スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローン

先日ニュースで気になる記事があったので、そのことについて。

どんなニュースだったかというと

『住宅ローンの新規貸し出しの約半分が変動金利に。』という記事。

変動金利を銀行自体が推奨している事もあり、長く続いた低金利では変動金利がいいと考える人も多いことでしょう。

そのニュースの何が気になるって、変動金利を選んだ人に『何故、変動金利を選んだんですか?』と質問され

その人の答えが

『自分の仕事は景気に左右されるので、景気が良くなって金利が上がったとしても、その時は自分の収入も上がってるはずだから返せるはず』

といった答え。


一見すると合理的な答えに見えるが、僕の個人的な考えでは、この考えはおかしい。


何がって

不景気=低金利 好景気=高金利 という図式がおかしい。

そもそも、長期貸し出し金利は長期国債価格に連動してるわけで、景気に連動してるわけではない。

じゃぁ何故、上記のような図式で金利が決まってると思われてるかというと、単に資金の移動が上記の図式とリンクしてただけなんですよ。

具体的には、経済成長率の伸びが高い好景気のときには、企業業績が伸びるので

利息収入しか手に入らない国債を売り、企業の成長と配当金を両方取れる株式が買われる。

国債が売られるということ=金利上昇 (100万が10年後に200万になる債権を100万で買えば、年利10% 150万で買えば年利3.3%)

となってたわけです。

不景気のときはこの逆が起こるんですね。


じゃぁ、上記の図式通りなんだから問題ないのでは?と思われるでしょうが

そうじゃない。


というのも、国債価格というのは、景気の良し悪しだけで価格が決まるわけではなく、『国の信用力』も関係してくるわけですよ。

国債=国の借金ですしね。

借金である以上、返済される事が当然なわけです。

つまり

返済されないんじゃない?と思われだしたら、国債の買い手が居なくなる=国債価格の下落。

国債も金融『商品』の一つである以上、需要と供給によって価格が決まります。

買い手が少なくなれば価格が下がるのは当然=金利上昇。


で、今の日本の状況を見てみよう。

国と地方の借金をあわせると1000兆円を超える借金。

国有資産があるじゃないかといわれるが、資産と負債を差し引きしても500兆ほどの債務超過。


さらに、収入である税収が減る一方で、支出は増えているので毎年のように赤字が出ている状態。

もし企業だったらとっくに倒産状態ですよ。


話が脱線し始めたので、最初の住宅ローンの話に戻りますと

不景気=低金利という図式は、『国の信用悪化』によって簡単に崩れるということです。

どう崩れるかというと、不景気且つ高金利になる可能性がある。

ここでもう一つ。

固定金利と変動金利の金利差が何故生まれるかについて簡単に書くと

違いは、ローン契約者か銀行かどちらが金利変動リスクを取るかということです。

いま、変動と固定の金利差は1%ほどらしいですが、その1%は何かといえば

金利変動リスクの保険料だということです。


で、今。

銀行の行動はというと、最初にも書きましたが、銀行は新規ローン契約は変動を推奨している。

国債市場に誰よりも深くかかわっていて、尚且つ自分たちの利益を誰よりも追求する銀行が変動金利を進めるということは・・・


これは、僕の妄想ですが

普通に考えて、ローン契約者に変動リスクを避けるための保険料%を支払ってでも(実際には、貸付金利から1%割り引く)変動リスクを借り手に押し付けた方が有利だと考えてるからでは?ww


こ・れ・は、あくまで妄想ですけどねwww


新規でローンを組む人は、よく考えた方が良いですよっと^^

あと、もう一個。

膨大に膨れ上がった日本の借金は、普通に返済することはもはや不可能な状態。

つまり、借金を踏み倒すか無理やりインフレを起こして『日本円』を紙くずに換えて無価値にして返済するぐらいしか無理w

どのみち将来、日本国債の信用力が低下するんだよね。。。

まぁ、経済って何が起こるか分からないし

案外100年後も膨大な借金をしつつ馬鹿みたいな赤字を垂れ流して且つ、低金利なんてこともありうるけどねw
スポンサーサイト

日本て、本当に不景気なの?

