スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【木屋町】polkadot malibu アーリオ

僕は週末に飲みに行くことが多いので、その事について書いていくカテゴリーを追加しようと思います。
今までは、決まったお店に顔を出すといった行動が多かったのですが、ホームページを作ったのを機に、新規開拓も積極的にしていこうと思っております。
お店情報をできるだけ多く集め、最終的には整理して見やすくした状態でホームページに掲載しようと思っております。
このカテゴリーは、そのメモ的な感じで更新していこうと思っています。

ってことで、京都呑み歩き日記開始です。
先週土曜日に呑みに行ったお店。

一軒目
木屋町 polkadot ポルカドット
木屋町通と河原町通りの間の通りにあるお店。
東西の通りの名前が分からないので説明しにくいですが、FLATというバーが角にあるので、その道を西に入ったところにあるビルの5回です。
道沿いに立て看板が出ているので、それを目印にしてください。

このお店は、かなり昔に、河原町通りにある立ち飲み屋【こんぴ】で、店員のラストの日に行った際に、隣に座っていたのがこのお店のオーナーだったという縁で通うようになりました。
お店は、半円形のカウンターだけの落ち着いた感じのお店。
polkadotというのは【水玉模様】という意味らしく、店内の内装のところどころに水玉模様があります。
飲み物は、ビールからウィスキー・カクテル・焼酎など一通りはある感じ。
常連客の中には焼酎のボトルをキープしている人も。
価格は、チャージが500円で、飲み物は7~900円ぐらいだと思われます。
僕はビールしか呑まないことが多いので、詳しい値段設定は分からないんですよね。

二軒目
木屋町 malibu マリブ
木屋町通沿いにあるビルの3階にあるお店。
13番路地を少し南に下がった場所にあるビルで、三軒目のアーリオが入っているビルの南隣のビルです。
タバコやの奥にあるエレベーターで3階に上がると、すぐに入り口が発見できます。
正直に行って、かなり分かりにくい場所に存在します。
木屋町通沿いに立て看板が出ているので、それを目印にするのが良いかも。
店の情報を何も知らない状態でいきなり入るのは、かなり勇気がいると思います…

この店に行こうと思ったのは、malibuに務めていた元店員と別の店で隣同士で飲む機会があり、その時にお店の存在を知りました。
普段から通っている店で名前を出しても知っている人が多かったので、いつかは行きたいと思いつつ時が流れたのですが、勇気を振り絞って行ってみました。
店内に入ってみると、カウンターとボックス席が2つの小じんまりとしたお店。
お客さんも、個人個人で黙って飲んでいるのではなく、隣同士に座った物同士でコミュニケイションをとっていて、アットホームなお店でした。
ある程度通って常連客と顔見知りになることで、楽しみ方が増えるような可能性を秘めているように感じました。
テーブルチャージ等は観ていなかったですが、値段的にチャージなしだったように思えます。
飲み物代は、700円~っといった普通な感じです。

三軒目
木屋町 aglio アーリオ
僕が木屋町で最初に行ったお店。
この店と出会ったことで、毎週のように呑みに出ることになってしまいまいた。
このお店との出会いは、僕が通っていた服屋さんの行きつけで、僕が大阪で遊んだ後に木屋町通を通ったときに偶然服屋の担当と遭遇し、その時に紹介されて知りました。

お店は、木屋町通沿いにあるビル。
13番路地の南にあるガレージの南隣にあるビルの5階です。
エレベーターの出口がそのまま店の入口となっています。
店に入ると右側にカウンターが有り、一人で入ってもバーテンさんが話し相手になってくれるので、安心していくことが出来ます。
お店自体は結構広めなので、大人数で行っても大丈夫な為使い勝手は良いと思います。
食べ物・飲み物は600円位~
アーリオホームページ

この日は、先週が朝4持帰りで失敗したというのを教訓にし、3軒まわって2時に帰れました。
2時ぐらいの帰宅が、翌日のことを考えると一番良い気がしますね。
スポンサーサイト

クリノコ an tigh seinnse

呑み歩き日記、その二です。
先週末は、木屋町まで行こうと思っていたのだが、生憎の雨。
小雨なので行こうと思えば行ける状態だったのだけれど、呑みに行くのって無理していくものでもないですしね。
ということで、近所のお店に行くことにいたしました。

