ライヴは、ただ生で音楽を聴くというだけでなく、その場に自分が存在したという経験を与えてくれる。

その経験は、何年月日が経とうと人に話す事が出来る出来事であり、同じ価値観を持つ人の前でその経験を話すとき、その人は幸福感に包まれる

正に【上質】の体験である。

その一方で

人気のあるライヴであれば、チケットを取るだけで競争しなければならず、日程も場所も主催者側が決める

決められた時間に会場に行く事を強制され、金額も決して安い物ではない。

手軽さとは程遠い。


その対極にあるのが【MP3】だ。

MP3音源は、家に居ながらにしてネットで格安で買う事が出来る。

正に【手軽さ】を極めているといえる。

しかし音質は悪く、上質とは言い難い。


そして、上質でも手軽でもない【不毛地帯】に入り込んでいるのがCDだ。

音質こそMP3よりは良いが、値段も購入手段も、手軽さという点でMP3に負けている。

また上質という点でも、ライヴに負けている。

近年の日本でのCD売り上げの低下にも見事に当てはまっている。


このような例が数件紹介され、そのいずれも納得できる物なのだが、後半部分で【トレードオフ】の定義が曖昧になっていく。

例を挙げると

ティファニーが若者向けに低価格商品を出した。

ティファニーには元々【上質】なブレンドイメージがあったため、低価格商品は物凄い勢いで売れたのだが

その後、今までヘビーユーザーだった顧客がティファニーから離れる現象が相次いだ。

ヘビーユーザーからすれば、【学生でも買える様なブランド品なんていらない】わけで、ティファニーは上質さと手軽さを求めて不毛地帯に入ったと結論付けしているのだが

その後のアップル・航空会社の解説では、同じことをしているにも拘らず成功体験として書かれている。

具体的には、アップルはI podを発売し、その後、低容量の低価格路線に変更する。

しかし、アップルはIフォンやI padを相次いで発売し、ブランドイメージを保つ事に成功!と結論を出す。


航空会社の件では、今までの各航空会社は価格を引き下げて【手軽さ】を求めた商品を一切出して来なかったのだが

ある航空会社が低価格商品を出してきた。

今、日本に参入してきたLCCのような物だ。

殆どの航空会社が【上質さ】だけを追求する路線をとっていたのに対し、【手軽さ】を前面に押し出した低価格航空会社が登場したため

上質なサービスを必要とせず、目的地に辿り付けさえすれば良い低所得の顧客は、一斉にその航空会社に流れ、格安航空会社は一気に大手企業に駆け上がったのだが

既存航空会社が新たなサービスを打ち立てたことで、格安航空会社は市場から撤退せざるを得ない状況になってしまった。

そのサービスとは何かというと、空席率に目をつけ、飛行機が出発する数週間前に予約を取れば、格安航空と同じような価格でチケットを変える事が出来るというサービスを提供したのだ。

既存航空会社は、今までは空席だった席を格安で売ることで、値段だけを気にしていた客層を取り戻したのだ。

既存の航空会社は、既に【上質】なサービスを提供していた為、価格の低下によって【手軽さ】をも見につけた為、【手軽さ】だけが売りだった格安航空会社は対抗する手段がなくなってしまったそうだ。

しかし、この既存航空会社が取った行動は、【上質】と【手軽】を同時に求める行動であり、トレードオフの理論からは外れる。


これらの例でもわかるとおり、【トレードオフ理論】はそれぞれのケースによって変わる。

その事を著者も気がついたのか、本を読み進めていくうちに『人が求める【上質】や【手軽さ】は、その人の価値観によって変わる。』

と言いだし、『【上質】や【手軽さ】は極めなくても、人が許容できるレベルをクリアーし照ればそれで良い』という理論に代わり。

【上質】といえるレベルをクリアーしていれば、その中で最も【手軽】な物が選ばれ

【手軽】と思えるレベルをクリアーすれば、その中で最も【上質】な物が選ばれるという理論に変化する。

そして、その【上質】【手軽】と思えるレベルは、人それぞれの考え方に依存する。


つまり、理論としては破綻しているようにも思える。

かといって、読むほどの価値は無いともいえない。

読む人によっては、本の内容を生かすことも出来るだろうし、現在商品開発で悩んでいる人は、何かのヒントに成るかも知れない。

価格は1800円なので、読んで損は無いだろう。





7つの習慣

今日は、今読んでいる本の事を書いてみようと思います。

本のタイトルは【7つの習慣】。
7つの習慣



成功を掴み取る為には、どのように日常を過ごすかということが丁寧に書かれています。


まず、著者が何故この本を書こうと思ったのか。

世の中には、【成功するための方法】といった本は、山のように出版されているが

その手法の殆どが、テクニックを駆使して成功を手に入れるといったもので、これらの本の内容に疑問を持ったかららしいです。


どの辺りに疑問を持ったのか。

それは、【成功】というものの捉え方の違い。


何をもって成功だというのか?

常人には稼げないほどの金を稼ぐことが成功なのだろうか。

沢山の異性にモテる事が成功なのだろうか。


【成功】というキーワードで、どのような状態を頭に思い浮かべるかは人それぞれだと思うのだが

果たして、それが本当の意味での【成功】だと言えるのだろうかと問いかけることからこの本は始まります。


仮に多額の金を手に入れたとして、心から信頼できる人が一人もいない人生と言うのは幸せなのだろうか?


世の中に溢れている【成功する為の方法】というタイトルがつけられている本には

その場凌ぎの対処法や、自分を大きく見せる方法・手っ取り早く人と仲良くする方法が載っているかも知れない。

それらのテクニックを上手く使うことで、張りぼての成功は手に入るかもしれない。

しかし、それらの行動によってどのようなことが起こるのだろう。

その場凌ぎの対処法では物事の根本解決は出来ないし

自分を大きく見せて一瞬のカリスマを手に入れたとしても、それを維持する為には嘘をつき続けなければならない。

手っ取り早く人と仲良くなる為に、相手は興味を持っているが自分には全く関心が無い事柄について、さも自分が興味があるかのように振舞って無駄な時間を過ごす。


付け焼刃で小手先の技術をいくら身につけたとしても、本当の満足は得られない。


ではどうすれば良いのか?

この本では、人間関係を築き上げる過程を、階段を登るように1ステップづつ説明している。

具体的に書くと

まず人は【依存】状態であり、成長することで【自立】状態になる。

そして、【自立】したもの同士が【相互依存】することにより、真の人間関係が築けるそうだ。


【依存】状態とは、自分自身に責任を持たない状態のこと。

事態が悪化したのを、周りの環境のせいにしたり人のせいにしたりする。

『夫婦の仲が悪いのは、時間が経ち過ぎて愛する気持ちが無くなったからだ! 嫁の態度も悪いしね!』といった具合に。

【自立】した人間は人のせいにはしない。

今の状態を打破する為に自分に何が出来るのか。 自分はどのように成長してどのようになれば良いのかを考えて実行する。

『妻を愛する気持ちが無くなるなんて事は無い。 何故なら、【愛する】と言う言葉は名詞ではなく動詞だからだ。

愛する気持ちがなくなっているのではなく、愛すると言う行動をしていないだけだ。 原因がそこにあるなら、まずやってみよう。』

と言った感じに。

【相互依存】は・・・

実はまだそこまでは読んでない。

文章だけで500Pもある本で、しかも僕は本を読むのが遅いときてる><

読み終わった頃にこのことについては書いていこうと思う。


とりあえず、プロローグはこんな感じで、次章からやるべき習慣について書かれている。














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。