スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ紹介】四畳半神話大系

今回紹介するアニメは、またまた今更な感じもしますが、四畳半神話大系です。


四畳半神話大系 第1巻 [Blu-ray]


元々は小説で書かれたものを、アニメ化した作品です。

四畳半神話大系 (角川文庫)

私は小説版は読んではいませんが、両方ご覧になった方の感想などを聞くと、小説版の方が評価が高ようです。

話の内容を簡単に説明しますと
京都の時計塔が有名な大学の奥手な学生が日常生活を送るのですが、自身が思ったように行動できずに不本意な結末を迎えます。
その結末を迎える度に作品の主人公である【私】が後悔し、『もう一度やり直したい』と強く願ったところで時間が大学入学時まで巻き戻り、もう一度学生生活をやり直すという内容です。

一回の学生生活を1話で描いているため、【私】は十数回学生生活を繰り返しますが、【私】はどのルートを通っても必ずファーストコンタクトでありワーストコンタクトと思える小津という人物と知り合うことになります。
そして、その小津に時に振り回され、時に唆されて人生を踏み外し、人生を後悔するというお約束とも思えるルーティンを最終回直前まで続けます。
これだけ読むと、1話1話それぞれがパワレルワールドの様な違った世界観のように思えますが、実は【私】以外の人物の行動は【私】に関わる部分以外は全てのルートで同じ行動を行っています。
これ以上の内容はネタバレになる為、興味のある方は作品を見るなり読むなりして頂ければ幸いです。


この作品を観ての個人的な感想ですが、全体を通してみると素晴らしい作品だとは思いますが、正直に言うと話数はもう少し短いほうが良かったと思います。
というのも、基本的に同じ時間を繰り返していて、繰り返し見ることで情報を補完するという物語になっている為、新たな情報が少ない話が中盤で連続する部分でダレてしまします。
しかし、最終回の締め方が素晴らしい為、その部分は十分補えていると思います。

この投稿を書いている私自身は高卒ですが、この作品を見て大学に行きたくなりました。
大学に通った人は、もう一度大学時代に戻りたいと思われるのではないでしょうか。
また、日々の平凡な暮らし、人々との出会い、煩わしいと思う人間関係の大切さが、改めて理解できるようになりました。

そして、これは私自身特有の乾燥なのですが、偶然にも、物語の舞台となっている場所が、私の住む場所から徒歩30分圏内でしたので、主人公が我を忘れて走った距離や、悪友と愚痴をこぼしながら呑んでいる場所が理解できるため、臨場感が半端じゃなかったです。
また【私】の奥手な性格も私自身と通じる部分があるため、物語に普通以上に感情移入して観ることが出来ました。

京都に住む方には、そういう意味でもオススメの作品です。


スポンサーサイト

【アニメ紹介】 天元突破グレンラガン

久しぶりに、アニメ紹介です。
今回紹介するアニメは結構昔の作品になりますが、天元突破 グレンラガンです。



このアニメは随分前からいろいろな人から勧められていたのですが、なんとなくタイミングをノカしてしまって見ていませんでした。
しかし、今期(2013年冬)から始まったアニメ、キルラキルを制作しているスタッフが作った作品ということで観てみました。
結果から言わせていただくと、かなり凄い!近年稀にみる熱血ロボアニメでした。

作品のストーリーを簡単に説明すると、地中の中で原始的な暮らしをしていた主人公シモンと兄弟分のカミナ。
カミナは地下ぐらしに嫌気が差し、シモンを誘って地上へ出ようとして騒ぎを起こしては村長に鎮圧される生活を送っていました。
そんなある日、大きな顔と小さなドリル、コアドリルを発見します。
それらを兄貴分のカミナに見せようとした時、天上の岩盤が割れて、巨大な顔型のロボットであるガンメンと武装した女、ヨーコが落ちてくる。
ヨーコ達がガンメンと戦うも敵わず。そこで、シモンが以前発見した大きな顔の場所に行き、コアドリルを差し込むと、顔が変形して小さなロボットに。
そのロボットに乗って何とか敵を撃退し、その勢いで地上へ。
眼前に広がる壮大な風景に感動し、一同は地上を旅することを決意しますが、地上は楽園ではなく、獣人達が支配する世界だった。
獣人達は人間たちに、圧倒的な力と科学力を持って攻め立て、人間たちを地下へと押し込もうとしますが、素直に押し込まれるカミナ達ではなく、カミナ達は獣人たちと戦う決意をするだった。

という部分から物語が始まります。
ここまで一読すると典型的な勧善懲悪アニメの様に感じますが、このアニメはそんなに単純なものでは有りません。
このアニメは、古代の穴ぐら生活から現在の科学の世界、そしてそれを飛び越え、未来の宇宙・銀河にまたがるような話まで広がっていきます。