一軒目
高野 クリノコ
カフェ使いも出来るパスタ屋さんです。

このお店との出会いは、呑み屋デビューしたお店【アーリオ】で店長として働いていた人が独立して作ったお店【酒厨】で
『昔のアーリオで働いていた元同僚が、自分の店を立ち上げたので、皆でいこう』
という企画で伺いました。
料理の値段は、ランチメニューが1500円で、ディナーが3000円前後。
料理の質は、値段相応だと感じました。
テーブル席とカウンターがあるので、グループでも一人でも行くことは出来ますが、オーナーは料理のオーダーが入っているときは料理を作っているし、ホールは積極的に話すタイプの人でもない感じなので、混雑していると金一人で行くと、時間を持て余すかもしれません。
暇な時間帯だと、手が空いた時に話し相手になってくれるんですけどね。

昨日もそんな感じで、全部の料理を作り終わってから、話し相手になってもらいました。
話していた内容は、ジョジョの話とかホームページの話とかジョジョの話とかジョジョの話とか。

二軒目
下鴨 アンティシェンエ
パブ

このお店は、昔好きになった人を食事に誘ったら、このお店を指定された事で知りました。
料理自体の量が多く、且つ美味しくて安い。
ビールやウィスキーの種類も豊富で、幅広い世代の方が通うお店です。
お酒とお酒のマニアックな会話を楽しみたい方も
僕のようにお酒の知識が無く、ただ楽しみたいだけの方も受け入れてくれる良い感じのお店。

この日、最初はいつものように世間話とか、お酒の話などを聞いたりしていたのですが、店内に偶然従兄弟が居たので、その話でちょっと盛り上がりまして
その後、従兄弟がこのお店の常連ということもあって他のお客さんとも話すようになり、気がついたら夜中2時まで呑む結果となりました。
この日は、楽しい時間と為になる話・経験が出来て本当に良かった

こういう経験をすると、飲みに行くのっていいな!って思いますよね。

【木屋町】malibu DELI tonbo キャッスルウエスト 酒厨 クレメンティア【先斗町】

呑み歩き日記、三回目です。
先週飲みに行ったのは、全部で6軒。
本日も、どのようにしてお店を知ったのかというのを踏まえて書いていきたいと思います。

一軒目
木屋町 マリブ
このお店は、前回書きましたよね。前の記事
呑み歩き自体を、人間関係を広げたり自分を鍛えるために行っているので、基本的に一度行って終わりということは辞めるようにしています。
と行っても、一度行ってあまりに面白くなければ、次回行くことなんて無いのですが。
この店は、前回会話が盛り上がったので、お店の人に忘れられないようにするために、行ってみました。
早い時間に行ったこともあり、最初は僕一人。
それでも、客が暇にならないように会話を振ってもらったので、結構楽しめました。
その後、女性客が1人と、常連か同行と思われる女性が1人、浴衣を見せにだけ来店って感じでした。
この日は、けっこ回る予定だったので、1時間ほどでお店を出ました。

二軒目
先斗町 デリ トンボ
このお店は、先日紹介したイベント【木屋町 こころいきフェスタ】で訪れたお店の1軒。
イベント以前から、前に紹介した木屋町のpolkadotで名前だけは聞いていたんですが、なかなか行く機会がなかったので、イベントを機会に行ってみたって感じですね。
お店は、ワイン中心のお店。
ワインに合うフードなんかも結構あるので、ワイン好きの方は行ってみるのも面白いかも?
このお店は3店舗の系列店があるようです。
一軒目がBAR tonbo 二軒目がここ 三軒目、bar SAND13番路地にあるようです。
機会があったら、制覇してみようかと思います。

三軒目
木屋町 キャッスルウエスト
このお店も、先日紹介したイベント【木屋町 こころいきフェスタ】で訪れたお店。
ギネスをこよなく愛す店主が経営するお店で、他のお店では置いてないビールも結構おいている感じです。
ビールの知識も相当なものらしく、【木屋町 こころいきフェスタ】の冊子には、『ビール教えます!』と書かれているほど。
そんなお店に行ってきました。
入ると中にはカップルが一組のみ。
僕が席に座りビールを注文すると、ビールを置いて直ぐに常連らしきカップルの方に接客に行かれまして、その後話す機会がなくお店をでることに。
このお店は、常連になるか自分から積極的に話していかないとコミュニケーションが取れない感じを受けました。

