スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たなリスク、シャドーバンキング?【株式】

前回、『株を買った』という記事を書いたのですが、その後どうなったかというと、実はどうもなってなかったりします。
買った銘柄は野村で、6月7日に500株買って、翌日暴騰した所で更に500株買ったので、平均単価は731円ぐらい。
野村の株価は、私の買い単価から上下30円程の範囲でウロウロしているだけなので、どうも行動が取りづらかったり。。

私の当初の予想では、早いペースで株価が上昇後に急落したので、その直後にもう一度前回高値付近までリバウンドするという予想で買ったのですが、その予想は外れて文字愛状態に突入してしまいました。
本来であれば、予測が外れた時点で手放すべきなのでしょうが、前回も書いたとおり、今の日経平均の位置は結構低い位置と考えられるので、今のままの企業業績が続くのであれば、売りではなくむしろ買いの水準だと個人的には思っています。

では何故、急落後に戻らずにもみ合っているのか。。
いろいろな経済ニュースを聞いての後講釈になりますが、今回の日本株の急落の原因は、アメリカの金融政策の変化だと思われます。
前回の記事でも書きましたが、今のアメリカ景気は、金融政策の出口理論が出るほどに回復してきています。

今までは、FRBが毎月850億ドルの債権を購入するなどして急速にバランスシートを膨らませることによって市場提供した資金が、行き場を失って新興国に逃げていた状況でした。
アメリカが量的金融緩和を進めることでドル安誘導するというメッセージを市場に送っていたため、安くなるドルから他通貨に逃げていたわけです。
米ドルが安くなる可能性が高いのであれば、他国の株式市場に現地通貨建てで投資すれば、たとえ株が上がらなくても為替差益で稼げますし、ついでに株が上昇すればダブルで利益が出ます。
仮にその国の株が下がったとしても、為替差益で相殺でき、大損する可能性は低くなります。

そんな感じで海外投資が盛んだったのですが、アメリカは基本的にインフレ体質なので、サブプライム危機も乗り越えて企業業績が回復。
シェールガス革命も手伝って、投資資金がアメリカにも向き始め、アメリカの株価が高値を取り、ドルも高くなった。
アメリカの景気回復を好感し、日本株を始めとするアメリカ以外の国の株も上昇し始めたのが、ここ最近の流れ。
正直、世間で言われている『アベノミクス』は関係ないと思われます。

このチャートはフィリピン総合指数ですが、日本と同じように今年上半期上昇し続け、5月23日で天井を打って急落しています。
_psi.png

アベノミクスがフィリピンに深く影響しているのであれば、日本の株価上昇と急落もアベノミクスが原因なのでしょうが、政策が発表もされていない状態から日本と新興国市場の株価が連動しているので、アベノミクスは関係ないと考えるほうが自然です。

では何故5月23日に日本を始めとする市場が急落したのかといえば、5月22日(水)のバーナンキFRB議長の議会証言で、バーナンキ氏が出口議論の具体的な話をしたからでしょう。
今までは噂レベルでしたが、バーナンキ氏が債権買い入れ額を縮小する方向に言及したため、出口議論がより具体的になったことが原因だと思われます。

先程も書きましたが、今回の株価上昇の前提条件となっているのはアメリカの金融緩和策による金余りなので、その資金過剰状態が解消されてしまうと、前提条件そのものがくるってしまいます。
その前提条件有りきで投資をしていた人達が、とりあえず株が高いうちに現金にしておこうと考えて取った行動が、今回の株価急落につながったのだと予想されます。

しかし冷静に考えれば、アメリカは急激なインフレに悩んでいるわけではないので、急激な金融引き締め政策を行うとは思えません。
企業業績や雇用などを見つつ、景気を冷やさないように慎重に引き締め作業を行うでしょう。
なので、個人的な意見としては、この下落相場からは早々に脱出できるはず。。と考えていたのですが、状況が少し変わって来ましたね。

今市場で騒がれている、中国のシャドーバンキング。
これは、中国政府が不動産投資熱を冷まさせる為に、不動産投資規制を銀行に対して行なっているらしいのですが、中国企業は銀行から別名目で資金を借りて不動産投資をするという迂回借入を行ったり、ファンドを利用して資金調達などをして不動産投資を行なっているらしいのです。
ファンドを利用しての調達の場合は、調達金利が10%を軽く超えるものもあるらしく、その市場規模は500兆円に達する様で、もしこのシャドーバンキングが崩壊することが有れば、第二のサブプライム危機が訪れる可能性も出てきます。