周りの情報に流されず、現状認識をしっかりすることって重要だと思う。

ってことで

【今の日本は本当に不景気なのか?】ということについて考えていこうと思う。

僕の個人的な意見としては、『今は不景気ではない』というのが結論です。

不景気じゃないので、成長率が伸びないのも当たり前なんじゃないか?と思うわけです。


では何故そういった考えになるのかを書いていこうと思います。


経済番組などでよく言われていることは

・不景気の為、需給ギャップが埋まらない

・よって物価が下がり続けてる

・上記の理由で企業利益が圧迫され、失業者が増えている。


僕の意見としては、全て間違った見方だと思うのです。

では僕の反論。

・需給ギャップが埋まらないのは

そもそも技術の進歩により、一人当たりの生産性が増えて供給過多になってるだけ

・物価が下がり続けてるのは

輸送技術や保存技術などにより遠隔地での生産が可能になった為、人件費の安い国で作るようになったから。

・企業利益の圧迫は

売り上げが大幅に落ちて赤字というよりも、在庫計算やリストラ費用の計上によって一時的に赤字になってる企業が実は多い。

全ての負のコストが会計から外れれば、会計上はV字回復になる可能性がある。


って感じです。

冷静になって今の日本の現状を見てみると

失業率は5%。

この5%には、自分の能力と比較し、現状の給料に満足できない人が自ら辞めて職を探してるケースも含まれます。

かなりの好景気のときでも失業率は4%あるのが正常らしいので、不景気で増えた分は大雑把に計算して1%です。

では、1%の人が路頭に迷ってるのかといえばそうではないです。

好条件や職種などを主張さえしなければ、直ぐ見つかります。


分かりやすい例を出しましょう。

イギリス人女性の死体遺棄容疑で逮捕され、その後殺人容疑に切り替えられて再逮捕された『市橋容疑者』の逃亡生活を観れば一目瞭然です。

指名手配されてるわけだから、【身分証明書】提示できない。

家に帰ったら捕まるので、家にも帰れない。

いってみれば、職が無い職が無いとわめいているホームレスよりも最悪な条件です。

彼は野垂れ死にしたでしょうか?

答えは報道されたとおり、普通に住み込みで就職して逃走資金を100万近くためたわけです。


正月休みの間に、やらなくて良いのに胸糞の悪くなる【派遣村】の現状がニュースで流れてましたね。

派遣村の入居者は800人らしいです。

東京の人口が1000万人なので、東京の入居者割合は人口比で0.008%です。

0.008%なんてね、どんなに好景気でも働かない人の人口だろw


派遣村では、正月に施設で働いてる方が正月休みを取る為、就職活動に必要な電車賃や昼食代を現金で2万円先渡ししたらしいのですが

大半の人間が、2万をもらうと同時にガッツポーズを決め、パチンコに行ったりコンビニで酒を呑んだりして楽しんだそうですよ。

ちなみに渡された2万は税金から出されてます。

こんな人間に同情する人達の気が知れない。。


世界にはね

1時間働いて時給が6円しかもらえない国や

700円で子供が奴隷として売られてるような国なんかもあるんですよ。

こういう国で生まれた人達は、文句を言う権利すら与えられずに死ぬまで働かなくちゃ生きていけないんですよ。

それから比べるとねぇ。。


僕ら日本人て、頑張って努力して日本人になったわけじゃなく、たまたま生まれた国が日本ってだけで他国から見たら有利な生活が出来てるわけですよねぇ


少し話がそれたので元に戻すと

世界から見て日本て本当に不景気なのって事ですよ。

確かに、バブルの絶頂期から比べると不景気ですよ。

でも、異常事態と比べていったい何になるのか?

先進国がマネーゲームして泡銭を稼いでる一方で、生まれてから死ぬまで楽しいことも出来ずに働くだけ働いて死んでいく人達が居るんですよね。

アメリカにしても日本にしても、需要が前から比べて落ち込んでるように見えるのは

【買ったものは大事に使い、壊れたら捨てずに直して使う】という、当たり前の行動をしてるからなんです。

個人的には、人の行動は正しい方向に行ってると思う。


これを、国の借金が膨れてるからインフレ起こしたいとか意味のわかんない理由だけで消費を煽るってのはどうなんだろう?

個人的には、今は不景気じゃないけどバブル的な好景気でもない状態。

つまり、不景気じゃないのでこれから不景気に入る可能性もあるけど、バブルみたいに不自然なほど経済が成長してるわけでも無いので、急激な経済悪化も無いと思う^^

指数の不思議

夕方のニュースなどで報道される経済指標。

ニュースの記者やコメンテーターが勘違いしてるせいか、指標の意味を正しく伝えてないような気がする。

勘違いしてる人も居るかもしれないので、僕の知ってる範囲のことを書いてみますね


・貯蓄率

よく、貯金してる割合だと思ってる人がいますが、実は違います。

貯蓄率は、もらった給料から消費した分を差し引いた額が貯蓄率です。

貯金と同じでしょ?と思う人もいるでしょうが、微妙に違うんです。


今のアメリカの現状を見ればよく分かるのですが

アメリカの貯蓄率は上昇しています。

この現象を見て、ワイドショーのコメンテーターなどは

『今までの浪費癖をやめて、やっと真面目に貯金しだした』

とか

『先のことが不安で貯金してるんでしょう』などいってる人もいるのですが・・・

実際は、銀行などに借金を返済してるだけなのです。

アメリカの場合は、借金滞納=住宅の差し押さえ=家無しになるので、返済できる範囲の借金は返済するのですよ。

給料から借金を返済すると、当然消費するお金は減りますよね?