四軒目
木屋町 酒厨
このお店は前回紹介した、僕が木屋町デビューしたお店【アーリオ】で店長をしていた人が経営しているお店。
場所はかなり分かりにくい場所があり、普通の人は【路地】と認識していないような細い路地を入ったところにあります。
そんな立地だからか、お店は常連さんが結構多め。
常連さんからすれば居やすく心地良いお店なんでしょうが、一見さんがどのような印象を受けるかは正直わかりません。
個人的な意見を書くと、常連さんが多いと行っても常連以外は無視するような接客でもなく、スタッフも飲食経験が長い方がやっているので、一見さんでも楽しめるとは思います。

五軒目
木屋町 13番路地 クレメンティア
SNSのmixiで知り合った方が、2年前に作ったお店。
カウンター6席だけのお店で、店主が好きなワイン・ウィスキーが強い感じのお店。
店主は昼に本業を持っているため、営業は週末だけの隠れ家的なお店ですね。

六軒目
木屋町 …名前を忘れた。。 久遠の華の南西向いぐらいのお店。
内装がオシャレなカウンターだけのお店。
この店は、この日に四軒目に行った酒厨でこのお店の店主がお客さんを連れて来店してくれたので、お返しに酒厨終了後に一緒に行こう!と誘われたのでいったお店。
余談だが、お店同士が仲良くなって客を紹介しあうという関係は、他の繁華街ではあまり聞かないといった話を聞いたことがある。
木屋町では、このような繋がりがある為、店同士のつながりも強いとか何とか…
僕自身が他府県に飲みに行ったことが余り無いので、本当かどうかはわかりませんが。
ちなみにこのお店は、スタッフが男女一人づつだったのですが、その女性スタッフは、僕が一見目に行ったマリブで浴衣を見せに来ていた女性でした。
こういうミラクルってあるんですね。

【木屋町】薩真也 FLAT 日の出食堂 酒厨 hight style

週末呑み歩き日記第四弾
アクセス解析をしても、この記事目当てに来ている人がいないため、需要がないのかもしれないが…
そのうち需要が出てくることを祈って、今日も先週飲みに行ったお店を書いていこうと思います。

一軒目
木屋町 薩真也
このお店は、店主がお店を開く前に【酒厨】で働いており、僕自身がこの店を開く前から店主を知っていた事もあり、そのつながりで行っているお店。
店主は、ずっと和食の店で働いていたわけではなく、途中で漫画喫茶などでバイトなどもしていたようなので、そっち方面の話題にも強いです。
この店はBARではなく、日本料理のお店で、このタイプの店では珍しく遅くまで開いております。
店主は吉兆で修行したようで、僕の個人的な感想としては料理は美味しいほうだと思います。
飲み食いの量にもよりますが、一人当たり4000円~といった感じの値段設定。
場所は、かなり説明しにくいのですが…西木屋町にある【ラスタ】というお店が入っているビルの2階に有ります。

二軒目
木屋町 FLAT0214
このお店は、アーリオ知り合って仲良くなった【戦闘ヘリと同じ名前のあだ名】を持つお客さんに、『店を変えて呑もう!』といって連れてこられたお店。
カウンターと小さなボックス席のこじっんまりとしたお店。
店の名前の数字は、店を開店した日のようで、このヴァレンタインの日に周年記念が行われてます。
お酒は、どちらかというとウィスキーに強いです。
チャージ無しで、まったりと呑める良い感じのお店。

三軒目
木屋町 日の出食堂
食堂という名は付いているが、実際には立ち呑み屋さんです。
食堂という名は付いていますが、開店時間はかなり遅めです。
この日の開店時間は10時過ぎ。開店時間は遅いですが、その分閉店時間も遅く朝までやっている事も多々。
チャージ無しで料金はドリンクが1杯500円~
一応食べ物も有ります。
路面店で1階にあるのに、独特の雰囲気で最初は入りづらいかもしれないですが、勇気を出して入ってみると、結構楽しめるかも?