今直ぐ崩壊するようなものでもない様ですが、中国政府がソフトランディング出来るとも思えないので、正直難しい状況といえますね。
テクニカルアナリストによれば、12500円付近の抵抗を超えると、1万円目指して下落するリスクも有るようです。
私がblogに書いた前回の記事では、1万円は企業業績的にありえないだろうと書いたのですが、シャドーバンキングの崩壊によって第二のサブプライム危機が起こるのであれば、来期の企業業績が半減する可能性も大いにあるので、割安とも言えなくなってしまいます。

個人的には上方向に進むと思っているので、もうしばらく株を持ちながら様子見ですが、下がる可能性も考えておいたほうが良いかもしれませんね。


スポンサーサイト

【株式】日経平均が微妙な位置に

日経平均が、結構微妙な位置に来てしまいましたね。
ラジオ日経などを聞いていると、記者や解説者が、口を揃えて『三角保ち合いをした場慣れた。』と言い、結構下値不安の強い状態となってきているようです。。

三角保ち合い下放れとは、図にするとこんな感じでしょうか?

日経平均 2

しかし個人的には、現状は三角保ち合いではなく、下方向の持ち合いだと思っているんですけどね。
図にするとこんな感じです。

日経平均

どちらにしても、近日中に反発しなければ、結構危ないね位置まできているような気がします。

そういえば、今日は今までの日経平均と少し違う動きをしていましたね。
今までの動きは、NYダウがどのような動きをしていても、日経平均は為替のみに反応し、円高になれば日経が売られて円安になれば日経が買われていました。
しかし今日は、ドル円相場は円安に向かっていたのに、NYダウが下げて1万5千ドルを下抜けたことを材料により付きから下落して始まりました。。

NYダウが高値更新し続けていた時には為替の円高にしか反応せず、為替が円安になればNYの株安に敏感になる今の相場は、結構弱いのかもしれませんね。
日経平均はもともと8月~9月半ばから末に向けて弱いそうなので、今年もその流れを受け継いでいるのでしょうか。

NYの株安に反応して下がったと言っても、円安の流れが出てきたところで下げ幅は縮小したので、円相場からも相変わらず目が離せない相場はまだまだ継続中なのかも。
為替に反応しているということで、ドル建て日経平均株価の動きを見てみると、実はこちらも結構微妙なところまできています。

ドル建て日経平均株価

ドル建て日経平均は、数年間、100ドル~130ドルの間のレンジ相場を続けていましたが、黒田緩和後からレンジを上抜け、130ドル~150ドルの間で値動きを続けていましたが、今はそのレンジの下限に近づいている状態です。
もし130ドルを下抜けてしまうと、150ドル近辺を天上にしたダブルトップが完成し、レンジを切り下げ、また100~130ドルのレンジに切り替わる可能性も出てきます。

企業業績からみて、今の日経そんなに割高なところまで買われているわけではないので、レンジを切り下げる動きになり場合、来年度以降の業績の大幅悪化を織り込む形になるのですが、来年の日本は、そんなに景気悪化するんでしょうかね。。

このブログを書いている今現在は、NYも上げて円安も進んでいるので、明日以降の株の値動きに期待するしかありませんが、この環境で明日下げると、結構ヤバイかもしれないですね。

投資は自己責任で!

【株式】シリア問題と日経平均

日経平均ですが、いまいちパッとしない動きが続いていますね。
降って湧いたようなシリア問題が出てきて、上値が抑えこまれている感じですね。

シリア問題に関しては、本当にアメリカが攻撃をするのかどうかがかなり不透明な感じです。
というのも、アメリカは口では攻撃をすると行ってはいますが、今攻撃をするメリットがほぼ無い様く、デメリットが多い様に思えるからです。

その理由としては
・シリアにはアメリカが欲しがるような資源が無い。
・化学兵器を使用したのが、政府か反政府かどちらかがハッキリとわかって居らず、イラク戦争時、大量破壊兵器をでっち上げて戦争した失敗が有り、国民が攻撃に反対している。
・攻撃する場合、三日間程度の短期間で攻撃を終了する予定だと言われているが、中東の混乱が増し、自体が悪化して長期化する可能性がある。
・仮に攻撃に成功して、シリア政府を倒したとしても、反政府組織は反米。
・アメリカの債務は上限ぎりギリギリで、債務上限を引き上げなければ財政破綻のの可能性がある為、それどころじゃない。
・もし思惑が外れて失敗すれば、来年の中間選挙に影響が出る。
といったものがあります。

当初、一部報道で米国軍事介入が29日だと言われていましたが、これは、どうせ軍事介入をするのであれば、経済的な影響を最小限に抑える為には、アメリカの3連休終了までに全てを終わらせなければならないという逆算からの日にちだったのではないでしょうか。
結局、共同で軍事介入する予定だった英国は軍事介入の前段階の法案が否決された様で、英国の軍事介入は無くなり、週末に入っても軍事介入は行われなかったので、その時期を逸した感じになっている状態です。