余り書きすぎるとネタバレになりますので、気になる方はチェックしてみてください。
熱血好きのロボアニメ好きの方は、観て損はしないのではないでしょうか。
個人的にはむしろ、観ないほうが人生を損するとすら思います。


地上波放送で27話構成ですが、そんなに長いのは観たくないと思われる方は、総集編+αの映画も有りますので、そちらを観るほうが良いかもしれません。

【アニメ紹介】攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

あらゆるネットが眼根をめぐらせ
光や電子となった意志を
ある一方向に向かわせたとしても
”孤人”が
複合体としての”個”になるほどには
情報化されていない時代・・・


という言葉から始まるSFアニメ【攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX】の紹介・感想です。
物語は、笑い男事件と呼ばれる大きな事件を中心にして進みますが、笑い男事件そのものが一つの犯罪ではなく、複数の犯罪が不連続に絡み合った犯罪の為、その他の一話完結を間に挟みながら進んでいきます。
舞台が、人々が脳を電脳化して無線で情報をやりとり出来る時代となっている為、バイオレンスシーンもかなり有りますが、基本的には相手の脳や設備ををハッキングする電脳戦中心なので、その手の話が好きな方にはオススメです。



あまり詳しい話を書くとネタバレになりますので、ストーリーが気になる人にはアニメを見て頂くことにし、感想を書いていきます。
この物語は作中で、何度も問題提起をしてきます。
問題の内容は、『情報の並列化の先にある没個性』です。

この物語では、人々が脳を電脳化し、外部記憶やネットに常にリンクできる状態にあります。
その状態で起こりうるのが、情報の並列化・均一化です。
人々が常に出回っている情報を取得できるということは、逆に言えば全ての人々が同じ情報を共有している事とほぼ同じ状態になります。
ここで問題になるのが、人が人として魂を持ち、個性(孤性?)を持っていると考えられる根拠は、人それぞれに差異があるからだと思われますが、その個性の根拠がそれぞれが独自に取得した情報で、個人がそれぞれ独自に取得した情報によって情報が偏り、それによって考え方に差が出て個性が生じている場合、情報が並列化して均一化された時点で個性は失われます。
例えて言うと、蛇口の下に桶を置き、蛇口を僅かに緩めて、水を一滴ずつ垂らすような状態にしたとします。
蛇口から出た水滴は、空中を落下して桶に到達するまでは水滴として個性を獲得していますが、桶に入った途端に桶内の水と同化し、孤を保つことが出来きなくなります。
これと同じように、人が情報の大部分を共有し、脳内の情報の差異が少なくなればなる程、個性は薄れ、取る行動も同じようになっていく。
情報の共有化のみでそんなことが起こるのか?と思われる方も居らっしゃるかと思いますが、マインド・コントロールの基本が情報操作であることを考えれば、完全に否定することは出来ないはずです。

そして更に思考を発展させると、同じ情報を共有することで個性が失われ、行動が同じに成るのであれば、人はそもそも個性を持ち、魂を持っているのかというところに至ります。
魂というものが存在し、個性というものが存在しているのであれば、全く同じ情報を共有して全く同じ環境で育ったとしても、個性が出て然るべきです。
しかし、同じ情報を与えることで同じ結果しか生み出されないのであればば、それは機械と同じです。
生物と機械の差は、記憶媒体がタンパク質か金属かの違いでしかありえません。


そうすると、次に出てくるのが、金属で作った機械の記憶媒体に偏った情報を与えることで、機械の脳は個性を生み出し、魂を獲得するのかという疑問。
もし個性の有無が情報の差異のみであるのなら、人口の記憶装置でも、共有化されていない偏った情報を与える事で個性が生まれる可能性がある。
その結果として魂(ゴースト)が宿るのであれば、体中を義体化した人と機械とを決定的に分けているものは何なんだろう?

物語の中では、完全なる情報の共有は、生きながら迎える死、つまり、絶望なのでは?との意見も出てきます。
これは、完全なる情報の共有が行われることによる没個性、そして、個性こそが魂(ゴースト)であるのであれば、個性が死んだ時点で人は死んでいるのではないかという疑問なのでしょう。

これに対する反論や、個性の源泉と成りうる感情については、アニメ内で語られていますので、興味のある方は見てみて下さい。
個人的には、かなり楽しめた作品でした。
【笑い男事件】のみを取り出した映画版も有りますが、個人的には地上波放送版がオススメです。

【アニメ紹介】コードギアス 反逆のルルーシュ

今回紹介するアニメは、ちょっと前に流行って、社会現象になったと言ったら言い過ぎになる、コードギアス 反逆のルルーシュです。
私はめったにDVDは買わずにレンタルで済ませるのですが、この作品はDVDを購入した数少ない作品です。


コードギアス 反逆のルルーシュ R2 5.1ch Blu-ray BOX












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。