ちなみにこの日は、数日後にある周年記念の代わりに行きました。

四軒目
木屋町 酒厨
前回紹介したお店ですね。
一軒目の薩真也の店主が、昔働いていたダイニングバーです。
前回紹介した時も書いたと思うのですが、場所は非常に分かりにくいです。
木屋町通に【赤ひげ】という大きな提灯があり、その東向かいに細い隙間があります。
その隙間を東に向かって進んでいくとお店があります。

五軒目
木屋町 hight style
前回、最後の六軒目に伺って、名前を忘れていたお店。
実はこの日は、本当はこの店は四軒目に行ったのですが、店の店主が『酒厨で出前をとっていたから器を返しに行く』というので一緒について行って酒厨で呑んでからこの店に帰ってきたという経緯がありました。
カウンターだけのお店で、そんなに騒がしくない落ち着いたお店。
今回でお店は2回目ですが、客層も少し年齢層が高めな感じがします。
チャージ無しで、一杯800円ぐらいのお店。


先週は、先々週の事を教訓にして2時には帰ったのだけれども、それでもゴルフの練習までにはお酒が抜けませんでした。。。
まだまだ修行が足りないということですね。

【木屋町】Clementia 秘密結社ショッカー いつらく high style

先週土曜日は、仕事を終えてから晩ご飯を食べ、髪を切りに行ってから飲みに行くという予定を立てていたので、6時半過ぎに家を出ました。
美容室まで30分ぐらい。髪を切ってもらう時間が1時間ぐらいで、その後自転車で木屋町まで移動する時間を入れると、木屋町到着は8時半ぐらいの予定だったのですが…
髪を切ってもらう時間が意外に早く、7時台に木屋町に到着してしまうという事態になってしましました。

BARは主に2次会などで使われるため、7時台に開いているお店は余り無い。
フードを扱っているお店なら開いているのですが、フードを出している店って7時ぐらいはかなり混んでいるんですよね。
僕は個人的には混みすぎているお店は好きじゃない。
理由としては、一人で出かけているので、【誰かに構って欲しい】わけですよ。

そんなわけで一軒目に行ったお店
木屋町 13番路地 クレメンティア
入り口の電気が消えていたので、まだ開店していないのかな?と思ったのですが、ダメもとで扉を開くと開いていたので入店。
開店直後ということもあり、客は僕一人。ビールをオーダーして、店主と日頃思っていることなどを話しながら呑むことに。
人生経験が豊富な店主が、相槌を打ってくれたり、時には僕の知らないことを教えてくれたり、別の話題を振ってくれたりしてくれるので、いろいろ話せてかなりストレス発散出来ました。

二軒目
木屋町 秘密結社ショッカー
一年ほど前に行ったことのあるお店。
仮面ライダーの敵であるショッカーの基地をイメージしたお店で、カウンターなどに仮面ライダーグッツが所狭しと並べられています。
カクテルの名前も【死神博士】など、初期の仮面ライダーを知っている方は思わずニヤリとしてしまうような名前となっています。
客層は仮面ライダーファンばかりなのか?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そういう人は少ないように思えました。
そんな感じのショッカーですが、久しぶりに行ったらスタッフが総入れ替えになっていて、知っている人がいなかった。。
しかし、スタッフの人が積極的に話しかけてくれたので、知らない人ばかりではありましたが、時間を持て余すこと無く楽しむことが出来ました。
飲み物の価格帯はビール700円 テキーラ600円 チャージ無しといった感じでしょうか。
また機会があれば行ってみようと思います。

三軒目
木屋町 いつらく
木屋町通沿いの、四条より少し北にある居酒屋さん。
野菜にこだわりがあるようで、野菜に力を入れたメニューになってます。
野菜料理だけでなく肉料理もあるので、ガッツリ食べたい人も利用出来きます。
このお店は、昔アーリオで働いていたスタッフが別のお店に行職場を変え、その時に一緒に働いて友だちになった人が独立して作ったお店。
昔何かのイベントか何かでアーリオに行った際、元アーリオスタッフと【いつらく】の店主が一緒に来店し、その時に紹介してもらった事が縁で、お店に行くようになりました。
といっても、開店直後から数カ月は通っていたのですが、その後1年半ほどお店には通っておらず、今回久しぶりに訪問したんですけどね。
1年半ほど前に顔を合していただけなので、完全に忘れられていることは覚悟してたのですが、顔も名前も覚えてもらってたようで、少し感動。
またちょくちょく顔を出すようにしようと思います。

四軒目
木屋町 high style ハイスタイル
ここ三週ぐらい連続で通っているお店ですね。
三回目の訪問なのですが、一度目は一緒に行った酒厨スタッフに奢ってもらい、二回目はhigh styleの店主と酒厨に行った際、酒厨の料金を奢ってもらった事もあって、3回連続での訪問。
四軒目ということもあり、そんなには呑めませんでしたので、一杯だけですが店主に飲んでもらいました。

こんな感じで先週末は終了。
本日は四軒で2時半帰宅でしたが、次の日のことも考えると、これぐらいが丁度良いのかも。。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。