私の個人的な考えですが、今のアメリカの心境としては、使ってはいけないと言い続けてきた化学兵器が使用されたので、何らかの行動を起こさなければ威厳が保てないから、とりあえず拳を振り上げては見たけど、その拳を振り下ろしてしまうと厄介な事になるので、誰もが納得できる形で誰かに停めてもらいたいって感じなのではないでしょうか。
そうは言っても、世の中何があるのか分からないので、警戒はしておかないと駄目なんでしょうけどね。

そんなシリア問題を受けて、日本の株式相場はかなり弱い状況でした。
8月末のアメリカ・アジア株の落ち着きと円安という外部環境から考えると、週末は高くなってもおかしくない状態だったのに、高く始まってマイナスで引けるというかなり弱い状況。

日経2013901

チャート的には、前回書いた緩やかな下方向に傾く持ち合い相場内の動きなので、まだ時間調整中なのかもしれませんね。
日経2013901 02

直近高値を超えて、レンジブレイクすれば、9月からの相場に若干期待が持てますが、9月相場は全体として弱いらしいので、時期的にも難しいところに来てますね。

個人的な投資としては、日経平均が1万2千円台の時に買った野村を現在もホールド中です。
結果論からいえば、7月中旬の1万5千円を目指す展開の時に売って、現在買い直していればそれなりに利益が出ていたのですが、そんなにうまくいくわけもなく、若干の損失を出しながら現在もホールド中です。

市場の解説者の中には、アメリカのレイバーデー開けにはアメリカの投資家が戻ってくるらしいので、投資家が戻ってきた活況になれば、それなりに希望も見えてくるのかな?

最初に上げたチャートのレンジを下抜ければかなりの下落相場に突入してしまう可能性もあるんですが、そうなると来年の企業業績が相当悪化しないと、株価と釣り合いが取れなくなるんですよね。
そう考えると、上昇を期待しつつホールドしちゃうんですよね。


投資は自己責任で!

【株式】9月相場は期待が持てそう?

9月に入ってからの日経平均は、かなり強い動きになってますね。
相場自体は、9月に入ってから強いというよりは、8月末の相場が弱すぎた反動という感じがしないでもないですけれども。

というのも
8月にNYダウが崩れだしてから、今までは米株に全く反応せずに為替のみに反応していた日本株が、為替相場が円安に振れているにもかかわらず、米株安につられて上値の重い展開になっていました。
月末の、外部環境が良い状況で日経が弱かった動きは、シリア問題などの不安材料がある状態で、ポジションを持った状態で週末を迎えたくない人達が、買いを手控えたのでしょう。
そして週末が過ぎてみれば、週末中には何も起こらず、円も更に円安方向に向かったということで、出遅れていた部分を取り戻そうとして解が増えたという状態なのでしょうか。

本日(2013 09/03)の上昇で、日経平均は、今までの上値抵抗ラインを上抜け、更に直近高値(8/23)を上抜けるラインまで上昇しました。
今日の上昇で、25日・75日移動平均線も上回ってきましたし、この上昇で、9月相場に期待が持てそうな感じがします。
日経平均 20130903

経済系番組などを見ていると専門家の意見は、5月高値を今年中に抜けるか抜けないかで見方がわかれている様です。
見方の違いとしては、為替相場が今年高値の103円を超えて上昇するかどうかで変わっている感じです。

為替に関しては、個人的な考えとしては、まだ円安方向で進みそうな気もします。
考え方としては
・原発が止まっていて動かせない現在の日本は、エネルギー輸入量増によって、慢性的な貿易赤字に突入する。
・アメリカの景気が回復傾向なのと、一部資産にバブルの兆しが見られ始めている為、金融政策が緩和から引き締め方向に移る。
といった理由からです。

私は金融関係者ではないので、普通の人と同じ立場からしか相場は見ていませんが、長期的に一方方向の円安に向う相場というのは、過去にFRBが議会を開くごとに0.25%ずつ引き上げていた時にしか見たことがありません。
確か、ミセス・ワタナベという言葉が出てきた時期も、同じ時期だったともいます。

9月に行われると言われているアメリカの金融引き締め政策は、現在毎月850億ドルの資産買入れをしている枠を縮小するという政策なので、利上げからは程遠いのですが、金融が引き締め方向に向かっている為、円高にはなり辛いと思います。


投資は自己責任で!