なので、給料ー消費=余ったお金 で、貯蓄率が増えると・・・

つまり、貯金してるわけじゃないので、借金の返済が不可能になった時点で文無しなのです@@




・失業率

これは、そのまま職が無い人と思ってる人も居るかもしれないですが

失業者には条件があるのです。

・職を失って、現在職を探している、又は、職業訓練を受けている。

・職が見つかれば、直ぐに働きに出ることが出来る。

なので、不景気でいい就職先が無いとかいって就職活動をしていない人は、失業者には含まれません。

また、自分の能力的に就職が無理だろうと諦めた人も含まれません。


実は職を失ったにもかかわらず職を探して無い人ってのは多いらしく

今のアメリカの失業率は10%ですが、職探しを諦めた人などを含めると17%を超えるといわれていたり・・・

なので、景気がどん底になれば職を諦める人が増えて、景気が悪く働いてる人も少ないのに失業率が下がったりすることあるらしく

逆に

景気が上向き始めたときに、働き口があるということで就職活動を再開する人が増えると、失業率が上がったりしますw

指標って難しいね~


日本も、失業率の見かけの数字は低いけど、実際に働いていない人は多いかもね@@

理想としてのグローバル化?

グローバリゼーションの広がりによって物の移動が無くなるという現象を止めようとしている動きも一部ではあるみたいですけどね。

簡単に書くと、その国の得意分野の商品を作り出し、輸出はそれに特化したかたちにすれば、物の流れは止まらないんじゃ?って考え。


たとえば、日本なんかは土地が狭く山が多いため、食料の大量生産には向かない国。

だから、食料に関しては広大で平らな農業適正地を持つ国が大量に作り、そこから輸入すれば?

日本は細かい技術が得意なんだから、食料の代わりに精密分野の製品を他国に輸出すればいいじゃん!

ニュージーランドは、人口よりも羊の方が多いんだから、服の材料を輸出すればいいじゃん!!

オーストラリアは資源を輸出すればいいじゃん!


そうすれば、得意分野に専念できるため、生産性が更に上昇して皆ハッピーじゃん?

それに、それぞれの国が得意分野を作り出しそれに特化して輸出し、他国は他の国の得意分野の製品を作らなければ

戦争などで国が潰れた場合、その国が生産していた物が買えなくなるんだから戦争も無くなって一石二鳥じゃね?


といった考えの元に、WTO?なんかが枠組み決めてやってるみたいです。

日本が豚の餌にしなきゃ駄目なほど外国米を買ってるのもそれが理由らしい。


でも、これは理想論でしかない事は明らかですよね?

もし本当にこういう事をすれば、食料輸出国やエネルギー輸出国などのライフラインに直接関係してくる商品を売ってる国が外交的にかなり強くなりますもんね。w


世の中難しい~><

グローバリゼーションの果てに?

先進国がデフレになって後進国がインフレになりかつ通貨が強くなると

何年・・・何百年?

もしかしたら、何千年?

どれぐらいかかるかは分かりませんが、いずれは世界中の人達の労働に対する賃金は同じ価値になる可能性が。


こういう世界になった場合、どういう事が起こるのでしょう?

たぶん、世界間の物の流通が減る気がします。

なぜって、どこでも賃金が同じなら、わざわざ他国に単純労働を委託する必要ないでしょ?


話は少し変わって

先日ニュースで、東京で売るPCを東京で作っている会社が取材されてました。


労働賃金も高く家賃も高い東京で何故PCを?

答えは簡単、輸送費を考えると東京で売る分は東京で作った方が安上がりなんだそうです。

今、電子部品の殆どは日本製。

ということは、中国で組み立てる場合は電子部品を中国に送って組み立てて、更に日本に輸入する必要があるのですが、日本で組み立てる場合は往復分の輸送量が削減できるため、採算が合うらしいです。


労働賃金にかなりの差がある今出さえ、運送料を考えると消費される場所で生産されしたほうが経費削減になるという事は・・・

物の流通がここでも減少する?


ココまで書いて矛盾点が・・・○r2

賃金格差がある今でも、単純労働を海外に委託してるのに

賃金格差が無くなった状態で、委託が無くなるのだろうか??と・・・


つい一年半ほど前の好景気は、消費大国のアメリカで大量消費される製品を、日本で作られた部品を中国に送って組み立てて、アメリカに輸出という方式をとってたらしのですが・・・

賃金格差を含めても消費される国で生産した方がコスト削減になるという事は、アメリカで売る物はアメリカで作った方が良いということに。。


まぁ、自動車なんかは工場を現地で作って現地人を雇って生産してるらしいし・・・


もう少し勉強しなければ><


とりあえず、グローバリゼーションが進むと、結果的に物の移動が減少すると思うのですよ。

こうなった場合、消費意欲が旺盛な国では現地で消費される商品を作るために雇用が生まれ

雇用が安定する事で生活に対する安心感が生まれ、更に消費されるという好循環が。


逆に消費意欲が低い国では逆の事が起こり、経済は縮小して行くのでは?


先日の日記でも書きましたが、消費意欲に大きな影響を与えるのは人口の増減だと思うのです。

日本のように人口が低下していて、尚且つ、国が大した対応策もとってない状態では、将来的に経済は縮小していくと思うんですけどね。。。



後、グローバリゼーションにより物の動きが止まるのを解消しようとする動きもあるみたい?

次回はその事について書いて見るb












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。