NISA口座(少額投資非課税制度)について考える

明日(平成25年10月1日)から、NISAの受付が始まるようで、経済系番組ではではNISAをテーマにした番組が、連日放送されていますね。
このNISA(少額投資非課税制度)は、外国でISAという制度が有り、その制度を日本にも導入しようということで、日本版(N)ISAで、NISAとなったようです。

このNISA、どの様な制度なのかを簡単に説明すると、年間100万円以内の投資であれば、利益が出たとしても税金を払わなくても良いという制度です。
投資をお子のあっていない人は知らない人も多いと思いますが、実は今現在の投資関連税は現在されており、従来20%のところ、半分の10%税率となっています。(実際には復興関連税が付いて、もう少し高いです。)
この減税措置が今年いっぱいで期限切れになり、来年以降、元の税率である20%に戻ってしまうことから、別の軽減措置を作ろうということで導入された感じです。

マスコミなどではNISA口座を大きく取り上げ、良い制度の様に報じていますが、私個人の意見を言えば、焦って口座開設をしなくても良いと思います。

税金が無料になるという、一見すると夢の様な制度ですが、実際にはかなりの注意が必要となります。
今日はそのことについて書いていこうと思います。

代表的な注意点を幾つか挙げると
・一人一口座のみの開設が可能
・金融機関によって、扱う商品がバラバラ
・買い付けできる枠は年間100万円
・損益通算が出来ない

といったものが挙げられます。
順を追って説明しますと、最初の一人一口座というのはそのままです。
Aという証券会社で口座を作ると、他のB証券やC銀行では口座を作ることが出来ません。
このことは、次の【金融機関によって扱う商品がバラバラ】という部分にも関わってきますので、単純なことですがかなり重要な事です。

金融機関によって扱う商品がバラバラというのも、読んで字の如しなのですが、会社によって扱う商品が変わります。
投資信託と債権のみの会社や、株式のみを取引できる会社等、会社によって取り扱い商品が変わるため、選択肢を広げるためには、できるだけ多くの商品を取り扱っている会社で口座を開くほうが良いと思われます。

次の【買い付け出来る枠は年間100万円】というのは、少し注意が必要です。
この枠は、100万円以内であれば、何度売り買いしても大丈夫といったシロモノではなく、使いきりです。
つまり、来年1月のはじめにA社の株を100万円分購入し、2月に売ったとすれば、その年はNISA口座では売り買いをすることが出来ません。
20万円分の商品を購入して一月だけ保有して売却した場合、残りの枠は80万円に減るため、80万円以下の銘柄しか購入できません。

最後の損益通算が出来ないというのは、結構重要な事です。
数年前に法改正が行われ、株式の損失は3年間持ち越しが可能となっています。
つまり、最初の年で300万円の損失を出して、翌年以降3年間100万円ずつ300万円の収益を上げた場合、合計の損益がプラスマイナスゼロとなるので、税金は発生しません。
また、本業以外の雑所得が一年間で20万円以下の場合は、確定申告が不要のため、実質無税です。(医療費控除を受けるなど、その他の理由で確定申告する場合は、税金が発生)
NISA口座では、投資によって利益が出た場合、非課税になるというメリットがある反面、赤字が出ても赤字分を翌年以降に持ち越すことが出来ないというデメリットが存在します。
これはかなりのデメリットです。
NISA口座自体が、投資減税撤廃部分を補う処置という理由だけでなく、投資経験がない人に、投資をやってもらうというという理由で行われるにもかかわらず、損失が出た場合に赤字の持ち越しが出来ません。
これはつまり、NISA口座を開いた場合、その講座では100%収益を挙げなければならず、その収益も、20%以上の収益を得なければ、NISA口座を使う意味が無いことを意味しています。

何故20%の収益が必要なのかといえば、NISA口座を使わなくても20万円以下の利益であれば確定申告をする必要がなく、特定口座で【源泉徴収なし】を選んでいれば、100万円に対して20%までは今現在のシステムでも非課税だからです。
NISA口座ではなく一般口座で取引した場合、万が一損失が出たとしても、確定申告によって赤字を翌年以降持ち越すことが可能です。
つまり、20%以下の収益しか得られないのであれば、NISA口座を使う意味がありません。

ということは、NISA口座を開いた場合の投資方法も株式投資に限定されます。
債権など、特定口座でなくても税金分が天引きされるような商品であれば、NISAを使う意味もあるかもしれませんが、債権は元々が利回りが低く、2%も付けば良い方です。
100万円の投資で2%の収益だと2万円ですし、そのうち20%文の税金が免除されるとしても、NISA活用で得られる収益は4000円です。
年間4千円の為に役所に書類を取りに行き、証券会社などに提出して口座開設をするのであれば、一般口座で十分だと思われます。
NISA口座の特性を十分に活かす投資方法は、個別銘柄の株式投資しかありません。

しかし、個別銘柄の株式投資で20%以上の収益を狙って出すのは、かなり難しい作業となります。
これを個人にやれというのは、結構無茶な気がしてなりません。

ということで結論としましては、焦って口座開設をする必要はないと思われます。
本当に投資したい商品が見つかれば、その商品を取り扱っている会社を見つけて、口座開設をするぐらいで良いのではないでしょうか。














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。